2017年6月20日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29』

・・・『断食日記・H25, 12, 29』

 そもそも、何故私が断食をしようと思ったのかと言うと、10年ほど前に別の断食施設で断食をした経験があるからでした。当時は本当にたまたまの興味本位で、2週間かけて5日間の断食を行いました。
 断食後、体調が劇的に良くなった私は、いつかもっと長い断食を、できれば10日間くらいやろう ! と心に決めたのでした。しかし、仕事をしているとなかなか難しく、特に大きな病や不調もなかったため、実行には移しませんでした。
 今回、先月に仕事を辞め、次の仕事を探す段になった時、ふと、『断食』の文字を目にし、今ならやれるんだ ! と思い立ち、その勢いのまま断食道場を探し、この西式断食道場へと飛び込んだのでした。
 数ある断食道場の中からここを選んだ理由は、一番体力が落ちなさそうだから、でした。いろいろと療法を行うようなので、ヒマで仕方なかった前回の断食道場より体力が落ちないだろうと・・・。あと、金額が他所に比べ、リーブナブルでした(笑)
 なので、西式健康法自体の知識はほとんどなく、来てみて驚きがたくさんあり、最初期かなり怯えましたが、結果は、ここに来て、本当に良かった !! 私の人生の中で大切な1ヶ月となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

断食道場奮闘記・・・高校生以来の体重です !!

・・・高校生以来の体重です !!

 前述からの男性は、昨日から味噌おじやに入っています。・・・やっぱり、美味しい・・・2年ぶりのおじやですが、やっぱり美味しいそうです。
 回復食、それも玄米粒が入るようになって、断食中にあった少しのやつれ感はあっさり取れています。逆に絞られて精悍さが増しています。
 体重は50年ほど前の高校生以来らしく、笑っていました。そして、まだ底近くを上下して、断食中よりも少ない数字ですが、立ち振る舞いも散歩も楽に力強くできています。順調に回復を続けています。
 明日からはいよいよ普通食が始まります。楽しみに楽しみにされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食後、食欲もあって美味しい

・・・断食後、食欲もあって美味しい

 前述からの男性は10日間の断食をやり終えて、すでに3日目の回復食を迎えています。今日が3日目の玄米重湯となります。
 10日間の断食の後の回復食に入ると、わずかな量の玄米重湯から始まりますが、それだけでもお腹いっぱいを感じることが多くあります。そして食べ疲れです。食べることにこんなにもエネルギーを使うのか、ある意味、少しの疲労感さえ感じることもあります。
 回復食の始まりの日には、いつもこうした説明をします。多くの皆さんはそれをやがて実感として感じることが多いのですが、今回はそうでもなかったようです。
 ・・・食欲もあって、美味しい、もう少し欲しいくらい・・・力を得たように、早速、散歩にも出かけられています。これはこれでいいことなのですが、・・・
 ・・・あれくらいの重湯で100グラム体重が増えた・・・と燃費の良さを実感されていましたが、まだまだ途上です。波はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食道場の思い

・・・断食道場の思い

 前述からの皆さんは、すべて予定通り回復食も終えて帰られました。今は埼玉県から来られている男性が断食6日目を過ごされています。
 3年前に来られてからの2度目の断食となります。今回は前回に比べても楽にできているそうです。前回も療法はきちんとこなして、充分に余裕を持っての断食だと思っていたのですが、ご本人的には少しきつかったそうです。
 このご本人的にきつい・・・という思いは、私達にとっては中々難しい判断なのです。毎日お話をして、その日の体調をいろいろな視点で確認していますし、特に断食中は敏感になります。
 私たちから見て、まだ充分に余裕があると思っていても、ご本人が感じるきつさの思いは、皆さん違うのです。普通に考えても、我慢強い方もいれば、すぐ泣きの入る方もおられます。
 食べていないのだから、こんなもんだろうと思う方もいれば、結構きついと思われる方もおられます。そしてそうした思いや体調はは日々変わっていきます。その揺れる様子を遠く、近くで見て、指導していますが、皆さん、元気に、そして何とか、断食をやり遂げられるのです。
 
 私達にとっては、予定通りの断食を、さらにできれば1日でも長い断食を、そしてさらにできれば元気に余裕のある断食をやっていただきたい・・・断食道場の思いですが、道場での療法がそれらを助けてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・減量は楽しい、嬉しい・・

・・・減量は楽しい、嬉しい・・

 先週からの断食組は、最後のおひとりが今日から回復食に入り、全員が断食をやり終えました。前述からの男性も早、明日は味噌おじやになります。辛かった膝の痛みもほぼなくなり、杖を手放して、散歩に行かれています。
 皆さんの体重の変化です。
男性は6日の断食で、回復食5日目でー7.5キロ。
断食4日で、回復食3日目でー7キロ。
断食5日で、回復食3日目でー6.2キロ。
そして断食4日で、回復食1日目でー5.5キロ。
 上のおふたりはそろそろ底から少し増えるかどうかというところですが、下のおふたりはまだ充分に下がります。歩くことです、それが減量を進めてくれますし、増えるのを抑えてくれます。何より、回復の体力を作ってくれます。
 皆さん、減量だけが目的ではありませんが、それでも減量は、男性も女性も楽しい、嬉しいもののようです。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食4日目、ー6.8キロ

・・・断食4日目、ー6.8キロ

 今日の道場は、2人の方が断食をされています。明日には新たに3人の方々が断食に入る予定です。連休も終わり、すでに連休組の方々はすべて帰られました。
 今は、数年前に来られました北九州からの男性が2度目の断食をされています。今日で断食4日目となっています。2日目くらいまでは・・・少し体がふわふわして、力が入りにくい・・・けど、充分に大丈夫です。・・・と言われていましたが、それも昨日、今日と安定してきたようです。
 今回は、日常が元気なので毎日ジョギングをされていて、少し頑張り過ぎたようで膝を痛めたそうです。だいぶ回復していたのですが、板を踏み割ってしまって悪化させ、今は杖をつきながら歩かれています。
 来られた頃は杖に寄りかかるようにして歩かれていましたが、今日などは杖が必要ないほどに、体をほぼ真っすぐにして歩かれています。今は歩く時に鳴る杖を突く音が小さく柔らかくなっています。痛みも感じないまでに回復されていますが、まだ正座ができないようです。
 体重も今日でー6.8キロ。驚きの数字のようです。後2日間、もうひと踏ん張りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 3 / 3

・・・76歳の断食奮闘記 3 / 3

 再び76歳の奮闘記です。回復食も余分に3日ほどの普通食を食べられて帰られました。味噌おじやは絶賛されていました。私達が拍子抜けするほど、それこそ自然体で準備食、断食、回復食を終えられましたが、味噌おじやを食べると、やはり少し力が出てきたようです。
 本当に不思議なもので、いつも思うのですが、・・・美味しいものを食べると何故か力が出てくる・・・ほとんどすべての方々が言われます。
 体力的には、断食中も本当に何もなく普通のように過ごされていましたが、断食中のある朝、療法に降りられてくる際に足を引きずっている、理由を聞くと、・・・足首が痛い、風呂場でぶつけたみたい・・・と言う。しばらく様子を見ていると、どうもそれだけではない様子、時として家で出ていた痛みが関係している様子。
 ただその痛みも数日で治まり、またいつもの元気な日常に戻る。そうしていると、また足を引きずって降りてきた。今度は膝が同じように赤みを帯び、痛いと言う。やはり時として家で出ていた痛みのようで、しかし、これも数日で治まる。
 また膝の前とは少し違う個所が赤みを帯び、痛いと言う。これはすぐに治まる。道場にいる間に全部出てくれればいいのに、と話していたら、帰られる日に足の指が少し痛いと言う。これは軽いらしく、朝の療法で楽になったと言われる。
 9日間の断食でしたが、もう少しできそうとご本人も言われる。私たちから見ても、それなりにやつれ感や衰えはありましたが、充分に余裕は感じられました。身体から発する反応も充分に余裕がありました。
 ある意味では体力に自信もできたようですし、今度はもう少し長い断食をしてみたい、とはご本人の弁でした。
 体重は、大台を軽く突破して、昔過ぎていつ頃の数字かわからないと言われていましたが、最低で58.5キロ、帰られる日は100グラム増えて58.6キロ、ー9.8キロでした。
 来られた時に、頑張れば60キロも切れるかもしれません、と言っていたのですが、そこまでは・・・と思われていたようで、苦笑いされていました。
 何事にも熱心に療法をされていましたので、・・・ご褒美です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

断食道場奮闘記・・・9人が断食中

・・・9人が断食中

 今日の道場では9人の方々が断食を続けています。例年この時期は、限られた日程での入寮の方々が多いので、どうしても断食が重なりやすいのです。それでもいつもは日程の中でもふたつ位の山に分かれますので、少し分散するのですが、今年はこういう事となりました。
 前からおられる方々もちょうど断食に入っていますし、連休組も昨日、そして今日と断食に入られました。長い方で断食10日、そして断食4日、3日、2日という断食予定です。
 そして今年も半数の方がいつも見るお顔です。最長の方で今の時期に連続12年目、そして11年目となる東京から、そして北九州からの女性です。さすがに勝手知ったる道場で、する事もその他諸々の事情もわかっていますので、私達も遠くから少し見ているだけで充分です。
 最初の頃は違っていたかもしれませんが、今は心身のリフレッシュが一番のようで、さらに1年間で少し増えた分の体重、プラスα分の減量といったところでしょうか。あと10年は・・・と言われていますが・・・。
 周りを見れば、ほぼ断食だらけというのは、特に道場初めての方には新鮮なようです。安心感もあるようです。今日のところは皆さん、元気な様子で、近くで見守る必要のある方もおられませんし、休憩室にも笑いと会話が満ち満ちています。
 どなたかが言われていました、・・・ゴールデンウイークは断食をして、身体を休ませる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 2

・・・76歳の断食奮闘記 2

 76歳の9日間の断食が終わりました。ご本人も言われていますし、私たちから見ても最後まで普通に?過ごされていました。
 ご本人は・・・普段と変わらない、少し動く時に力がないかなと思うぐらい・・・と言われていますが、それなりにはきつかったとは思うのですが、確かにそうしたそぶりは少なかった9日間でした。
 回復食も今日で5日目です。3日間の玄米重湯も普通に過ごされて、今は玄米粒の2日目です。玄米重湯の時期は、食べるという事がこんなにもエネルギーを使うのかと、ある意味 “食い疲れ”を感じやすい不思議な時期なのですが、それも淡々と過ごされ、玄米粒になって米粒の威力を実感して、力が湧いてくるように感じられるものなのですが、
 ・・・断食中からそんなに普段と変わらなかったから、食べ始めてもそう大きな力をまだ感じていない・・・と言われる。
 少し拍子抜けみたいな感じですが、それでも私たちから見ればいろいろと変化は出てきています。歩く力は間違いなく力強くなっています。歩くスピードもやはり断食中よりも、重湯の時よりも早くなっています。
 私達が断食中に注意を払う所はいろいろとありますが、特に歩きはまず最初の注意点です。知らず知らず、意識していないところで、自然とその時の力が出やすいのです。
 断食に入ると、皆さん、程度の差はありますが、歩きがゆっくりになってきます。中にはふらふらしながら歩いている方もおられます。ご自身で分かっている方も、そう分かっていない方もおられます。
 玄米の米粒も明日は3日目となります。おそらく・・・少し力が出てきた・・・と言われる事と期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記

・・・76歳の断食奮闘記

 今76歳の男性が断食を続けています。今日で断食7日目となります。身体から受ける数値や反応も良好で、実に元気に日々続けられています。
 ・・・少し動き出しに力が弱い気はするけど、動き出せば問題はない、そして何より体が軽い・・・少しけだるさはあるようですが、それも断食中は普通のことで、近くで見ていても、なかなかいい調子です。
 来られる前から少し不安な症状があって、ご本人も気にされていましたので、準備食の時も注意していたのですが、数日で症状も治まり、順調な準備食でした。
 断食もそう苦労されないでできるのではと思っていたのですが、それ以上に元気に順調に日々過ごされています。
 体重もー7.1キロ、体重は落ちていますが、顔にやつれ感はなく、却って絞られた顔つきになっています。そして、大台切りまであと1.3キロ、充分に切れる数字です。・・・数十年前の体重です・・・と驚かれていますが、もう一段階進むためにももうひと踏ん張りです。
 断食も7日を超えると、身体も落ち着いてきます。それが次なる過程への準備にもなります。もうしばらく遠くからゆっくり見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧