2008年5月31日 (土)

断食道場奮闘記・・・断食の魅力。

断食道場奮闘記・・・断食の魅力。

 第一陣の断食組に続いて、第二陣、第三陣と断食に入りました。断食、回復食と進み、結局今は、3人の方が断食中です。皆さん、思いの他、順調でしたが、お一人だけ、この方だけが経験者だったのですが、嘔吐に少し悩んでいました。
 私だけが・・・・何故、・・・情けない・・・今までどんなに自分の体を酷使していたか、改めて実感、納得されたようでした。帰ってからは身体を労わろう・・・つくづく思われたようです。体重もそれなりに落ちていますが、何よりこうした身体への労わりを自覚したことが今回の断食の最大の収穫かもしれません。
 断食をすると、身体の変調にごまかしが効きません。ある意味、病気発見器でもあるのです。中でも胃腸に変調のある方は、どうしても嘔吐が多くあります。それでもずーっと続くわけではなく、峠を越すと次第に楽になってきます。まあ、これをよく言うところの反応、好転反応というわけです。
 そして、この峠を越すということが大切なのです。これが体質改善の第一歩にもつながります。しかし、この峠の高さ、厳しさは、まさに人によってさまざまなのです。それでも峠を越えた時の清清しさ、爽快感は何者にも変えられません。よく言われます。
 ・・・断食の後の爽快感、体調の良さが忘れられない・・・と。ある意味、これが現実的な断食の魅力なのかもしれません。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)