2019年4月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・ショック断食??

・・・ショック断食??

 今日の道場は、大阪から来られている女性が断食3日目を過ごされています。厳密にいうと、ショック断食の3日目なのです。すでに3日間の断食を終えて、4日間の回復食の後、そのまま断食に入りました。
 普通は10日間ほどの予定の断食を、ちょっとした体力の不備で中断された方に対して、何日かの回復食の後に準備食なしに断食に入ることを、道場ではショック断食と呼んでいます。
 難病の改善のためには、もう少し断食をさせたいと思うときに、緊急的な処置としてやることがあります。そうすると体力が持たず続けられなかった断食が不思議と続けられるのです。ただ、できても数日、5日がいいところです。
 ところが今されている女性は、ショック断食のほうが長いのです。それでも最初の頃は同じような流れのショック断食だったのですが、何回目かの時に体調が良すぎて、長くできてしまったのです。
 それからは体調の良さもあり、常に断食3日+ショック断食8日になってしまいました。ご自身自身もこのパターンが、断食が楽にできると自己暗示をかけているかのように体調もよく過ごされます。
 基本的には熱心に療法を続けられる方ですので、遠くから見守っています。でも明らかに、前の断食よりも後の断食のほうが、私たちから見ても元気ですし、体調面でもいいのです。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

断食道場奮闘記・・・初めての本断食

・・・初めての本断食

 前述からの3人の女性は、余裕の中で断食を終えて、今日までに皆さん帰られました。3日間とはいえ初めて断食をされた方も、ご自身が驚くほどの余裕でした。
 次は、できれば10日間の断食をやってみたい・・・と言われていましたが、ぜひ時間を作られて、やってみてください。今回の3日間の断食はまた違う新しい不思議な体験が待っていると思います。楽しみにお待ちしています。
 その後は、新たにお二人の女性が、共に2日間の断食をすでに終えられました。北海道から来られたおひとりは、道場での断食は初めてですが、他の施設での体験はあるようでした。それでも、全く何も食べない本断食は初めてのようで、とても楽しみにされていました。
 初日に、以前の体験ではなかった反応が少し出て驚かれていましたが、すぐに治まり、余裕の中で終えました。
 今週末には新たに10日間の予定で、大阪からの女性が断食に入ります。

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

断食道場奮闘記・・・3人3様の断食

・・・3人3様の断食

 今日の道場では、3人の方々が断食をされています。前述からの女性も、今日で6日目の断食の日を過ごされています。断食に入って3日間くらいは、体的にはきつくなく、元気なのですが、少しむかつきに苦労されていました。
 それも何とか乗り越えられて、昨日くらいから散歩にも出かけられています。・・・断食って不思議・・・まったく同じ日々を過ごしていても、その時の体調でいろいろと反応が違う。今回は改めてそれを実感されたようです。
 もうお一人は今回が初めての断食ですが、すでに花粉症も楽になり、何より手術で動きにくかった足首がスムーズに動くようになり、さらに足首が小さくなったと大喜びされています。
 断食に入られても元気に過ごされて、散歩、療法と毎日時間を惜しんで続けられています。体の目に見えての改善が大きな支えになっているようです。
 東京から来られている女性は、お仕事の合間に時間を惜しんで来られます。その為、断食もできても1日、2日、多くても3日が限度なのですが、勝手知ったる断食、道場で、マイペースで療法、散歩を続けられています。

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

断食道場奮闘記・・・今日で断食10日

・・・今日で断食10日

 前述の女性も今日で断食10日目を迎えられました。断食に入って、少し戸惑っていましたが、その波も乗り越えられた様子で、昨日くらいから・・・断食の日数は長くなったのに、逆に体調が良くなった・・・と驚かれています。
 ご自身でも体力的には思いのほか元気だったようでしたが、むかつきに戸惑っていました。これは断食に入ると普通に見られる反応なのですが、もともと食後の胃のもたれに悩んでいたわけですから、ご本人としては納得の反応だったのかもしれません。
 そして、常々悩みの種だったアレルギー性の鼻炎は、来られてから数日で目に見えて改善していましたし、今はその症状も出ていません。
 何事も初めての断食で、戸惑いの中で反応も出てきて、少し辛かった事もあったでしょうが、とにかく断食を続ける思いが強く、本当に頑張られました。その頑張りに、心からの応援のエール、二重丸です。
 先週、今週とすでにお二人の女性が断食を終えました。2日と6日の断食です。共に余裕の断食でした。特に6日の女性は、今回が初めての断食だったのですが、ご自身も驚くほどに元気に終了しました。
 初めは4日間の予定だったのですが、あまりの体調の良さに2日延ばして、6日の断食となりました。
それでも、まだまだ充分に普通に断食を続けられそうでしたが、日程の関係もあり、残念な終わりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

断食道場奮闘記・・・今年の断食、第一号です

・・・今年の断食、第一号です

 今日の道場は、前述の女性が断食をされています。今年第一号の断食体験者となります。今日で断食2日目となりますが、何事もなかったかのように元気に過ごされています。
 初めて来られた頃の体調を思えば、本当に嬉しくなります。ご自身も家でできることは続けていますので、少し自信も持たれて、余裕の断食です。
 そして明日には、新たに福岡から来られている女性が断食に入られます。今回が初めての縁ですが、日々、体調の不良に悩まされていたようです。
 準備食の間の療法で、恒常的に起こっていた鼻炎の症状やご自身の体の歪み、違和感にも改善が感じられたようで、意を決して10日間の断食に入ることになりました。
 生まれて初めての体験ですので、道場の断食日記を読まれて、先輩達の断食の思いを感じられているようです。
 ・・・しばらくは、少し近くから見守っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

断食道場奮闘記・・・2019年の断食道場

・・・2019年の断食道場

 遅ればせながら、2019年は今日2/1が道場開きです。1月は丸1ヵ月間のお休みをいただいて、今年で4年目となります。年末、年始に、そして1月に、とのご希望の方々には申し訳なく思っています。
 2月も早々から新しい縁ができそうですし、いつものお顔、懐かしいお顔も見られそうです。今年で毎年続けられて何回目になりますか、初めはいつも来られているお姉さんのご紹介から始まったのですが、なかなか体力的に断食までたどり着かない日々で、確か初回は食事療法だけで終わったと記憶しています。
 それでも家でできる限りの西式の生活を続けられていて、道場での断食も1日、2日とできるようになり、それも余裕も持てるようになっていました。
 今年は日程も調整されて、3日間の断食を何とかやり遂げたいとの強いお気持ちのようです。ぜひ続けられるようにお手伝いしたいと思っています。
 今年も縁ある・えにし・が続けますように願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

断食道場奮闘記・・・ありがとうございました。2/1が始まりです。

・・・今年もありがとうございました。2/1が始まりです

 本年も多くの新しい縁の輪が広がりました。いつも見られるお顔もありました。断食への思いは様々でも、皆さんの願いは日々の健康な暮らしです。
 初めての体験に戸惑いながらも、断食をやり終えた時の笑顔、想い、そして細くなったウエストを忘れずに、日々、実行されている事を願うばかりです。
 今年も、食事療法だけの方を始め、断食1日から14日まで、様々な方々がいろいろな想いの中で療法、そして断食をやり遂げられました。
 それでも大切なことは、帰られてからの日々の生活です。初めからすべては難しいかもしれませんが、まずは朝食抜きから、生水を飲むことから、・・・ご自身がやりやすいところから少しずつ続けていかれることです。 
 そうしていると、例えば朝食を抜くことが普通になってきます。食べなくても今までと何ら変わりはないし、逆に食べると、お腹の張りや違和感を感じるようになってきます。西式の生活はあくまで日常の生活法にしかすぎません。
 新年の道場開きは、2/1からとなります。新たな年も、今までの縁はもちろん、新しい縁が広がりますように、そして皆さん、日々、健康な暮らしが続けられますに、願っています。
 お体、くれぐれもご自愛してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 27, 6, 5 』

・・・『断食日記・H27, 6, 5 』

●今の悩み・・・過食、冷え性、腰痛、生理痛、花粉症、原因不明の左奥歯から頭痛、etc・・・
 今回の一番の目的は、過食を改善すること、でしたが、思いもよらない原因不明の痛みの改善になりました。
 痛みについては、高校卒業後の左上歯の虫歯の治療以降、歯の付け根から頭の左半分と頭部にかけての痛みが始まり、約20年の間、様々な治療を受けましたが、結局、原因不明という事でした。
 歯科、口腔外科、神経内科、耳鼻科、・・等を受診。2本抜歯し、神経ブロック注射などをしましたが変わらず、マウスピースを作り、かみ合わせの治療もしましたが、効果がなかった状態でした。
 痛みは徐々にやってきたり、突然やってきたりするため、常に鎮痛剤を持ち歩かないと不安でした。鎮痛剤も早めに飲まないとなかなか効かず、動けないこともありました。
●入寮した翌朝から、毎朝、この痛みがありました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 27, 5, 22 -2/2 』

・・・『断食日記・H27, 5, 22 -2/2 』
 
 海外勤務を終え帰国してからは、体重計に乗るたびに人生最大の体重を更新し続け、3ヶ月で3キロ増。原因は自分でもわかっています。・・・抑えられない食欲。道場で、断食を通して食事の重要さを体験して、この食欲を何とかしたいと思ったのでした。
 今回は、持病の甲状腺の病気で投薬中の為に、薬を抜く時間が足らず断食に挑戦することはできませんでしたが、準備食だけでも目的は達成できました。
 朝食を抜いても、大丈夫ということ、食べたいという気持ちは必ずしも空腹で起きるわけでもないということが、よくわかりました。
 それから自己治癒力について、今回、私の持病への向き合い方について指摘くださるまで、私自身、自分が病気を治す気がないという事に気づいてさえいませんでした。私はストレスの多い自分の生活環境から、「この病気とは、これからもずっとうまく付き合っていくほかない」と思っていました。
 今回、道場での生活でを通して、身体がこんなに変わることということを体験しました。どのくらい実践できるかどうか分かりませんが、この11日間で身につけた方法で、身体を正常に近づけ、薬を減らす努力をしていきたいと思うようになりました。そして、もう一度、道場で今度は断食に挑戦したいと思います。
 短い間でしたが、多くの指導と温かい見守り、細かいところまで生活の気遣いをいただき、本当にお世話になりました。味噌おじやも本当に美味しかった。ありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記 ・ H 27, 5, 22 』

・・・『断食日記・H27, 5, 22 』

 11日間、大変お世話になりました。昨日、無事自宅に戻り、日々の生活に戻りました。この10泊11日間は、自分の健康のためだけに生活する、とても贅沢な日々でした。
 今回は断食に挑戦することはできませんでしたが、準備食18回、最後のご褒美、味噌おじやを2回頂きました。成果は、体重5.8キロ減。
 足のむくみはすっかり取れ、それだけでなく、肌はすべすべになりました。滞在中、化粧はおろか、化粧水もクリームも使わず、手入れといった事には無縁だったのに、洗顔後の渇きが気になるだけで、それもそのうち肌自身の力で潤うようになっていました・・・驚きです。
 それから、いつの間にか、脚を組む癖がなくなっていました。・・・いろんなことがスッキリしたような気分です。
 元々道場に伺おうと思ったのは、ダイエット目的でした。年頃のせいもあるでしょうが、海外での暮らしで外食が増えたこと、体を動かす機会がめっきり減ったこともあり、体重がどんどん増えてきました。
 もともと膝が悪く、増えつつあった体重がますます膝に悪影響を与えていたことから、膝の手術をしたところでした。膝を治して、できるだけ体を動かして体重を減らすはずが、逆にどんどん増えてしまい、手術後、海外生活もあり、3年間で3キロの増。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧