2017年7月18日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29 - 5 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29 - 5 』

●普通食 4日間
 最後に普通食を3日と半、計7回頂きました。ずっと帰ってから、この良い状態を維持できるのか・・・不安でした。こうして良かった !  自分が食べたい量と体の適量はまったく違うのです。
 目で見た量、食べ終えた胃の感覚、これが大事なのだと毎回学びながらいただきました。毎回美味しく、次の食事が楽しみで、本当に幸せでした(笑)
 一食一食大切にいただいていると、これを作っている奥さんへの感謝や今まで作ってくれてきた母や家族への感謝が湧いてきて、さらに幸福になります。
 食事だけでなく、他の様々な事に対しても見方が変わってきました。今までの生活、生き方を振り返って、自分の体も、周りのことももっと大切にしなければと思います。食べ物で体が作られている。本当に当たり前のことですが、ここまで身に染みたのは初めてでした。
 ちなみに普通食の初めてのメニューです。
・・・玄米、味噌汁、かつお節とネギとごまと出汁のかかった温かいお豆腐、お漬物・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29 - 4 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29 - 4 』

●回復食 10日間
  断食が終了して、回復食1日目、気力的にはもう少し断食ができそうでしたが、今までよりもふらつきがあったので、ちょうどよかったのかもしれません。
 朝の療法の後、梅湯をいただきました。ひとくち目、強烈にしょっぱくてビックリ。しょっぱ過ぎて味わえない。断食の間に味覚がぐぅーんと鋭くなっていました。少しずつ飲み進めるうちに塩分が染みわたり、美味しく飲み終えることができました。体が塩分を欲しているのがよくわかります。
 食事は青汁と重湯からでした。1日目は青汁が甘くて甘くて、野菜の味も強烈で、とても飲みづらいものでした。これが続くとなると厳しいかもと思いましたが、2日目からは味覚が落ち着いたのか、青汁は適度に甘くて美味しく感じられ、助かりました。
 青汁の4日目、食べた後に体の違和感と言うか、重さを感じていましたが、気持ち悪くなったとかはなく、満腹感を感じながら、体力をつけていきました。
 食べるようになってから、散歩から帰って来てからの疲労感が軽くなっていき、体の変化を実感しました。
 5日目からは青汁に繊維も入るようになり、それと玄米粥です。久しぶりの固形物に喜びつつ、注意して、よく噛んでいただく。道場に来る前では考えられないくらいひと口は少ない量で、噛んで噛んで食べる。この頃から一食一食を本当に大切に食べるようになりました。
 9,10日目は、待ちに待った味噌おじや !! 何人もの人が美味しそうに食べて、退寮していった味噌おじやをようやく自分が食べられるようになりました。
 とっても嬉しかった・・・もちろん、美味しかったです !! もう、味わって、味わって、大切に大切に食べました。作り方を教わったので、帰ったら、必ず作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29-3 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29-3 』

●断食 10日間
 体調が良いからか、予定より早く断食に入らせてもらえることになりました。お腹はいつも空いていました。特に2日目くらいまでは、胃が存在を主張しているかのような感じがあり、空腹を訴えられましたが、ガマン !!
 代わりにテレビで料理番組がやっていれば目は釘付け。談話室にある料理の本も1日中見てたりしました。
 断食に入ってからも目立った症状は出ず、準備食と同じ感じで過ごしました。少しふらつくことがあったり、疲れやすいなぁと感じたり、階段の上りが一気にできず、途中で立ち止まったり、とかはありましたが、体重の減りが緩やかなので、自由時間は散歩、散歩 !!
 あと、断食中の変化で、口の中がとても乾くようになりました。食物を摂っていないので、余計に水分が足りないのかなあと、断食に入ってから、余計飲みづらくなってきて、それでも何とか1リットルは飲んでいました。
 この頃から味覚が鋭くなったのか、それまで美味しく飲んでいた柿の葉のお茶が変な味に感じられ、美味しくなくなった。あと、やたら寒い !! と感じるようになりました。特に断食後半。食べていないからだよ、との事です。それで掛け布団を1枚増やしてくださいました。ありがたかったです。
 とにかく不思議と食べてなくても元気で体が軽くて、外を歩き回っていましたが、自覚の少ない変化がいろいろとあったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29 -2』

・・・『断食日記・H25, 12, 29 -2』

●準備食 8日間
 11時半、道場に到着、問診の後、すぐに裸療法がスタート。勝手がわからず、戸惑ったけど、同室のFさんに教えてもらいながら、何とか行う。寒い!!
 その後続いて機械療法。これまた戸惑うも意外と気持ち良く、すぐに慣れた、が、温冷浴が問題だった!!  だって、今は冬! もう12月になるという頃でした。
 当然、水は冷たく、本当に入るの! ? みんな、これやれてるの! ? とビックリ、ビックリ・・・。先生からは、始めのうちは浸かれるところまででいいです、とは言われていたが、結局、温冷浴、1日目2日目は、水風呂には足だけしか入れませんでした。
 初日は帰りたいという弱気な気持ちが湧いてきましたが、『郷に入れば、郷に従え』だ! と自分に言い聞かせて過ごしました。
 そんな時、支えになったのが、同じく入寮されている方との会話でした。その時はFさん、Mさんのおふたりがいて、その先輩方にいろいろと、ここでの話をしてもらいました。すごく励みになりました。ありがとうございました。
 その後、すぐにOさん、O原さん、Sさん、と人は増え、にぎやかに。その頃にはもう帰りたいという気持ちはなくなり、1ヶ月頑張るぞ! と思うようになっていました。
 問題の温冷浴は、3日目から水にちゃんと浸かるようになっていました。気合いで、コツとしては、もう、エイヤーと入ってしまうんだよ、というMさんのアドバイスに従って、あとは温泉の方の蛇口をひねって、たくさん温かいお湯を出すことです。
 先生にも言われていましたし、他にも書いている人がいましたが、遠慮は禁物です。お湯の温度が高いと、案外と気持ちいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29』

・・・『断食日記・H25, 12, 29』

 そもそも、何故私が断食をしようと思ったのかと言うと、10年ほど前に別の断食施設で断食をした経験があるからでした。当時は本当にたまたまの興味本位で、2週間かけて5日間の断食を行いました。
 断食後、体調が劇的に良くなった私は、いつかもっと長い断食を、できれば10日間くらいやろう ! と心に決めたのでした。しかし、仕事をしているとなかなか難しく、特に大きな病や不調もなかったため、実行には移しませんでした。
 今回、先月に仕事を辞め、次の仕事を探す段になった時、ふと、『断食』の文字を目にし、今ならやれるんだ ! と思い立ち、その勢いのまま断食道場を探し、この西式断食道場へと飛び込んだのでした。
 数ある断食道場の中からここを選んだ理由は、一番体力が落ちなさそうだから、でした。いろいろと療法を行うようなので、ヒマで仕方なかった前回の断食道場より体力が落ちないだろうと・・・。あと、金額が他所に比べ、リーブナブルでした(笑)
 なので、西式健康法自体の知識はほとんどなく、来てみて驚きがたくさんあり、最初期かなり怯えましたが、結果は、ここに来て、本当に良かった !! 私の人生の中で大切な1ヶ月となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

断食道場奮闘記・・・高校生以来の体重です !!

・・・高校生以来の体重です !!

 前述からの男性は、昨日から味噌おじやに入っています。・・・やっぱり、美味しい・・・2年ぶりのおじやですが、やっぱり美味しいそうです。
 回復食、それも玄米粒が入るようになって、断食中にあった少しのやつれ感はあっさり取れています。逆に絞られて精悍さが増しています。
 体重は50年ほど前の高校生以来らしく、笑っていました。そして、まだ底近くを上下して、断食中よりも少ない数字ですが、立ち振る舞いも散歩も楽に力強くできています。順調に回復を続けています。
 明日からはいよいよ普通食が始まります。楽しみに楽しみにされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食後、食欲もあって美味しい

・・・断食後、食欲もあって美味しい

 前述からの男性は10日間の断食をやり終えて、すでに3日目の回復食を迎えています。今日が3日目の玄米重湯となります。
 10日間の断食の後の回復食に入ると、わずかな量の玄米重湯から始まりますが、それだけでもお腹いっぱいを感じることが多くあります。そして食べ疲れです。食べることにこんなにもエネルギーを使うのか、ある意味、少しの疲労感さえ感じることもあります。
 回復食の始まりの日には、いつもこうした説明をします。多くの皆さんはそれをやがて実感として感じることが多いのですが、今回はそうでもなかったようです。
 ・・・食欲もあって、美味しい、もう少し欲しいくらい・・・力を得たように、早速、散歩にも出かけられています。これはこれでいいことなのですが、・・・
 ・・・あれくらいの重湯で100グラム体重が増えた・・・と燃費の良さを実感されていましたが、まだまだ途上です。波はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食道場の思い

・・・断食道場の思い

 前述からの皆さんは、すべて予定通り回復食も終えて帰られました。今は埼玉県から来られている男性が断食6日目を過ごされています。
 3年前に来られてからの2度目の断食となります。今回は前回に比べても楽にできているそうです。前回も療法はきちんとこなして、充分に余裕を持っての断食だと思っていたのですが、ご本人的には少しきつかったそうです。
 このご本人的にきつい・・・という思いは、私達にとっては中々難しい判断なのです。毎日お話をして、その日の体調をいろいろな視点で確認していますし、特に断食中は敏感になります。
 私たちから見て、まだ充分に余裕があると思っていても、ご本人が感じるきつさの思いは、皆さん違うのです。普通に考えても、我慢強い方もいれば、すぐ泣きの入る方もおられます。
 食べていないのだから、こんなもんだろうと思う方もいれば、結構きついと思われる方もおられます。そしてそうした思いや体調はは日々変わっていきます。その揺れる様子を遠く、近くで見て、指導していますが、皆さん、元気に、そして何とか、断食をやり遂げられるのです。
 
 私達にとっては、予定通りの断食を、さらにできれば1日でも長い断食を、そしてさらにできれば元気に余裕のある断食をやっていただきたい・・・断食道場の思いですが、道場での療法がそれらを助けてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・減量は楽しい、嬉しい・・

・・・減量は楽しい、嬉しい・・

 先週からの断食組は、最後のおひとりが今日から回復食に入り、全員が断食をやり終えました。前述からの男性も早、明日は味噌おじやになります。辛かった膝の痛みもほぼなくなり、杖を手放して、散歩に行かれています。
 皆さんの体重の変化です。
男性は6日の断食で、回復食5日目でー7.5キロ。
断食4日で、回復食3日目でー7キロ。
断食5日で、回復食3日目でー6.2キロ。
そして断食4日で、回復食1日目でー5.5キロ。
 上のおふたりはそろそろ底から少し増えるかどうかというところですが、下のおふたりはまだ充分に下がります。歩くことです、それが減量を進めてくれますし、増えるのを抑えてくれます。何より、回復の体力を作ってくれます。
 皆さん、減量だけが目的ではありませんが、それでも減量は、男性も女性も楽しい、嬉しいもののようです。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食4日目、ー6.8キロ

・・・断食4日目、ー6.8キロ

 今日の道場は、2人の方が断食をされています。明日には新たに3人の方々が断食に入る予定です。連休も終わり、すでに連休組の方々はすべて帰られました。
 今は、数年前に来られました北九州からの男性が2度目の断食をされています。今日で断食4日目となっています。2日目くらいまでは・・・少し体がふわふわして、力が入りにくい・・・けど、充分に大丈夫です。・・・と言われていましたが、それも昨日、今日と安定してきたようです。
 今回は、日常が元気なので毎日ジョギングをされていて、少し頑張り過ぎたようで膝を痛めたそうです。だいぶ回復していたのですが、板を踏み割ってしまって悪化させ、今は杖をつきながら歩かれています。
 来られた頃は杖に寄りかかるようにして歩かれていましたが、今日などは杖が必要ないほどに、体をほぼ真っすぐにして歩かれています。今は歩く時に鳴る杖を突く音が小さく柔らかくなっています。痛みも感じないまでに回復されていますが、まだ正座ができないようです。
 体重も今日でー6.8キロ。驚きの数字のようです。後2日間、もうひと踏ん張りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧