« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月26日 (水)

断食道場奮闘記・・・ありがとうございました。2/1が始まりです。

・・・今年もありがとうございました。2/1が始まりです

 本年も多くの新しい縁の輪が広がりました。いつも見られるお顔もありました。断食への思いは様々でも、皆さんの願いは日々の健康な暮らしです。
 初めての体験に戸惑いながらも、断食をやり終えた時の笑顔、想い、そして細くなったウエストを忘れずに、日々、実行されている事を願うばかりです。
 今年も、食事療法だけの方を始め、断食1日から14日まで、様々な方々がいろいろな想いの中で療法、そして断食をやり遂げられました。
 それでも大切なことは、帰られてからの日々の生活です。初めからすべては難しいかもしれませんが、まずは朝食抜きから、生水を飲むことから、・・・ご自身がやりやすいところから少しずつ続けていかれることです。 
 そうしていると、例えば朝食を抜くことが普通になってきます。食べなくても今までと何ら変わりはないし、逆に食べると、お腹の張りや違和感を感じるようになってきます。西式の生活はあくまで日常の生活法にしかすぎません。
 新年の道場開きは、2/1からとなります。新たな年も、今までの縁はもちろん、新しい縁が広がりますように、そして皆さん、日々、健康な暮らしが続けられますに、願っています。
 お体、くれぐれもご自愛してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 27, 6, 5 - 2/2 』

・・・『断食日記・H27, 6, 5 - 2/2 』

●入寮した翌朝から、毎朝この痛みがありました。普段なら鎮痛剤を飲むレベルの痛みですが、我慢して、朝の療法を受けて、機械療法が終わる頃には、自然と軽減していることに気づきました。
 2日目の朝はかなりの痛みで目が覚めましたが、前日同様、朝の療法後には治っていました。・・が、その日の夜8時頃、急に激痛が出現しました。左上歯奥から頭の中央や後頭部にかけて、気分が悪くなるほどの激痛で、・・・普段なら鎮痛剤を飲んでも効かないほどの激痛・・・どうしょうもなく、先生を呼んでもらいました。
 日頃行っている機械療法をさせてもらい、一通り終わった頃には幾分軽減していましたが、まだ痛みは残っていました。その後先生から、「裸療法をしてみて・・・」と言われ、部屋に戻り、裸療法を行ったところ、いつの間にか朝までぐっすり眠れていました。
 この体験は、私にとっては奇跡に近いほどビックリする事で、『裸療法』がいかに効果があるのか実感しました。
 この日から、先生に裸療法のCDを渡されて、1日6回裸療法を行いました。それ以降、まったくと言っていいほど痛みは現れませんでした。
 以前から、腰痛に悩まされており、歪みを取れば良くなるんじゃないかと思い、ヨガを習ったりしていました。ここに来て、硬い枕や裸療法、機械療法・・等、これこそがまさしく私が求めていた答えだと確信し、ここに来るべきして来たんだと思います。
 一番の目的ではなかった今まで20年以上も悩まされてきた痛みが良くなるんだと希望が持てたことが一番の収穫となりました。
 大変お世話になりました。心の底から来てよかったと感謝しています。同じ時期を過ごしていただいた皆様、ありがとうございました。 
・・・・・・準備食4日、断食3日、回復食4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »