« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月24日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食4日、ー9.7キロ

・・・断食4日、ー9.7キロ

 先日、大分市から来られていた女性が、初めての断食を終えて楽しそうに帰られました。準備食5日、断食4日、回復食4日の療法スケジュールでした。
 ご自身、初めての断食という事でかなり不安なご様子でしたが、療法を始めるといろいろと体の変化を実感された様子で、不安も解消していったようです。
 仕事の関係からかパソコンとスマホの使い過ぎで、指の痛みがひどくて・・・、そして毎日の散歩で足裏の痛みがひどくて・・・、それが数日の療法でなくなったそうです。以後は、熱心に療法と散歩をされていました。
 そして何よりの嬉しいご褒美は、計13日間の療法でー9.7キロの減量を成し遂げました。毎日、時間を惜しんで散歩に行かれていましたが、道場ではほとんどの方が同じように毎日散歩に行かれます。
 そして4日間の断食、回復食、断食中も体の疲れもなく、元気に療法を続けていました。一般的には4~5キロ程の減量が普通だと思いますが、9.7キロです。私たちから見ても本当に望外の数字です。
 準備食の頃から、毎日数百グラムのペースで落ちていっていました。それが頑張る糧にもなったわけですから、いいのですが、ご本人も大きな欲が出てきて、後100グラム以上の減量を願って、さらに熱心に療法を続けていました。
 この100グラム落ちが数字の大台を切ることだったわけです。結局、今回は100グラムだけ足りなかったわけですが、ー9.7キロ自体が大きな望外な数字です。 
 次回への楽しみという事で、そのためにも帰られてからの食生活が大切です。食べることにも大きなエそネルギーを使う事も理解されたでしょうから、そうしたことに慣れる事にも少し時間がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食10日、ー13キロ

・・・断食10日、ー13キロ

 今、道場にインドネシア・ジャカルタから来られている男性がおられます。もともとは名古屋生まれなのですが、数年前から仕事の関係で住まわれています。
 実家のご家族が皆さん道場で断食をされていますので、ご本人も最後にやって来られました。元々食生活に関心があり、ご自身なりに気をつけていたそうです。さらに断食にも興味があり、いつかやってみたいという思いもあったようです。
 それでも初めから長い断食ができるだろうかという不安もあったようで、そのため、まずは8日間くらいで・・・という事でした。
 しかし、結局10日間の断食をやり終えました。断食始まりの1~2日の頃は、少し不安げで軽い立ちくらみも起こしていましたが、それが過ぎると自然に元気になっていました。余裕でできた断食10日間でした。
 今日は回復食6日目になりますが、日常でもすでにご家族から簡単な指導は受けていたようで、西式の生活は実際に日常生活に取り入れていました。それでも今回、療法、断食を体験されて、いろいろと新たな発見があったようです。
 回復食に入って、いつものように玄米重湯から始まりますが、2日目には・・・力の出具合が明らかに違う、こんなわずかな量の重湯なのに・・・と、いつものように、驚かれていました。
 体重は、今日でー13キロ、ここ数日は少しの増減はあるでしょうが、今が底のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »