« 2017年6月 | トップページ

2017年7月18日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29 - 5 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29 - 5 』

●普通食 4日間
 最後に普通食を3日と半、計7回頂きました。ずっと帰ってから、この良い状態を維持できるのか・・・不安でした。こうして良かった !  自分が食べたい量と体の適量はまったく違うのです。
 目で見た量、食べ終えた胃の感覚、これが大事なのだと毎回学びながらいただきました。毎回美味しく、次の食事が楽しみで、本当に幸せでした(笑)
 一食一食大切にいただいていると、これを作っている奥さんへの感謝や今まで作ってくれてきた母や家族への感謝が湧いてきて、さらに幸福になります。
 食事だけでなく、他の様々な事に対しても見方が変わってきました。今までの生活、生き方を振り返って、自分の体も、周りのことももっと大切にしなければと思います。食べ物で体が作られている。本当に当たり前のことですが、ここまで身に染みたのは初めてでした。
 ちなみに普通食の初めてのメニューです。
・・・玄米、味噌汁、かつお節とネギとごまと出汁のかかった温かいお豆腐、お漬物・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29 - 4 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29 - 4 』

●回復食 10日間
  断食が終了して、回復食1日目、気力的にはもう少し断食ができそうでしたが、今までよりもふらつきがあったので、ちょうどよかったのかもしれません。
 朝の療法の後、梅湯をいただきました。ひとくち目、強烈にしょっぱくてビックリ。しょっぱ過ぎて味わえない。断食の間に味覚がぐぅーんと鋭くなっていました。少しずつ飲み進めるうちに塩分が染みわたり、美味しく飲み終えることができました。体が塩分を欲しているのがよくわかります。
 食事は青汁と重湯からでした。1日目は青汁が甘くて甘くて、野菜の味も強烈で、とても飲みづらいものでした。これが続くとなると厳しいかもと思いましたが、2日目からは味覚が落ち着いたのか、青汁は適度に甘くて美味しく感じられ、助かりました。
 青汁の4日目、食べた後に体の違和感と言うか、重さを感じていましたが、気持ち悪くなったとかはなく、満腹感を感じながら、体力をつけていきました。
 食べるようになってから、散歩から帰って来てからの疲労感が軽くなっていき、体の変化を実感しました。
 5日目からは青汁に繊維も入るようになり、それと玄米粥です。久しぶりの固形物に喜びつつ、注意して、よく噛んでいただく。道場に来る前では考えられないくらいひと口は少ない量で、噛んで噛んで食べる。この頃から一食一食を本当に大切に食べるようになりました。
 9,10日目は、待ちに待った味噌おじや !! 何人もの人が美味しそうに食べて、退寮していった味噌おじやをようやく自分が食べられるようになりました。
 とっても嬉しかった・・・もちろん、美味しかったです !! もう、味わって、味わって、大切に大切に食べました。作り方を教わったので、帰ったら、必ず作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 25, 12, 29-3 』

・・・『断食日記・H25, 12, 29-3 』

●断食 10日間
 体調が良いからか、予定より早く断食に入らせてもらえることになりました。お腹はいつも空いていました。特に2日目くらいまでは、胃が存在を主張しているかのような感じがあり、空腹を訴えられましたが、ガマン !!
 代わりにテレビで料理番組がやっていれば目は釘付け。談話室にある料理の本も1日中見てたりしました。
 断食に入ってからも目立った症状は出ず、準備食と同じ感じで過ごしました。少しふらつくことがあったり、疲れやすいなぁと感じたり、階段の上りが一気にできず、途中で立ち止まったり、とかはありましたが、体重の減りが緩やかなので、自由時間は散歩、散歩 !!
 あと、断食中の変化で、口の中がとても乾くようになりました。食物を摂っていないので、余計に水分が足りないのかなあと、断食に入ってから、余計飲みづらくなってきて、それでも何とか1リットルは飲んでいました。
 この頃から味覚が鋭くなったのか、それまで美味しく飲んでいた柿の葉のお茶が変な味に感じられ、美味しくなくなった。あと、やたら寒い !! と感じるようになりました。特に断食後半。食べていないからだよ、との事です。それで掛け布団を1枚増やしてくださいました。ありがたかったです。
 とにかく不思議と食べてなくても元気で体が軽くて、外を歩き回っていましたが、自覚の少ない変化がいろいろとあったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ