« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食道場の思い

・・・断食道場の思い

 前述からの皆さんは、すべて予定通り回復食も終えて帰られました。今は埼玉県から来られている男性が断食6日目を過ごされています。
 3年前に来られてからの2度目の断食となります。今回は前回に比べても楽にできているそうです。前回も療法はきちんとこなして、充分に余裕を持っての断食だと思っていたのですが、ご本人的には少しきつかったそうです。
 このご本人的にきつい・・・という思いは、私達にとっては中々難しい判断なのです。毎日お話をして、その日の体調をいろいろな視点で確認していますし、特に断食中は敏感になります。
 私たちから見て、まだ充分に余裕があると思っていても、ご本人が感じるきつさの思いは、皆さん違うのです。普通に考えても、我慢強い方もいれば、すぐ泣きの入る方もおられます。
 食べていないのだから、こんなもんだろうと思う方もいれば、結構きついと思われる方もおられます。そしてそうした思いや体調はは日々変わっていきます。その揺れる様子を遠く、近くで見て、指導していますが、皆さん、元気に、そして何とか、断食をやり遂げられるのです。
 
 私達にとっては、予定通りの断食を、さらにできれば1日でも長い断食を、そしてさらにできれば元気に余裕のある断食をやっていただきたい・・・断食道場の思いですが、道場での療法がそれらを助けてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・減量は楽しい、嬉しい・・

・・・減量は楽しい、嬉しい・・

 先週からの断食組は、最後のおひとりが今日から回復食に入り、全員が断食をやり終えました。前述からの男性も早、明日は味噌おじやになります。辛かった膝の痛みもほぼなくなり、杖を手放して、散歩に行かれています。
 皆さんの体重の変化です。
男性は6日の断食で、回復食5日目でー7.5キロ。
断食4日で、回復食3日目でー7キロ。
断食5日で、回復食3日目でー6.2キロ。
そして断食4日で、回復食1日目でー5.5キロ。
 上のおふたりはそろそろ底から少し増えるかどうかというところですが、下のおふたりはまだ充分に下がります。歩くことです、それが減量を進めてくれますし、増えるのを抑えてくれます。何より、回復の体力を作ってくれます。
 皆さん、減量だけが目的ではありませんが、それでも減量は、男性も女性も楽しい、嬉しいもののようです。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食4日目、ー6.8キロ

・・・断食4日目、ー6.8キロ

 今日の道場は、2人の方が断食をされています。明日には新たに3人の方々が断食に入る予定です。連休も終わり、すでに連休組の方々はすべて帰られました。
 今は、数年前に来られました北九州からの男性が2度目の断食をされています。今日で断食4日目となっています。2日目くらいまでは・・・少し体がふわふわして、力が入りにくい・・・けど、充分に大丈夫です。・・・と言われていましたが、それも昨日、今日と安定してきたようです。
 今回は、日常が元気なので毎日ジョギングをされていて、少し頑張り過ぎたようで膝を痛めたそうです。だいぶ回復していたのですが、板を踏み割ってしまって悪化させ、今は杖をつきながら歩かれています。
 来られた頃は杖に寄りかかるようにして歩かれていましたが、今日などは杖が必要ないほどに、体をほぼ真っすぐにして歩かれています。今は歩く時に鳴る杖を突く音が小さく柔らかくなっています。痛みも感じないまでに回復されていますが、まだ正座ができないようです。
 体重も今日でー6.8キロ。驚きの数字のようです。後2日間、もうひと踏ん張りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 3 / 3

・・・76歳の断食奮闘記 3 / 3

 再び76歳の奮闘記です。回復食も余分に3日ほどの普通食を食べられて帰られました。味噌おじやは絶賛されていました。私達が拍子抜けするほど、それこそ自然体で準備食、断食、回復食を終えられましたが、味噌おじやを食べると、やはり少し力が出てきたようです。
 本当に不思議なもので、いつも思うのですが、・・・美味しいものを食べると何故か力が出てくる・・・ほとんどすべての方々が言われます。
 体力的には、断食中も本当に何もなく普通のように過ごされていましたが、断食中のある朝、療法に降りられてくる際に足を引きずっている、理由を聞くと、・・・足首が痛い、風呂場でぶつけたみたい・・・と言う。しばらく様子を見ていると、どうもそれだけではない様子、時として家で出ていた痛みが関係している様子。
 ただその痛みも数日で治まり、またいつもの元気な日常に戻る。そうしていると、また足を引きずって降りてきた。今度は膝が同じように赤みを帯び、痛いと言う。やはり時として家で出ていた痛みのようで、しかし、これも数日で治まる。
 また膝の前とは少し違う個所が赤みを帯び、痛いと言う。これはすぐに治まる。道場にいる間に全部出てくれればいいのに、と話していたら、帰られる日に足の指が少し痛いと言う。これは軽いらしく、朝の療法で楽になったと言われる。
 9日間の断食でしたが、もう少しできそうとご本人も言われる。私たちから見ても、それなりにやつれ感や衰えはありましたが、充分に余裕は感じられました。身体から発する反応も充分に余裕がありました。
 ある意味では体力に自信もできたようですし、今度はもう少し長い断食をしてみたい、とはご本人の弁でした。
 体重は、大台を軽く突破して、昔過ぎていつ頃の数字かわからないと言われていましたが、最低で58.5キロ、帰られる日は100グラム増えて58.6キロ、ー9.8キロでした。
 来られた時に、頑張れば60キロも切れるかもしれません、と言っていたのですが、そこまでは・・・と思われていたようで、苦笑いされていました。
 何事にも熱心に療法をされていましたので、・・・ご褒美です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

断食道場奮闘記・・・9人が断食中

・・・9人が断食中

 今日の道場では9人の方々が断食を続けています。例年この時期は、限られた日程での入寮の方々が多いので、どうしても断食が重なりやすいのです。それでもいつもは日程の中でもふたつ位の山に分かれますので、少し分散するのですが、今年はこういう事となりました。
 前からおられる方々もちょうど断食に入っていますし、連休組も昨日、そして今日と断食に入られました。長い方で断食10日、そして断食4日、3日、2日という断食予定です。
 そして今年も半数の方がいつも見るお顔です。最長の方で今の時期に連続12年目、そして11年目となる東京から、そして北九州からの女性です。さすがに勝手知ったる道場で、する事もその他諸々の事情もわかっていますので、私達も遠くから少し見ているだけで充分です。
 最初の頃は違っていたかもしれませんが、今は心身のリフレッシュが一番のようで、さらに1年間で少し増えた分の体重、プラスα分の減量といったところでしょうか。あと10年は・・・と言われていますが・・・。
 周りを見れば、ほぼ断食だらけというのは、特に道場初めての方には新鮮なようです。安心感もあるようです。今日のところは皆さん、元気な様子で、近くで見守る必要のある方もおられませんし、休憩室にも笑いと会話が満ち満ちています。
 どなたかが言われていました、・・・ゴールデンウイークは断食をして、身体を休ませる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »