« 断食道場奮闘記・・・温冷浴 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 »

2017年4月11日 (火)

断食道場奮闘記・・・冬の温冷浴奮闘記

・・・冬の温冷浴奮闘記

 断食中は特に裸療法を個別にやるように指導しています。実際に断食中に少し辛さを感じている時でも朝の裸療法を終えると少し元気が出てきました、とはよく話される事です。これは温冷浴でも同じような事なのです。
・・・昨日は裸療法をしながら、気がついたら熟睡していました・・・
 夏の時期は裸のままでという事も多いのですが、今の時期は着衣の時間の時にうつらうつらして気持ちがよくなり、そのまま途中から熟睡、という事も多いのです。
・・・道場は温泉が出ます。浴室の蛇口をひねると、その真下110メートルの所の源泉から温泉を吸い上げて、そのまま出してくれます。最近言われるところの、源泉かけ流しです。
 今の時期の温冷浴はお湯の温度が低いとさすがに辛いですから、お湯を勢いよく出して入ってください、と常に言っているのですが、皆さん、温泉があふれ出るのはもったいなくて、と少しずつしか出さないのです。
 お湯の中に入っても温まらなくてと言われる方はこういう事情が多いのです。それであふれ出てもかまいませんので出すように言うと、・・・温かいです、・・・と納得されます。
 それでも水に肩まで入れるようになるのには、少し苦労される方もおられます。腰まで、ようやくお臍まで、今日は胸までと頑張っておられます。ここまでくれば、後は踏ん切りです。
 ようやく肩まで浸かれるようになってみると、お湯の時が今までよりも温かい感じがする、そして水の時も少しずつ感覚が変化してくるのです。それでも同じ1分間なのに、お湯の時はあっと言う間に終わって、水の時は本当に長い、皆さん、悔しげに言われます。
 こうして初めて温冷浴をされて、少し苦労されている方でも、最後に水で上がって服を着ると、何故か温かいのです。・・ほっとする・・、多くの皆さんが驚かれる事です。
 そして、裸療法もそうですが、この温冷浴を終えると、断食中の何とも言えぬ脱力感、時にはむかつきも少し楽になってきます。
 ・・もう少し頑張って断食を続けられそう・・朝に今一度、頑張ろうスイッチが入るのです。

|

« 断食道場奮闘記・・・温冷浴 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/70228451

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・冬の温冷浴奮闘記:

« 断食道場奮闘記・・・温冷浴 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・76歳の断食奮闘記 »