« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月24日 (火)

断食道場奮闘記・・・もうすぐ断食。

・・・もうすぐ断食。

 11月に入ってから入寮期間や体調的な問題もあり、今月はまだどなたも断食をしていません。非常に珍しいことで、思い返しても今までになかったような事です。そのせいか、道場も心なしのんびりした雰囲気でしたが、何か物足りない寂しい日々でした。
 それもようやく今週には数人の方々が断食に入りそうです。何か待ちに待った感じです。皆さんそれぞれに悩みを抱え、その改善につながればと、強い思いを持たれています。
 道場でも断食だけがすべてではありませんし、いろいろな療法や食事療法でも充分に納得いただいているとは思いますが、やはり、ぜひ断食をやっていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24, 9, 17 -2/2』

・・・『断食日記・H24, 9,17-2/2』

●回復食期間  日ごとに力が付いてきた。
1~2日目・・・重湯、青汁
 重湯の塩分がとても美味しく感じられた。青汁も甘くて美味しかった。1日目に排便があり、黒色便が出た。
3~4日目・・・玄米お粥、青汁、梅干し
 米の粒が入ることで、力が徐々に出てまくるようだ。梅干しの味がとても美味しい。
5~7日目・・・味噌おじや、青汁、梅干し
 7日目の味噌おじやがとても美味しかった。それまでは塩分だけの食事だったが、おじやにはさつまいもや人参などの野菜がいっぱい入っていて、とても甘く感じられた。
●今回の断食で思った事
 人間の体にとって、いかに塩分が大切かということが分かった。“梅ジュース”は、体力が衰え、水が飲みにくい状態でも体に入っていき、体中の組織を回復させる偉大な力がある事を教えてくれた。体が弱っている時の飲み物としては、最高のものであると私は実感した。
 西式健康法なら、60代の人間にも7日間の断食を可能にする。今の私の体力だったら、他の方法で断食をやっても7日間の断食は達成できなかったと思う。
 西式だったから、あの7日間が乗り越えられたとつくづく思う。5日目に頂いた“梅ジュース”、これは起死回生の一杯だった。それだけでなく、準備食、裸療法、機械療法、温冷浴などのいろいろな療法を取り入れることで、断食のリスクを減らすと共に、断食の効果を一層高めていると思う。
 今回の断食にあたり、先生、奥様始め、道場でご一緒だった皆様に心より感謝します。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24,9,17-1/2』

・・・『断食日記・H24,9,17-1/2』

 断食を7日間するというのが、今回の目標でした。ただ、いくらかの不安はありました。年齢的に体力が持つのだろうか、という不安でした。ですから準備食を短くして、早く断食に入りたいという考えを持っていました。先生にその事を相談しましたら、準備食6日、断食7日、回復食8日という計画を立ててくださいましたので、よかったと思いました。
●準備食期間
  体重は少しずつ減ったが、体調は良く、散歩であちこちに行った。
●断食期間
1日目・・少し脱力感はあるが、散歩には行けた。夜中に鼻血が出て30分くら
      い起きていたが、これは以前にもあったので、一つの断食反応と考
      えた。
2日目・・体重が昨日より1.2キロ減っていて驚いたが、体調は変わらず、散
      歩へ行く。 3日目・・朝から脱力感がある。水をあまり飲めなくなる。
      車の排ガスが気になる。嗅覚が敏感になっているようだ。
4日目・・水が飲めなくなり、唾が良く出る。脱力感があり、午前中は横になっ
      てました。午後と夕方は散歩に行く。
5日目・・今日も水が飲めず、体はきつい。「これは後2日、耐えられるかな?」
      と心配になった。この日の、午後4時頃に“梅ジュース”を先生がくだ
      さった。これがとても美味しかった。腹の中から体中に塩分が吸収さ
      れていく感じで、一口一口味わいながら飲んだ。すると2時間くらい
      たって、元気が出てきた。水も飲めるようになった。これなら何とか
      なりそうと思った。
6日目・・昨日の梅ジュースのお陰で、体のだるさが軽くなった。
7日目・・体調はまずまず、午後の散歩の途中で少しきつかったので、コース
      を短くして帰ってきた。夜、断食達成のご褒美で、蜂蜜レモンジュー
      スをいただく。これがまたまたとてもうまかった。一口一口時間をか
      けて飲んだ。“生き帰った”感じがした。これで明日の昼食まで持ち
      そうと思った。
●回復食期間
           ・・・次回に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24, 6, 27』

・・・『断食日記・H24, 6, 27』

 子供の頃からアトピーです。社会人になり、しばらく完治したと思っていたら、古い銀歯の治療をして7本新しく銀歯を入れる治療をした時、今までに見た事のないひどい症状が出ました。
 腕と足の曲がるところが切れてリンパ液が流れ出し、仕事を2週間休み、ステロイドと飲み薬で治しました。銀歯も原因かと思い、すべてセラミックに変えるとウソのようにすっきり治りました。それから5年ほどは何事もなかったのですが・・・・・。
 今度は原因も分からず、また再発しました。もともと食事には朝もしっかり食べて気を使っていたし、睡眠もたっぷりとるようにしていました。栄養も取らなくてはと、いつもサプリを飲んでいました。
 そして今日までここで勉強させていただいて、この部分が間違っていました。「取る、取る、取る・・・」のではなくて、まず「出す」ことです。原因が分からず、悪くなったわけではなかったのですね。
 アトピーの変化は・・以前は肘のところが黒ずみ、大きなかさぶた、掻き崩した皮膚、少しジュクジュクしていました。断食に入って、腕が全体的に乾燥し、肘のかさぶたが少しずつ消えて、新しい皮膚が掻き崩したところをふさぎかけてきた。
 そして回復食、少しアトピーが元気を出す、すぐに運動と裸療法をすると、赤味がひいた、スゴイ!!  皮膚は少しシワシワしていますが、普通に近いところまで治りました。
 普段の生活に戻ってからが勝負だと思います。先生の教えを無駄にせぬように、自分の為、頑張ります。入寮される皆様、理由は様々でしょうが、皆で元気になりましょう!!
 先生と奥さまのお話が一生の財産になりました。食事(朝食抜き、野菜中心・・・)、体操、温冷浴を続けて、きれいで元気になる事が恩返しと思い、頑張ります。
 7日間と短期間でしたが、腕、脚、首の掻き崩した肌がかなり綺麗になりました。本当に大切なお話をありがとうございました。同時期に入寮していた皆様、お話しすることでどれほど助けられたか、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »