« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月27日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24, 5, 26 - 2/2』

・・・『断食日記・H24, 5, 26- 2/2』

 そして、いよいよ断食・・・!!

 やはり先生が仰ったとおり、初日~3日目あたりが一番辛く、胃がムカムカして吐き気との戦いでした。3日目の夜は、胃のムカムカでなかなか寝付けなかった。3日目を過ぎたら、だいぶ体は慣れてきたのですが、今度は食欲との戦いが待っていました・・・!!  散歩をしては、鰻のニオイ、・・・焼き鳥、焼き肉・・・。何で自分、こんなツライ思いしているんだろうと思ってしまい、やっぱり、明日には先生にこの辺で止めます、と言ってみようかと、毎晩のように考えていました(笑)
 でも毎朝、鏡を見ては「良くなってる・・・!  今日も頑張ってみよう ! 」と、前向きな気持ちになれたのです。7日目の夜、ふらふらする体で散歩から何とか帰ってきた時、奥様から頂いた蜂蜜レモンのありがたさと言ったら、本当に、本当に、美味しかった・・・。これのお陰で、断食を1日延ばすことができ、8日間の断食を成し遂げることができました。
 結局、体重は落ちて、未知の領域に入ってしまいました。167センチで39.9キロ・・。ここに来てー7キロ。でも何故か、体は元気でした。
 回復食に入ると、少しずつ増えていき、最終的には40.2キロ。この調子で少しずつ増やしていきたいです。リバウンドだけはしないように。
 そして、肌の症状が良くなっただけでなく、手のしびれも、気がつけばなくなっていたのにはビックリしました !  ここに来る何カ月か前に、夜寝ている間に無意識に掻きむしってしまうので、両手を縛って1ヶ月ほど寝ていたのです。それからというもの、長い間、手のしびれが残っていたのですが、ここに来てから、ほんの数日で取れてしまいました。これには本当に驚きました・・・! 思わぬ副産物?というのかしら(笑)
 長い間ずっと猫背だったのも、気がつけば別人のようにシャッキリしていたし、本当に肌だけではなく、他の体の不調も良くなってしまい、もっと早く、2年前、初めて皮膚科にかかる前にこちらへ来ておけばよかった・・・、本当に後悔しております。
 ここで学んだ生活習慣を忘れずに、家でも引き続き取り組んでいきたいと思います。野菜と玄米、大切ですね。下書きもせず、読みにくくなってしまい、本当に申し訳ありません。
 最後に、初めての断食で何度もくじけそうになった私を支えてくれた先生、奥様、そして道場で一緒になった皆様方、本当にお世話になりました。また、生活習慣が乱れ始めたら、こちらにお世話になりに来たいと思います。そうならないように気をつけたいですが・・・(笑)
 これから断食をされる方、頑張ってくださいね! 絶対に良くなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24, 5, 26-1/2』

・・・『断食日記・H24, 5, 26』

 2~3年前から、体、顔のニキビ、湿疹、痒みに悩んでいました。皮膚科ももう何件もはしごをし、薬もステロイドから抗生物質、ニキビ用の角質を剥ぐ薬、漢方薬・・・様々な治療をするものの悪化する一方で、終いにはこの薬の後遺症で肌はボロボロに・・・
 やはり、外から治そうと思っても無理だと思い、体の内側から何とかしなければ・・・!! と決意し、こちらにワラにもすがる思いで来ました。
 初めての断食なので、最初は不安と食べることが何より好きな私に耐えられるか心配でしたが、先生や奥様に支えられて、何とか8日間の断食を終えることができました。
 準備食2日目で頭痛が起き、吐き気まで出てきて、涙を流しながらの食事でした。しかし、準備食最後の辺には、顔の痒みも体のブツブツも、ニキビもかなり良くなっていました。まだ断食に入ってすらいないのに、本当に感激していまいました。薬も洗顔も何ひとつしていないのに・・・・!!
 そして、いよいよ断食・・・!! ・・・次週へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 24, 3, 23』

・・・『断食日記・H24, 3, 23』

 お陰さまで、腰の痛みも何とか我慢できる範囲内で収まり、無事、家までたどり着くことができました。ホッとしています。いろいろなお気遣いありがとうございました。これから道場での日々を思い出しながら、教わった療法をいろいろやり、ゆっくり治していけたらと思っています。もちろん体質改善も頑張りたいと思います。そのためには、生菜食もガンバルゾ!!
 今晩は道場でいただいた味噌おじやを自分なりに再現してみたところ、美味しくできて、何だか幸せな気分になりました。帰りが遅くなりそうな主人にも、消化がいいですから、ぜひ食べさせてあげたいと思っています。
 今日、料理をしていて、妙に楽しい自分に気付きました。これまではある程度義務のように感じていたので、これはスゴイ変化です。生活そのものが新鮮です。「普通」がこんなにもありがたいとは・・・。
 道場での生活で得たものは、古い便が出せた事にとどまらず、本当にたくさんあります。それがすべて今後の生活に生かされていくのだと思うと、ウレシイ気持ちでいっぱいです。
 細かく様々な事を指導してくださった先生、毎日の食事といろいろなお話をしてくださった奥様、本当にありがとうございました。またいつか、別府の街を訪れることを楽しみにしております。
 今はまだ、いつとは思えませんが、いつか7日から10日の断食をして、本物の宿便を出してみたいものです。本当にありがとうございました。

・・・初めての縁でしたが、5日間の断食をやり終えました。ちょうどー5キロの減量になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H 21, 6, 24』

・・・『断食日記・H21, 6, 24』

今頃になって変ですが、遅くなりました体験記です。
断食全体を振り返ってみよう。入寮時は、血圧、血糖値が高く、頭が重かった。肩こりは異様に硬く、心臓も苦しげだった。血液の流れが一番変わった。
 当初は、「ドックン、ドックン」という感じだったのが、「シャー、シャー」という感じに変わっている。肩こりがなくなり、頭の霞もきれいさっぱり消えた。血液もかなりサラサラになっているような気がする。
 どうも人間の身体は、我々が思っているよりもずっと高性能で精密なようだ。我々が手入れさえ怠らなければ、ものすごく高性能な能力を発揮するのではないだろうか。
 そういった意味では、今の医学は思い上がりが強すぎて、傲慢なのかもしれない。身体を治してやろう、治してやろうという方にばかり目が向いていて、高性能マシンの手入れをして、身体そのものに治させるように持っていこうという謙虚さが低過ぎて、かえって変にこねくり回し、精密機械を痛めているような感じがする。
 話を戻す。断食を通じて私なりに感じるのは、「シフトチェンジ」がある事。
それを、1>目一杯モード、2>巡航モード、3>省エネモード、と私なりに名づけてみた。私が入寮した時点では、明らかに「目一杯モード」で、パンツのゴムが伸び切った状態だったに違いない。数値を見ると、入寮後しばらく混乱が続く。血中には脂質などの過剰な栄養が飽和状態にあり、たぶんドロドロ状態ではなかろうか?
 純粋野菜食を多量摂取することによって血中の過剰栄養が減り、身体のむくみが取れていき、栄養の摂取量に応じて、目一杯モードから巡航速度モードにチェンジが入れ替わる。乱高下していた血圧、血糖値が安定し始める。浄化作業の進行と共に、数値が慚減していく。
 私の場合、断食10日目に省エネモードに突入した。省エネモードにチェンジが入れ替わると、大きく体調が変わる。立ちくらみ、息切れ、数値的には血圧がコクンと落ちる。脈拍は高め、血糖値は逆にジワジワ上がる。
 予想だが、省エネモードにチェンジが入れ替わるためには、それなりの準備が必要で、精密機械が本来の緻密で高性能な能力を発揮できる状態を作る必要があるような気がする。省エネモードにチェンジが入れ替わると、頭がクリアーになり、身体が軽くなるが、スタミナはなくなる。自然治癒のための最終段階かもしれない。今の自分の身体の状態を観察していて、そう感じる。
 実は、この日記を書いている25日の朝、シフトがコクンと巡航モードにシフトアップした。立ちくらみがなくなり、元気が出てきた、何よりも血液の流れる音が以前違って、軽くて心地よい。・・・ありがとうございました。

・・・断食の様子、思いをご自分なりの言葉で興味深く説明されています。10日間の断食で、ー12.6キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »