« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・14日間の断食、終了

・・・14日間の断食、終了

 今日、8年ぶりの男性が来られました。それが一瞬誰か、わからないほどにスリムになっていました。私達がこういう印象を持つことはほとんどないのですが、・・・本当に驚きました。
 8年前は、目に原因不明の腫れと痛みを抱えて来られたのです。初めての断食でしたが、8日間の断食をやり遂げられました。そして、かなりメタボ体型でしたので、・・減量も一緒にしたい・・、との思いで、目の腫れと痛みは原因不明でしたし、どちらかと言うと、こちらが主たる目的でした。
 帰られる時には、ちょうど10キロのマイナス。今日お話を聞いてみると、帰ってからも少食に慣れてしまって、帰った時の体重を8年間そのまま維持していたそうです。目の腫れと痛みも、断食の途中からまったくなくなってから、そのまま忘れていたそうです。
 それが2ヶ月前に突然に腫れと痛みが出始めて、やはり原因不明との診断だったので、断食を思い出し、自宅で食事療法をやってみたそうです。その結果、腫れと痛みは軽くなったものの、完全に解消したわけではないため、・・断食をしたい・・と、そして最近、西式の生活法とも疎遠になっていたそうで、反省も込めて、来られました。
 自宅での食事療法の結果、体重はマイナス約6キロ、道場で少しずつ減っていく変化を見ていればわかるのでしょうが、何せ8年ぶりのさらなるマイナス6キロには驚きました。また楽しい縁がつながりました。
 ところで、前述の女性は14日間の断食を余裕の中で終えました。まだまた充分にできそうでしたが、今回は回復食に余裕を見ることにしています。回復食が順調にできれば、そのままショック断食をやりたいと、今から意欲満々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

断食道場奮闘記・・・今日で断食10日目、

・・・今日で断食10日目、

 今日で10日目の断食を続けられている女性がおられます。大阪から来られています。今の様子ですと、おそらく明日も断食を続けられていると思います。
 もう60歳に近い方なのですが、定期的に来られて、いつも併せて14日間ほどの断食をされています。この併せてというのは・・・。2回に分けて断食をされて、その計が14日間という事なのです。
 最初は他の方と同じように10日間の予定で断食に入ったのですが、4日ほどでダウンされてしまって、悔しそうにされていましたので、日程にまだ余裕があるのであればと、前に説明したことがありますショック断食をさせてみたところ、順調に10日間をやり遂げられたわけです。
 それ以来、このショック断食に味をしめて、まるでこの方の専用の様になってしまいました。今もそうですが、長い断食を必要としている方が途中で続けられなくなった時に、もう少し長く断食をさせてあげたい緊急の断食療法なのです。
 ところが今回は順調に10日間の断食を続けられています。ご本人も初めての事に驚いておられますが、今までとは少し違う世界を感じられていると思います。体調面もいいようで、・・・元気です・・が朝の挨拶です。もう少し様子を見ていこうと思っています。
 そして、今日から新たに7日間の予定で女性が断食に入られました。準備食も順調に過ごされて、お腹周りも小さくなり、顔も絞られてきました。体重を落とすことが強い願いでしたが、すでに-5.5キロ。こちらはようやく断食が始まりましたが、楽しみな7日間になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食、元気です・・・

・・・断食、元気です・・・

 今日の道場には、今日で断食5日目を迎えている女性がおられます。今回が初めての断食ですが、ご本人も驚くほど元気に断食を続けられています。・・あまり普段と変わらない・・とはご本人の弁ですが、私達が見ても、何の問題もなく、ご本人が言われているように、元気なんだろうな・・と感じています。
 道場では、よくあるのですが、言葉だけ元気に・・と思われる方がおられます。元気! と前向きに自分自身思うことは大事な事なのですが、よく注意しておかないと、言葉だけ元気で、体は限界・・と思われる方もおられます。それは少し手助けが必要な時なのです。
 しかし、彼女の場合は明らかに元気です。そして少し悩みは持っていましたが、基本的にはダイエットです。断食2日目あたりから、顔が明らかに絞られてきてシャープになってきていましたが、ご本人にはまだその思いは少なかったようです。
 そして今日はさらに絞られてきていましたが、さすがにご本人にもわかったようで、本当に嬉しそうでした。体重は-5キロ、それでも数字以上にマイナスを実感していると思います。
 もうお一人は10日間の断食予定です。すでに数回の断食を体験されていますが、あまり手助けの必要としない方です。いつもマイペースで、・・・元気です・・が定番の方です。
 明日には、新たに3日間の予定で女性が初めての断食に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食、誰もいなくなった

・・・断食、誰もいなくなった

 今日からお二人の方が、それぞれ7日、3日の断食を終えて、回復食に入り、今日の道場には断食をされている方はいなくなりました。前述の男性も昨日から10日間の断食を終えて、回復食に入っています。
 体的には少しくたびれたご様子でしたが、気力は強くお持ちの様子で、予定通り10日間の断食をやり遂げました。体重的には10キロの減量を目標にされていましたが、今日で-9.6キロ、まだもう少し落ちますので、目標は充分に達成できそうです。
 来られた時は、しきりに腰痛を気にされて、気がつくとお尻に手をやってさすっている様子でしたが、今ではお尻に手をやる事もなくなってきました。まだまだ療法は続いています。
 回復食は食の威力を最も実感できる期間です。断食中はできにくかった療法も、力が付いてくるにつれてできるようになります。もう一頑張りです。
 7日間の断食を終えた男性は、もうすでに数回の断食をされていますが、いつも淡々と療法をこなしています。それでも・・今回は今までの断食の中で一番楽だった、ようやく体ができてきたのか・・と。体重は-9.2キロ。充分すぎる数字です。
 3日間の断食は、初めての女性が終えました。辛い症状をお持ちで、薬も服用されているし、日程的に今回は断食までは・・・と思っていたのですが、辛い症状の改善が少しでも早まればと思い、断食に少し苦労することもご本人も納得されて、断食に入りました。
 それが思いのほか元気にやりとげてしまいました。一度、準備食の時に症状がひどく出て苦しんでいましたが、療法をしていれば楽になったようで、本当に時間を惜しんで、指導した療法をひとり黙々と続けていました。
 それ以後、辛い症状も出ることなく、今は治まっているようです。いくら訴えても、最後には・・気のせいです・・と言われ、悔しい思いもしたようです。
 まだわずか3日間の断食ですので、また症状が出てくるかもしれませんが、そうならない為に、家でも指導した療法を続けていく思いは強いようです。
 そして、明日には、新たに男性が初めての断食に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »