« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月26日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H20, 9, 3』

・・・『断食日記・H20,9,3』

今回の参加は2回目です。1回目は4年前、2週間ぐらい来ました。その時もさしたる問題もなく、また体重も標準体重を維持していた頃でした。
 断食は、夫が先に体験しており、あまりに良いので「行ったら・・・、後悔しないよ、絶対。」と、何度も言われ、好奇心で何となく来たのでした。その時は荒れていた踵が3~4日でつるりと綺麗になり、ビックリしたのを覚えています。
 今回は、たまたま夏休みを取っていた事もあり、参加の数日前に思い立ち、メールで申し込み、早速、了解をいただくこととなりました。体調の変化としては、体重がわずか4~5年で6キロも増えており、洋服のサイズはふたまわり大きくなり、見た目もちょっと“おでぶさん”でした。
 今回の目的はダイエットで、ここ数年増えた体重を一気に元に戻すことでした。結果はマイナス5,6キロです。できれば7キロ痩せたかったです。この続きは、帰ってから生活習慣の見直しをして達成していこうと思っています。今ならできそうです。今回の参加は、本当に良かったと、心から感謝しています。
 1回目より2回目は、理解度が全然違います。準備食から断食、そして回復食を通して、口に入れるもの、機械療法に温冷浴と裸療法、それに伴って体の反応と変化を、客観的に観察することができました。そして、先生が時々、ちょこちょこ講義される内容を聞いておくことが大事で、それらといろんな体の反応が「なるほど、こういうことか・・・」と、点と点が繋がっていくようでした。
 人の寿命は、自分で生まれる時に決めてくると聞いたことがあります。生きている間は元気でピンピン。死ぬ時はコロリ、「ピンピン、コロリ」を目指して、この素晴らしい西式健康法を普段の毎日の生活に取り入れようと思います。

 この15日間で目に見えて良くなったことをいくつかお伝えします。
★体重・・・マイナス5,6キロ(59,8キロ→54,2キロ)
★顔の皮膚がきれいになった。
      小さな粒々が目の周りに数個あり、気になって目障りでしたが、
            10日目にほとんどなくなってしまいました。口の周りのザラザラもか
             さぶたとなって取れました。
★寝起きに、いつもだるく痺れていた腰、太腿、ふくらはぎが4日目頃、気が
            ついたら消えていました。
★風邪がきっかけで出てきた喘息系の咳が、4日目に取れた。通常だと1ヶ
            月以上続く悪い咳ですが、里芋湿布を2回していただき、4日目に
            ピタッと治まりました。
 最後に、先生、奥様、お世話になり、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。別府の断食道場のファンのためにも、末永くお元気でご活躍ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H20, 8, 17』

・・・『断食日記・H20, 8, 17』

 私がこの道場に来たきっかけは、喘息、甲状腺機能低下症のための薬を止めたいのと、減量です。
 断食1日目は、眠気と少し吐き気があり、ダウンしてましたが、2日目は元気も回復し、朝夕の散歩にも行けました。 海から昇る朝日を見るのが楽しみでした。(熊本では山からしか太陽は昇りません)
 今回の断食で、クーラーがなくても生活できることを知りました。薬を飲まなくても大丈夫だったので、家に帰っても裸療法と温冷浴を頑張ってみます。
 9日間という短い期間でしたが、共に乗り越える仲間に会え、本当に良かったです。特に同室だったYちゃん、本当にありがとう!! 親子ほどの年齢差なのにいろいろおしゃべりしてくれて散歩にもたくさん行けたね。2人でやった裸療法もいい思い出です。まだまだ修行?期間が残ってるけど、貴女なら絶対やりきれるよ!! 今よりさらにきれいになって、お母さんやお姉ちゃんをアッ! と言わせてください。
 断食中も淡々とされて弱音を絶対に言わないTさん、さわやかな貴女はきっとどこにいっても好かれる女性だと思います。断食中も元気な貴女の姿にとても励まされました。
 とっても仲の良いS夫妻、О夫妻、私も主人ともっと仲良くしなくちゃと思うほど、熟年夫婦の鏡のようでした。特に奥様が元気なのが共通してましたネ。今度は主人と一緒に来られたらいいなと思います。
 はるばる富山から来られたkさん、久々にすごく気の合う人に出会えて、帰るのが残念です。もっといろいろとおしゃべりをしたかったネ。今月いっぱい、まだまだ先は長いけど、根性があるからきっと大丈夫!! 頑張って体を治してね。後から入って来られた方も、最後まで頑張ってください。
 最後に、先生、奥様、本当にありがとうございました。伝説の味噌おじやの味は、きっと、生涯忘れられない味です。

・・・4キロ程の減量で、嬉しそうに帰られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H20, 4, 24』

・・・『断食日記・H20, 4, 24』

 2年前の夏に急にお腹が痛くなり、病院へ運ばれました。診断は腎臓から大量の血が出ているとの事でした。さらに検査すると、「腎臓に何かがある・・・」医者は平気な顔で「まあ・・、癌ですね。腎臓は2個あるから、取ってしまいましょう・・・」と言われました。
 いくら2個あるといっても、当時21歳だった自分には、何が何だか分かりませんでした。幸い、父がここの道場を紹介してくれて、半信半疑で当時は3週間道場で生活しました。
 その後病院で再検査すると「何かはあるけれど、癌はないよ、腎臓もきれいになっています・・・」と。その時は本当に嬉しくて、嬉しくて、それと同時に「もし、あの時に腎臓を取っていたら、大変な事になっていたな・・」と、本当に怖くなりました。
 今回は自分の意思で体質改善の為に来ました。アトピーと高血圧と、わずか2年で私の身体はまたボロボロになってしまい、これではダメだと思い、道場に来ました。
 1か月たった今は、105キロが90キロまで体重が減り、アトピーもだいぶ良くなりました。普段食べていたものがいかに体に悪かったかを今回は痛感しました。そして、西式の生活を続けることの大切さを知りました。今までは身体が悪くても、心のどこかで他人事のように感じていました。しかし今回、1か月間道場でいろんな人と出会い、とてもよい体験をしました。本当にありがとうございました。

・・・11日間の断食をやり遂げ、体重も89キロまで落ちたのですが、回復食で1キロ増えて、ちょうど90キロ。80キロ台を何とか維持しようと散歩を続けていたようでしたが、残念ながら・・・。それでも充分に拍手を送れる32日間の療法生活でした。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食、85から78へ

・・・断食、85から78へ

 今、道場では今日で4日目の断食の日を迎えている女性がおられます。子宮筋腫に悩まれていて、少しでも小さくなれば・・と、改善を目指して来られました。
 検査では8センチほどの大きさらしく、お臍の下あたりから硬く盛り上がっていました。その上から腰回りのサイズを自ら計ってみると、85センチ。日常生活での不便さは感じていなかったようですが、改めて触ってみると、硬いし、その大きさも実感できたようです。
 そして、今日の腰回りのサイズは78センチ。お臍の下のあたりの硬さ、盛り上がりは実感できなかったようです。筋腫が小さくなっているのか、その周りの肉・・?が小さくなっているだけなのか、道場では検査はできませんが、硬く盛り上がっていたお腹周りが小さくなっているのは事実です。
 断食もさらに楽しみが増えたようで、部屋でもひとり療法を熱心に実行されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »