« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H18, 8, 21』

・・・『断食日記・H18, 8, 21』

 16日間、無事終わりました。先生、奥様、そして一緒に頑張った皆様、ありがとうございました。今回は妻(2回経験)に強く薦められて、まいりました。
 問題意識、目的は、1,心身のオーバーホール 2,体重減少 3,好奇心 でした。心身のオーバーホールという点では、初めての断食であり、何が起こるかドキドキしていましたが、結局のところ、拍子抜けするくらい順調に終える事ができました。
 体調面でも嘔吐や痛みもありませんでした。驚いたことは、期間中、ひもじい、お腹が減ったという事もなかったという事です。断食中、いっさい食欲はありませんでした。それでいて動ける、しゃべる事ができるというのは、とても不思議な事でした。回復食中、わずかの食事でも、お腹一杯になりました。
 体重減少という点では、74.0kgから67.0kg前後、マイナス7kgを達成しました。学生時代の体重に戻りました。
 最後に、生きる、暮らしの在り方、文明論、いろいろなことを改めて考えるいい機会になりました。まさに断食だけでなく、西式療法の実践道場であり、先生とお話をしながら、生物=命、人間の体のバランスなどを学んだように思います。
 今回は何よりも妻と一緒に来て、やり遂げられた事が嬉しく思います。京都に戻って、一緒に工夫しながら、健康に生きる暮らしを作っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記・H18, 8,15』

・・・『断食日記・H18, 8,15』

 この西式断食道場にお世話になろうと思いましたのは、徐々に血圧が高くなり、今年の健康診断で下の血圧が100以上、上が150くらいとなり、「ぼちぼち降圧剤を飲まないと怖いですよ」と言われ、6月初めから飲み始めましたが、どうしても馴染めず、ぜひ降圧剤を飲まずに済む体になりたいからでした。まだ、内臓脂肪も多くなり、それも解消できればという願いもありました。
 まず降圧剤については、2日目の朝、血圧測定をしていただいた折、下が85、上が124になっており、先生より「今日から薬をやめましょうと言っていただく事ができました」
 その後、今日までずっと安定しており、帰宅してもここでの生活をできる限り守る事により、降圧剤から解放される事を実感でき、本当にありがたく思っています。
 また、内臓脂肪も激減し(体重は58.2kg→52.0kg)体全体が軽快な感じで、本当にうれしく思っています。さらに背骨のすぐ横の筋肉が指で押しても固く、マヒしていた感じでしたが、その幅が狭まり、まだ柔らかくなってきた事を実感しています。まさに「体全体が若返ってきた!!」、その喜びでいっぱいです。
 終わりに、本当に丁寧に西式健康法について説明してくださり、温かくご指導してくださった先生、さらに同時期に、共に断食に取り組むご縁に結ばれ、勇気、希望、元気などをいただく事ができました皆様に心より感謝申し上げます。ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

断食道場奮闘記・・・『断食日記 H17, 9, 26』

・・・『断食日記 H17, 9, 26』

 長いようで短かった11日間が終わりました。今年の初めに会社を辞めてから、それまで月1~2回だった過食症がひどくなり、2~3ヶ月で10kg以上太ってしまいました。仕事を辞めてなくなるはずのストレスは、今度は太っている自分が原因となり、友達にも会わず、引きこもっていました。
 もちろん過食はほぼ毎日・・・胃も肝臓もボロボロでした。急激に太ったので、急に痩せたいと東京やAで断食をしましたが、4~5kg痩せても、帰ってからまた発作が出て、1週間もたたないうちに元の体重に・・・やっぱり断食でもダメなのかと思いつつも、インターネットでここを知り、駆け込みました。
 ここに来て思ったのは、過食になる原因の説明が他とまったく違っていたという事です。それに症状についての説明も、とても詳しく理論的でした。何よりここで何日か過ごすうちに、自分で感じられるようになったのです。
 皆さん書いておられますが、これからがスタートです。先生の注意を忘れずに、前のような失敗をしないように自己管理していきたいと思います。
 皆さん、本当にありがとうございました。断食道場荒らしの私から見ても、この内容で、この料金はすごく良心的だと思いました。西式の事をほとんど知らなかった私も、今ではすっかりトリコです。
 これも先生の丁寧なお話のおかげです。帰ってからも可能な限り、実践して症状を完全に治して、またメールでもいい報告ができたらと思っています。本当にありがとうございました。
 最後に・・つまみ食いしなくて、本当にヨカッタ・・!! けっこう誘惑と戦いました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

断食道場奮闘記・・・元気な断食

・・・元気な断食?

 8日間の断食をされていた女性は、ご本人も驚くほどに元気で、・・・何も普段と変わりませんが、これでいいのでしょうか、・・・と、ご本人としては元気である事に少し物足りなさを感じながらも、予定通りの断食を終えました。
 回復食に入っても相変わらずに元気で、・・・何も普段と変わりません・・・と、本当に元気なものです。
 どうも断食に対して、いろいろな反応が出て、歩くのもきつくて大変で・・・というような先入観があるようで、しかもきつい思いをしないと断食の効果も少ないと漠然と耳知識しています。そんなことは決してありません。元気に楽に断食ができる事は、それはそれでいい事です。
 しかも、現実には道場での日々を重ねて、他の人の断食の様子を実際に見聞きしてきているのに、そしてその間、二人の方以外はご自身と同じように、比較的元気に過ごしている様子を実際に見聞きしてきているのに、尚、そう思ってしまうものなのです。
 こうしたことは比較的元気に断食を終えられた方に多くみられます。しかし、断食で実際にきつい思いをすると、そうは気楽にはいかないものです。
 以前にもたびたび書いてきていますが、断食の日々の様子は、年齢に、見た目の体格に、男女の別に、症状の有無に、・・・比例するものではありません。断食をつらい思いで過ごされる方もおられます。それでもできる限り元気に、予定の断食を終えられるように、少し手助けをして応援しているわけです。
 今日の道場には断食をされている方はおられません。準備食と回復食の皆さんです。それでも明日には早速、女性が断食に入ります。一度に連続して長い入寮ができないために、お住まいが地元と言う事もあり、食事療法と2日ほどの短い断食を時間を置いて繰り返しながら、ここ1ヶ月ほど続けています。
 断食を続けた日数は足し算をしても、まだわずかに4日ほどですが、帰られてからの食生活も順調なようで、ちょうど10キロのマイナスになっています。まさに“塵も積もれば山となる”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »