« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月27日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食7日、そして10日

・・・断食7日、そして10日

 今日、お二人の男性が断食を終えました。そして、入れ替わるようにお二人の女性が断食に入られました。
 お一人は今回が初めての断食です。予定は10日間ですが、・・・10日間が終わった時点で続けられるようでしたら、伸ばしたい・・・とのご希望です。
 準備食は順調に、熱心に過ごされていて、すでに体の改善も見られて、少し安心と自信も出てきたようですが、さて・・・・まずは断食10日間です。細かく見守り、応援していきたいと思います。
 もうお一人の女性は今回が2度目の断食です。今年の春に来られて10日間の断食をやり遂げられました。体重はマイナス8.6キロ。ウエストはマイナス7cm、太ももも二の腕も小さくなりましたが、それ以上に見た目のそれ以上のスリム感に驚いていました。
 帰られてからの生活も順調だったようで、今回はさらなる大台が切れそうです。ゆっくりと見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

断食道場奮闘記・・・静かな断食道場

・・・静かな断食道場

 今日の道場は、先週から続いていた断食も、皆さん終了し、多くの方は帰られました。今週に新たに来られた方々の準備食と引き続き続いている回復食だけです。次回のブログには、何人かの方が断食をされているかもしれません。
 少しの間、静かな道場となります。

・・・『断食日記・H18, 4, 24』
 西式健康法を耳にしたのは今年の2月頃で、・・・リューマチの痛みは、別府の健康クラブという所へ行ってみたらいいよ、少しは楽になると思うから・・・と、知人に言われたのがきっかけです。
 この年齢(62歳)ですので考えましたが、家族の勧めもあり、思い切り、入寮いたしました。毎日、両腕に湿布をしても痛みがあり、寝る事もできずにいましたが、こちらへ来てから、裸療法、温冷浴、機械療法、そして食事療法を一生懸命に頑張りました。
 痛みもだんだんとなくなり、両腕も背中の方まで回るようになり、ズボンをはく時も楽になりました。また、寝た時に、右手だけが下にピタッとつかずに、いつも毛布か布団を手の下に置いていたのですが、布団なしでも下に着くようになりました。驚くやら、嬉しいやら、感謝、感謝です。
 もっと早く知っていたらと思います。リューマチを言われてから、薬を飲み始めて13年目です。その薬も今回、全部飲まずに、今日に至っております。ありがたいです。
 ありがとうございす。まじめに先生のご指導を守っていけるように努力したいと思います。そして、縁ある入寮されている皆様、いろいろとお世話になりました。お礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食道場、日々、奮闘中

・・・断食道場、日々、奮闘中

 道場では、今、4人の方が断食中です。今週にも後4人の方が断食に入ります。今年は全国的にも暑過ぎる夏が続いていますが、皆さん、暑さにも負けずに、日々、元気に奮闘中です。

 久しぶりに、H18,1,20の『断食日記』、福岡市が来られていた男性の記録です。
・・・ダイエットと体調を整えるのが目的で、冬休みを利用して来ました。断食1日のプチ断食でしたが、ズボンがゆるゆるになるほど体重が減って、4日間で4.2キロのマイナス。今はすっきりした気分です。
 2000年にタバコをやめてから、体重が1キロ以上増えてしまいました。不規則な生活も続いて、高値安定の70キロ台がここ2年ほど続いていました。体の動きが鈍く、最近は、時々のぼせるような体調不良も出てきました。
 昨年秋から、どこかで断食ができないかと探して、インターネットで見つけたのが、ここ断食道場・健康クラブです。
 道場の名にふさわしい療法プログラムだと思いました。朝昼夜の裸療法、1日2回の温冷浴療法、朝と昼に各1時間ずつ、みっちり揺すられる機械療法と、結構忙しく時間が過ぎていきます。
 次はもう少し長く過ごしたいと思います。食生活を始め、日々の暮らしを見つめ直すいいきっかけになったと思います。これからが大事ですね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

断食道場奮闘記・・・10代の断食

・・・10代の断食

 先日、高校生と中学生の姉弟が3日間の断食を終えました。お母さんは何度か来られて、断食も体験されていましたが、今回は初めて一緒に来られています。
 道場には小学生の子らも来られます。多くは難病の改善に来られるわけですが、基礎体力がまだまだ付いていませんので、体調を見ながら食事療法を中心に続けます。
 今回の姉弟は、道場での生活や断食についてもお母さんからそれなりに説明は受けていたようで、断食をやりたいとの思いで来られました。
 療法は気持ちがいいようで、準備食は楽しく、順調に過ごしていました。すでに一部の症状の改善もみられ、そのことも療法を続ける後押しにはなったようです。
 特段、気にかかるところもないため、3日間の断食を指導しました。いつでも助けの手を出そうとは思っていたのですが、その必要を全く感じさせない元気な3日間の日々でした。ご本人たちもお母さんに言われて、想定していたほどの身体のきつさもなく、少し物足りないような笑顔でした。
 ただ、表に見せる部分は楽そうでも、その実はそれなりにきつかったとは思いますが、まったくそのそぶりさえ感じさせない見事な3日間でした。
 お姉さんは今朝早く、そのまま直接、学校に行くそうで、学校の制服に着替えてひと足早く帰らせれました。普通食は食べられなかったのですが、一番楽しみにされていた味噌おじやはきちんと食べて帰られました。・・・美味しかった!!・・・そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »