« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食を体験する !!

・・・断食を体験する !!

  今、2人の女性が断食を続けています。9日間と4日間、日数は違いますが共に初めての断食です。
  お一人は今日で断食5日目ですが、断食に入ってからひたすら眠たい、眠たいと、自由時間も眠り続けていたようです。それがようやく昨日あたりから睡魔も取れて、少し散歩に出かけ始めています。・・・体調は何らきつくなく、準備食の間とあまり変わらない・・・
 もうお一人は、今日で断食2日目、今日が一番きつい頃でしょうが、こちらも何ら問題なく散歩にも出かけて、今のところ順調に過ごされています。
 お二人ともに、平均以上の元気さです。

 ・・・何も食べていないのに、不思議と元気?・・・断食を体験された方がよく言われる感想ですが、決してすべての人が・・ではありません。唯そうした人も食べ始めると、それも重湯程度のほんのわずかな量しか食べないのに、不思議と力が出てくる。これは多くの方が言われます。
 断食は、いくら本でその説明や体験談を読んでも、実際に体験することしか、その真理は分かりません。そして、それはある意味、非常識な不思議な体験なのです。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食と宿便

・・・断食と宿便

 今、四国から来られている83歳の男性が断食中です。今日で4日目、明日から回復食の予定です。縁ができて、もう10年近くなります。それまでもいろいろなところでいろいろな断食をされてきたようでしたが、最初の縁は蓄膿症の悩みでした。
 以来、体調維持を兼ねて、定期的に来られます。年だけを見れば、元気なお爺ちゃんということなのでしょうが、とてもとてもお爺ちゃんのイメージは全くありません。今回も来られてから数人の方々が断食をされましたが、しかも子供、孫と言える年齢でしたが、最も元気だったのは、このお爺ちゃんです。
 しかしそれでも初めの頃は、かなり苦労されていました。そうした中で改善の大きな転機になったのが、何回目かの断食の後の、大量の本物の宿便でした。
 ・・・真っ黒で、真っ黒で、強烈な臭さで、コールタールのようで流しても流れなくて・・・ご本人が興奮気味に言われていました。
 ・・・話には聞いていたが、これほどとは・・・その様子は道場の断食日記に感動的に書かれています。道場に来られる方の多くが、最近よく語られるようになった宿便の事に触れられますが、必ずこのページには目を通します。
 本物の宿便を語る、知る、ある意味、宿便のバイブルになっています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食中の笑顔

・・・断食中の笑顔

 今日から、富山から来られている男性が回復食に入られました。難病の克服のための断食でしたが、それなりに西式健康法の、そして断食の効果を実感できたようです。帰られてからも続けようという思いも感じられました。次は長い断食を、との思いのようです。
 道場は、今お一人の女性が断食中です。偶然ですが、富山から来られています。4日間の予定ですが、今日が断食2日目、まあ、一番きつい頃かもしれません。
 それでも何日か前に、同じ4日間の断食をされた女性がおられましたので、回復食は1日目は何が出てきて、2日目は何を食べて、3日目は・・・、そして4日目は、と回復のサンプルが目の前にありましたから、少し安心感はある事と思います。
 さあ、ひと踏ん張りです。明日の朝は笑顔が待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食の不思議さ

・・・断食の不思議さ

 2012年の道場も約3週間が過ぎました。すでに5人の方が断食を終えて、おひとりの方が断食中です。そのうち3人の方が経験者、3人の方が初めての断食体験です。
 特に初めての方は、初めての断食に対しての不安はあるようですが、準備食の間に先輩諸氏の断食中の様子や回復食に入っての様子がかなり参考になるようです。しかし残念ながら、それがそのままご自身の断食中の様子と同じというわけにはいきません。
 先輩は元気だったのに、なぜか私は少しつらいとか、つらそうだったけど私は元気とか・・・同じ療法をしているのにどうして・・・皆さん、最初は不思議に思われるのですが、よく考えてみれば当然な事なのです。
 そして、多くの元気に断食ができた方が言われます。・・・全然つらくなかった。何か断食の成果がなかったようで物足りない・・・と。しかし、改めて体の様子を聞いてみると、いろいろと改善されたところが出てくるのです。そしてそれが日常でも普通に思えてくるのです。
 私達もできる限り元気に断食ができるようにと細かな指導はしていますが、反応があったらあったで、それはそれで身に覚えのある事が多いですし、今の体の様子が実感できるわけです。そういう意味では、断食はごまかしがききません。
  
 断食は不思議な体験です。辛い思いをしている方でも何度も道場に来られます。そしてそれは実際にやってみて初めて分かる快感?なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »