« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食4日、マイナス9.2キロ

・・・断食4日、マイナス9.2キロ

 今、道場ではお二人の女性が断食中です。7日間と3日間の予定です。そして、前述の男性は7日間の断食をやり終え、今日から回復食に入りました。
 高い血糖値に悩んでいましたが、思いのほか早く、薬も抜けて、食前80前後を維持しています。体調もいいようで、入寮当時は足腰の痛みも重なり、散歩にも出られなかったようでしたが、日を重ねるにつれて、腰の痛みも軽減して、断食中も散歩を続けていました。
 そして、今年最初の断食をされた男性は、結局9.2キロのマイナスで帰られました。断食4日間、入寮11日間、平均的には5~6キロというのがいいところでしょうが、熱心に実行されていましたので、望外のご褒美をもらえたようです。
 さらに隣の部屋の住人まで聞こえていたイビキも日々小さくなり、隣人は3日ほどで聞こえなくなり、同室の方も熟睡して朝を迎えられていました。ご本人が恐縮されて渡されていた耳栓は、結局2~3回使用されただけで終わったそうです。
 ・・・今年も新しい縁が生まれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

断食道場奮闘記・・・2012年、初めての断食

・・・2012年、初めての断食

 今年最初の断食が終わり、今日から回復食です。福岡市から来られている男性で、初めての4日間の断食でした。
 成人病予備軍で、最近言うところのメタボ体型です。運動をしたり、いろいろとご自身なりに改善に取り組んだようですが、今ひとつ壁を乗り越えられずに、最後に断食を選ばれたようです。療法は熱心に実行され、生まれて初めての断食も、驚きの中で元気に終えられました。
 体重はすでに8キロ近く落ちていますが、何より日々の生活法の改善に得るものがあったようです。
 そして新たに今日から7日間の予定で、男性が断食に入りました。過去に10日間の断食もされている体験者です。少しお歳は重ねられましたが、まだまだ7日間ぐらい、マイペースで軽く乗り越えられる方です。
 今、北海道からお二人の女性も来られています。不思議と今の時期、東北や北海道の方が来られます。偶然、道場で一緒になったわけですが、お二人とも、九州自体が初めてのようで、初めての九州で断食、これも深い縁です。
 難病を改善したい、体重を落としたい、目的は少し異なるようですが、道場での療法は同じです。
 2012年の道場も、今日で8日が過ぎました。本当にいつものように、朝は裸療法の指導の声から始まります。そしていつものように、様々な方々との多くの縁が生まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

断食道場奮闘記・・・2012年、始まりです。

・・・2012年、始まりです。

 2012年は、今日が道場開きです。世間ではとっくの昔に・・・ということでしょうが、道場は一度開けると途中で閉めることがなかなかできません。その為、年末年始を少し長めの休みをいただいています。
 そして、今日が今年初めてのブログとなります。また相も変わらぬ拙い文になろうかと思いますが、道場で頑張っている皆さんの泣き笑いや断食の日常の様子はしっかりお伝えしていこうと思います。新たに1年間、お付き合いください。

 今日初めてお読みいただく方もおられるかもしれませんので、少し自己紹介をさせていただきます。
 道場は、九州の大分県別府市で『西式健康法 断食道場・健康クラブ』の看板を挙げています。始まりは先代が昭和22年に宮崎県延岡市で創設し、その後、昭和33年に別府市の今の地に移って来て以来、西式健康法、断食の変わらぬ指導を続けています。
 道場にはそれこそ老若男女、様々な人達が来られます。そして、様々な病や症状に、日夜、悩み苦しんでいる人達です。そして、何としても克服して健康な身体を得たいと願っている人達です。そして、道場では一人ひとり異なるその人だけのドラマがあります。中には私達も感動を覚えるほどの頑張りを続けられる人達もおられます。
 断食に挑戦する縁ある人達に、その頑張りと熱意に拍手を送る応援のブログでもあります。

 道場のホームページにも、断食体験者がその体験の様子を綴られている『断食日記』、そうした皆さんの頑張りと熱意を私達の目から見ての『断食道場奮闘記』という形で掲載しています。よろしければ合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »