« 断食道場奮闘記・・・尿酸値が平常になっていました | トップページ | 断食道場奮闘記・・・『断食日記・H12,12,28』 »

2011年10月25日 (火)

断食道場奮闘記・・・マイナス11キロ

・・・マイナス11キロ

 前述の5日間の断食の男性は、11キロのマイナスで帰られました。平均からみると、大幅に落ち過ぎくらいの数値ですが、療法も熱心にこなし、回復食に入っても時間を惜しんで歩いていたようですから、これもご褒美でしょう。
 道場は減量だけが目的ではありませんが、健康の身体を得るための大切な要因ではあります。
・・・もう二度とこんなに肥えたくはない、・・・その思いで、日常の生活でも西式健康法を続けられていかれると思います。


『断食日記・H12,10,28』
 道場での療法中は、一方ならぬお世話になり、遅ればせながら厚く御礼申し上げます。早いもので9月10日に30日間の療法を終え、今日で1ヶ月半が過ぎました。帰宅10日後、大学付属病院で採血、血液検査を行いました結果、その数値がやっと判明、近況と合わせて状況をご報告いたします。
 体重は入所前79キロ、療法後69キロ、現在67キロとマイナス12キロを維持しております。断食を思い立った発端は、2年前から膝痛がひどくなり、歩行に支障をきたすようになり、何とかもうしばらく好きなゴルフを続けたいとの思いで、減量による膝の負担の軽減による改善が一つと、次いで長年の暴飲暴食による生活習慣病が治せたらとの思いで、断食を決心したものです。
 膝は減量による間接的な改善効果しか期待していませんでしたが、膝そのものが随分と良くなり、1時間程度の歩行は支障なくでき、予想外の成果に驚き、喜びです。
 生活習慣病は断食前の高血圧、高コレステロール、高尿酸値などの症状で5~6種類の薬を飲んでおりましたが、療法開始3日目以降は服用をやめ、採血検査の結果はすべて基準値に入り、現在も服用を中止し、久しぶりに薬のない生活がおくれ、喜んでおります。
 この他の予想外の成果として、数年前かに風邪をこじられてアレルギー性慢性鼻炎と診断され、3回目の治療中でありましたが、入所1週間後には完治していることに気がつきました。また、両腕、背中の皮膚のブツブツが減り、滑らかになった事、痩せて皺は増えましたが、皮膚がきれいになったと言われ、嬉しさ半分の気分ですが、結果は当然マルと判断すべきでしょう。
 私にとり、今回の経験は良いことづく目で、そのチャンスとご指導してくださった道場並びに先生に感謝感謝です。今後とも予防と治療でお世話になることと思いますが、よろしくお願いいたします。

|

« 断食道場奮闘記・・・尿酸値が平常になっていました | トップページ | 断食道場奮闘記・・・『断食日記・H12,12,28』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/42680986

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・マイナス11キロ:

« 断食道場奮闘記・・・尿酸値が平常になっていました | トップページ | 断食道場奮闘記・・・『断食日記・H12,12,28』 »