« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月25日 (火)

断食道場奮闘記・・・マイナス11キロ

・・・マイナス11キロ

 前述の5日間の断食の男性は、11キロのマイナスで帰られました。平均からみると、大幅に落ち過ぎくらいの数値ですが、療法も熱心にこなし、回復食に入っても時間を惜しんで歩いていたようですから、これもご褒美でしょう。
 道場は減量だけが目的ではありませんが、健康の身体を得るための大切な要因ではあります。
・・・もう二度とこんなに肥えたくはない、・・・その思いで、日常の生活でも西式健康法を続けられていかれると思います。


『断食日記・H12,10,28』
 道場での療法中は、一方ならぬお世話になり、遅ればせながら厚く御礼申し上げます。早いもので9月10日に30日間の療法を終え、今日で1ヶ月半が過ぎました。帰宅10日後、大学付属病院で採血、血液検査を行いました結果、その数値がやっと判明、近況と合わせて状況をご報告いたします。
 体重は入所前79キロ、療法後69キロ、現在67キロとマイナス12キロを維持しております。断食を思い立った発端は、2年前から膝痛がひどくなり、歩行に支障をきたすようになり、何とかもうしばらく好きなゴルフを続けたいとの思いで、減量による膝の負担の軽減による改善が一つと、次いで長年の暴飲暴食による生活習慣病が治せたらとの思いで、断食を決心したものです。
 膝は減量による間接的な改善効果しか期待していませんでしたが、膝そのものが随分と良くなり、1時間程度の歩行は支障なくでき、予想外の成果に驚き、喜びです。
 生活習慣病は断食前の高血圧、高コレステロール、高尿酸値などの症状で5~6種類の薬を飲んでおりましたが、療法開始3日目以降は服用をやめ、採血検査の結果はすべて基準値に入り、現在も服用を中止し、久しぶりに薬のない生活がおくれ、喜んでおります。
 この他の予想外の成果として、数年前かに風邪をこじられてアレルギー性慢性鼻炎と診断され、3回目の治療中でありましたが、入所1週間後には完治していることに気がつきました。また、両腕、背中の皮膚のブツブツが減り、滑らかになった事、痩せて皺は増えましたが、皮膚がきれいになったと言われ、嬉しさ半分の気分ですが、結果は当然マルと判断すべきでしょう。
 私にとり、今回の経験は良いことづく目で、そのチャンスとご指導してくださった道場並びに先生に感謝感謝です。今後とも予防と治療でお世話になることと思いますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

断食道場奮闘記・・・尿酸値が平常になっていました

・・・尿酸値が平常になっていました

 先日帰られた男性から、メールが届いていました。
・・・さきほど血液検査に行ってきました。尿酸値が平常になっていました。ありがとうございました。・・・
 7日間の断食でしたが、12.2キロのマイナスでした。時間があれば、歩いているようでしたが、道場でも平均以上の数値です。日々、顔や体が絞られていくのが、ご本人も驚き、嬉しかったようで、免許書の顔写真を皆さんにも見せて、しきりに見比べていました。
 今日、皆さんが話されていましたが、・・・検問などで免許書の提示を求められたら、よく見ないと別人と間違われるかもしれない・・・と、冗談半分ながら話が盛り上がっていました。
 ちょうど同じような体系、体重の男性ですが、昨日、5日間の断食を終えて、マイナス8.2キロ。やはり平均以上で十分すぎる数値ですが、その12.2キロが頭にあったらしく、それを目標としていたようです。ご本人が一番わかっているようですが、8.2キロも充分すぎる数値です。
 今日、新たに男性が5日間の断食に入りました。9年ぶりの2回目の断食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

断食道場奮闘記・・・ついでに体重も落としたい

・・・ついでに体重も落としたい

 先週からの1週間で前述の3人の女性は断食を終え、新たに数人の男女が2日間の断食をやり終えました。今日帰られた男性も2日間の初めての断食でした。少しの気分転換と一度断食というものをやってみたくて、そして、ついでに少し体重も落としたいとのことでした。
 爽快な気分転換にはなったようですし、断食も何ら問題なく終えたようですし、そして体重はマイナス5キロ、ズボンのベルトの穴がなくなるくらいすっきりしました・・・と。


『断食日記 H12,9,10』
 はるばる大阪から別府まで12時間かけて、船の旅。「断食道場」って、どんな所なんだろう?
と、不安な気持ちでやってきました。
 初日はさすがに疲れて、空き時間中はずっと寝ていました。けれど2日目からは、先生の指導のもと、持参した万歩計と共に毎日1万5千歩から2万歩を歩いていました。もちろん散歩中もペットボトルを持ち歩き、毎日2リットルのお水と柿茶をゴクゴク飲んでいました。
 それがよかったのか、断食中も、回復食の時もすこぶる体調は良く、ちょっとしんどいくらいでした。メインテーマの減量も、毎日1キロずつ減っていき、結局6.5キロ減りました。お肌もツルツル。
 食べられなかった辛さもあったのですが、体重計に乗ることの喜びはそれよりももっと大きかったです。私の場合は、元の体重が多かったということもありますが、1週間でこんなに減るとは!
むくみと宿便って、ホントに怖いですねぇ。
 体重が減った事実と共に、準備食の段階から、先生がこの減り方を予想していらっしゃったことにもホントに驚きです。・・・

 今は日常生活に戻って1週間ぐらいですが、先生のおっしゃったように体重は少しリバウンドしたものの、先生の指導を思い出し、日々、気をつけています。
 ・・・で、そのリバウンド分も元に戻りました。今は、結局マイナス6.5キロを維持しています。これからもこんな感じで、ご指導を忘れないように生活を続けていき、減量だけでなく、健康にも注意していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

断食道場奮闘記・・・3人の女性が断食

・・・3人の女性が断食

 今、道場では3人の女性が断食中です。共に今回が初めての断食です。準備食の間は断食におっかなびっくりの様子でしたが、今日までのところはご本人も驚くほどに元気なようです。
 ダイエットに冷え性改善に、そして難病克服。目的は様々ですが、することは皆さん同じです。


『断食日記・H12,9,3』
 別府での3週間は、今、思うと早かったです。自分の体、健康について、いろいろ勉強になりました。食べなくても元気なんだとしみじみわかりました。いろいろとありがとうございました。
 帰って来てから約2週間、思った以上に、先生に教えていただいたことを自分なりに実行しています。・・・道場での3週間の生活で、生活のペースができたようでよかったです。
 以前は何もしてなくても、朝・昼・夜と食事の時間になると食べなくちゃ!と思う気持ちがあって、ついつい食べ過ぎていたのですが、今は食べなくても大丈夫と思えるようになりました。
 ・・・といっても、帰って1週間は、ガ~ンというくらい体重が増えました。食事も気をつけて、運動もしているのに、身体が吸収し過ぎるように、ちょっと食べるとド~ンと体重が増えてました。せっかく痩せたのに、と思っているのに、一時期は3キロも戻ってしまって、ショックでした。
 帰る時、先生が「少しは体重が戻るけど、まあ2キロぐらいまでかな・・・」と言われていたのに、あっと言う間にオーバー。でも、絶対食べ過ぎとかはしてなかったので、このまま続けていけば体もわかるだろうと思っていたら、また体重が落ちて来ました。そして今は、断食が終わった時と同じ体重です。ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »