« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月26日 (火)

断食道場奮闘記・・・さらに新たに、断食3日、-5.2キロ

・・・さらに新たに、断食3日、-5.2キロ

 昨日、3日間の断食をされた女性が帰られました。幼い頃よりアトピーに苦しめられ、さらにステロイドの副作用にも悩み、強い思いで脱ステロイドを決心されたそうです。しかし、何度か失敗を繰り返し、ようやく、最近になって何とか乗り越えることができたそうです。それと共にアトピーも不思議と改善されているそうです。
 それでも1~2年に一度、大きく症状が現れ、まだ体の中には因子が残っているとの思いがあり、今回の断食になったようです。
 断食2日目はかなりダウン気味でしたが、それを乗り越えるとご本人も驚くほどに体調も改善し、3日間の断食を終えました。もう少し日にちがあれば、やりたい・・・との思いも言われていましたが、3日間でも望み以上の結果でした。
 体重も-5.2キロ。ご褒美にはなったようです。


『断食日記』H11,6,27
 特別、悪いところがあったわけではないのですが、肥満で。最近では過食気味で、自分ではどうしていいのか、わからない時に、インターネットでここ、健康クラブを知り、もともと断食はしてみたかったので、思いきってメールを出してみたのが始まりでした。
 初めの内はもう、とにかく、時間が過ぎてくれず、1日が2日、3日のように感じ、はっきり言って嫌でした。それが断食4日目頃を過ぎるまで続き、その後は気持ちが楽になり、だからといってピンピンしていたわけではなく、体はだるくてだるくて、とにかくダルい。
 でも、断食最後の日は、あと何日か、続けられそうな気持でした。後は早かったです。あっという間に残り1週間が過ぎてしまい、今日、お家に帰ります。この3週間、すごく楽しく過ごせることができました。今朝は、最後の散歩に3人で近くの神社まで行きました。
 お家に帰れる嬉しさと、皆さんとのお別れの寂しさ。ちょっと,寂しいかな。いろいろと考えずに断食をやってよかったです。いろいろな事がわかりましたし。
 先生、皆さん、ありがとうございました。家に帰ってからも、続けていくつもりです。
えっ! 私ですか?、美人になって帰って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

断食道場奮闘記・・・新たに、断食2日、-6キロ

・・・新たに、断食2日、-6キロ

 17日、やはり2日間の断食を終えた女性が帰られました。いろいろと体の不安を抱えておられましたが、当面は鼻炎と不眠が悩みの種でした。
 そして、何よりの悩みが体重の増加、・・・少しでも体重を落としたい・・・今回の最大の目的でした。初めての入寮でしたが、本当に熱心に実行されていました。日を追って、顔、お腹周りが絞られていき、結局、断食2日で-6キロ、ご本人としても望外の数字だったようです。
 ただ、前述しましたように、本当はそれからの落ちる100グラムにより大きな価値があるのです。・・・できれば1日でも、2日でも断食を長くやってほしい・・・と願うのですが、だからといって、落ちた6キロが全く意味のないものではありませんし、何にでも始まりはあります。その事もご本人も充分にお分かりになったようで、・・・後は帰ってから、西式健康法を実行して体重を落とします・・・との強い熱意を感じました。
 ついでながら、同じ時期に、断食はできなかったのですが、5日間の食事療法で-5.2キロ。 
元々余分なものが多かったといえばそうなのですが、やはり、顔もお腹周りも絞られて小さくなり、ご本人も望外の喜び様でした。


『断食日記』H8年5月
 唯『おどろき』の一言に尽きる。

・・・懐かしい方です。この一言しか書かれていません。確かリュウマチで悩んでいました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食2日、-4.4キロ

・・・断食2日、-4.4キロ

 前述の女性は、回復食に入ってもさらに800グラム体重を落として、-9キロまでいきましたが、今日の時点で少し戻して-8.6キロです。
 ・・・大した量は食べていないのに、お腹はいっぱいだし、前にも増して元気に歩けるし、消化吸収力が良くなっているんですね・・・何か感心していました。

 先日、帰られた女性は2日間の断食で、-4.4キロ。ご本人は喜ばれていました。しかし、本当はそれから落ちる100グラムにより大きな価値があるのです。当然ながら、身を削るようにして落としたものはあるでしょうが、4.4キロの中の多くは余分なむくみであり、余分な便なのです。
 しかし、それはそれで重要なものですので、腹周りは小さくなり、顔も絞られてきます。ただ、私たちの立場で言えば、ぜひその後の何日かの断食をしてほしいなぁ、そして身を削るようにして体重を落としてほしいなぁ・・・というのが常に思う願いです。
 そして、そうした思いは分かっていただけることが多く、彼女も・・・もう何日かは断食はできそうですし、2日で止めるのはもったいない気がします。次は長い断食ができるように来ます・・・と言われていました。

『断食日記』H7,2,12 東京都H・S
 8年間、10人の医者の見てもらって、まるで治らなかった原因不明の皮膚病が、今日、だいだい治り、退寮します。後は自己ケアーが大切。今から始まるのです。
 今、不安でいらっしゃる方、きっと大丈夫です、びっちりやることをやれば。先生の言うことを忠実に守り、よく聞いてください。何でも質問しましょう。丁寧に答えてくれます。それでは頑張りましょう。やるっきゃないんです。ご健闘をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食8日、-8.2キロ

・・・断食8日、-8.2キロ

 前述の女性は回復食に入ってさらに最高で400グラム体重を落としていましたが、ここ3、4日は200グラム前後の増減を繰り返していました。結局、帰られる時は200グラム戻して、トータルで-8.4キロで帰られました。
 ベルトの穴は3つ小さくなったようですが、腰回りや太ももはそれ以上の感覚のようです。
・・・二の腕がかなり小さくなって、肋骨の骨もつかめるようになってる、パンパンに張っていたジャージがかなり皺ができている、・・・いろいろと嬉しそうに体の変化を話していただきました。
 そして、終わりに微笑ましい話です。来られた頃に、話の中で、帰られる時に厚化粧にならないようにと、説明?していたのですが、その事を覚えていたらしく、今日のお化粧は、・・・かなり意識して薄めにつけましたが、それでも少し厚めでした。本当に肌が滑らかです。・・・皆さん、思わず大笑いでした。本当に、熱心に実行された26日間でした。
 そして、今日、新たに8日間の断食の最終日を熊本からの女性が迎えました。明日から回復食です。最初は7日間の断食だったのですが、7日目を迎えても体調もよかったので1日延ばして8日間の断食です。
 準備食の間も、断食の初めの頃もなかなか望むように体重が落ちずに少し不安だったようでしたが、今日で-8.2キロ。気がつくと、減量の平均数字になっていました。しかも昨日1日で600グラムほど落ちて、結果、いっきに大台の数字を下回っていました。
 明日から回復食ですが、明日の朝はどうなっていますか・・・。今日も元気に散歩に出かけられていましたので、おそらくご褒美があると思います。・・・笑顔が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »