« 断食道場奮闘記・・・愛すべき『断食日記』 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食9日、-8.2キロ »

2011年6月21日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食10日、-13キロ

・・・断食10日、-13キロ

 東京から来られている男性は今日から回復食です。10日間の断食をやり遂げられました。今回が確か3回目の断食ですが、以前は最長7日間でしたので、ぜひ10日間の断食をやりたいとの強い思いもあり、今回の少し不安を持ちながらの断食10日間でした。
 お家族も皆さん、道場での断食を体験されていて、家でも西式健康法を続けられていたようですが、・・・体調はいいのですが、少し食べ過ぎてしまって、・・・体重と血圧と血糖値が上がってきたようです。
 血圧も血糖値も心配されるほどの数値でもなく、準備食の間に数値はすでに正常値に戻りましたが、体重は少し絞る必要がありました。ご本人も体重が一番の目的だったようです。
 来られた直後の何日かは1日1キロ前後のペースで落ちていき、断食中は1日500グラム前後のペースで落ちていました。
 体重のことはやはり要望の多いことですので、よく皆さんに指導しますが、落ちた体重もただ単に数字だけではないのです。最初に落ちる数キロよりもその後に落ちる何グラムの方がはるかに価値があります。まさに身を削るような何グラムなのです。そうしたことは便の色にも表れてきます。よく言うところの宿便というやつです。
 断食中は何ら問題なく、注意する点もないような毎日でした。早朝から自ら玄関の鍵を開けて散歩に出かけられていました。最初は10日間の断食に少し不安もあったようでしたが、断食に入ってからすぐに不安も消えていました。
 体重も今日でマイナス13キロ、回復食に入ってももう少し落ちるでしょうから、・・・楽しみです。ここ何日か雨が続き、散歩にも出かけられてなかったようでしたが、今日は久しぶりの快晴で、さっそく散歩に出かけられていました。見ると、来られた時にはいていたジーパンはブカブカで、ベルトの穴が3つほど小さくなっていました。
 ・・・13キロも落ちれば当然ですよ・・・と、嬉しい苦笑いでしたが、そうは言っても13キロを実感した瞬間です。

・・・H4,3月の『断食日記』です。
 本日、ようやく退寮です。入寮したのが2月12日の厳寒の時期でしたが、約1カ月半の間にもう春になりつつあります。
 過ぎてしまえば短かったような気にもなりますが、途中15日間続けた断食療法は、やはり思い出深いものがあります。今のような飽食の時代に浸り、自分の体の中に病気を作ってしまったわけですから、自業自得と言えばそれまでですが、自分の中の生命力を信じ、西式で努力すれば回復は可能だと確信しました。

|

« 断食道場奮闘記・・・愛すべき『断食日記』 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食9日、-8.2キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/40493310

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・断食10日、-13キロ:

« 断食道場奮闘記・・・愛すべき『断食日記』 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食9日、-8.2キロ »