« 断食道場奮闘記・・・『断食日記』H23,2 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食10日、-13キロ »

2011年6月15日 (水)

断食道場奮闘記・・・愛すべき『断食日記』

・・・愛すべき『断食日記』

 道場には『断食日記』と称したノートを置いています。休憩室において、皆さんに断食の想いを自由に書いてもらっています。
 断食道場・健康クラブは、昭和22年に宮崎県延岡市に創設され、別府の現在地に移ったのは昭和33年になります。ついでながら書き添えますと、交通の利便性と何より温泉を求めてのものでした。以来、別府のこの地で、その当時から変わらぬ豊かな温泉と共に西式健康法・断食の指導を続けています。
 実は『断食日記』ができたのは、まだ最近で、平成4年のことなのです。ちょうど東京から来られていた雑誌編集者の男性が、初めての断食をする不安感からか、・・・何か体験者の生の声が聞けるものがあればいいなぁ・・・とのつぶやきがあり、それなら作りましょう、ということでノートを初めて置くようになったのです。
 そして、それなら、まずは言いだしっぺでもありますので、その方に記念すべき第一号の日記を書いてもらったわけです。ですから、『断食日記・1』の最初のページの書き出しの日記がその方のものです。以来、『断食日記』も皆さんに書き綴られて、7冊になりました。
 それこそ道場に来られる老若男女の皆さんの熱き想いがいっぱいに詰まっています。今では皆さんの愛すべき愛読書です。ご自身と同じような症状で悩んでいる日記を探したり、断食中の様子をいろいろと参考にしています。特に断食初めての方には貴重な資料となっています。
 今までの体の辛さや道場での頑張りを直に見知っている私達が読んでも、こみ上げる感動を覚えるものも少なくありません。
 それでも『断食日記』に書かれている断食例は、道場に来られている方々の数からみれば、わずか1割にもなりません。さらに最もつらい難病を克服した断食例は、残念ながらその多くは書かれていません。それでもそうした断食例は私達の記憶の中に鮮烈に残っています。せめて縁があって来られた皆さんには、そうした鮮烈な、ある意味不思議な断食例は伝えていこうと思っています。
 今回、久しぶりに『断食日記』を読み返してみました。その当時のことを改めて思い出すことも多くあり、その中のほんの少しをしばらくの間、ご紹介していこうと思います。

 道場では、東京から来られた男性が10日間の断食に挑戦しています。今日で断食4日目です。体重は早くもマイナス8.6キロ、体調も良好です。さて、どうなりますか。

|

« 断食道場奮闘記・・・『断食日記』H23,2 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食10日、-13キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/40400774

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・愛すべき『断食日記』:

« 断食道場奮闘記・・・『断食日記』H23,2 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食10日、-13キロ »