« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

断食道場奮闘記・・・アトピー、明日から断食。

・・・アトピー、明日から断食。

 今、アトピーで悩んでいる女性が来られています。小さい頃からの症状で、ひどくなるとステロイドを使う、よくある状況です。そして、数年前から症状がひどくになり、ステロイドを使っても改善できず、精神的にも不安定になっていったようです。
 ご本人も心配されていた薬も準備食の間に何ら問題なく止められて、予定では明日から断食に入ります。アトピーの症状も、痒みも少し楽になり、皮膚の剥がれも多くなってきましたが、まだまだ気になる程でもありません。今日までのところは、指導した療法も積極的にこなし、ご本人にも少し笑いが出てきました。
 生まれて初めての断食、どうなりますか、その変化を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記』・腰痛です。

・・・『断食日記』・腰痛です。

 昨年の夏に来られていた男性の『断食日記』です。

・・・入寮2日目に持病の腰痛か出て、しっかり歩けなくなった時は大丈夫かなぁと心配しました。でも、湿布、機械療法、温冷浴などをするうちに徐々に腰の痛みが取れていき、これなら何とかなりそうだと思ったものです。
 一番痛かったのは2日間でしたので、断食中の痛みなどは2日我慢すれば、後は徐々に良くなっていくのかなぁと感じました。腰の痛い時に温かい言葉かけや手助けをしてくださった皆さんにも助けられました。
 断食中は4日目が一番体がだるかったです。1~3日目まではあまりだるさを感じませんでした。回復食に入ると、日ごとに力が出てくるような感じでした。味噌おじやがとても美味しかったです。
 ここで改善できた体をできるだけ保てるように、明日から努めようと思います。ありがとうございました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記』・肥満の解消。

・・・『断食日記』肥満の解消。

 今年の春に来られていた女性の『断食日記』です。4日ほどの入寮でしたので、食事療法だけの療法でしたが、短い日数ながら得るところはあったようでした。西式健康法はあくまで日常の生活法にすぎません。ただその中身が少し違うわけです。少し日常生活を改善しようという思いにはなったようでした。体重も4日間でマイナス2.1キロ。

・・・入寮の目的は、下腹部のみの肥満と体重の増加の解消です。
 長年太らないことをいいことに、好きな物を好きな時に食べ放題。家族の帰宅も遅く、夕食の準備も、食べ始める時間も遅く、夜の10時から食べたりしていました。週に一度のランニングは続けているものの、その運動量では徐々に脂肪を蓄積していった。
 自分で何とかしようとしても無駄な抵抗のように感じたので、断食をしてみてはどうかと思い、探してみて、ここに行き着いた。この際、体の中からきれいにしたいと思ってこちらに来たわけですが、私の選択は適切だったと思う。
 日常生活が乱れていたので、それを正すよい機会になったと思う。トイレにあまり行きたくないので、普段から水分をあまりとらなかったし、毎日、しっかり3食を食べないといけないと思っていたし、体に良くないことを平気で長年続けていたわけですから・・・・。
 少ない食事量でも充分体が動くのだとわかったし、自分の本来持つ力も発見できたので、良かったです。短い間でしたが、一緒に時間を過ごした入寮者の皆さん、ありがとうございました。有意義に過ごせました。一応、また来なくてもいいように、生活スタイルを見直します。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

断食道場奮闘記・・・ニューヨークからの待ち人

・・・ニューヨークからの待ち人

 つい先日、アメリカ、ニューヨークから来られていた女性が帰られました。日本人です。24歳の時に初めてニューヨークに仕事で行かれ、以来40年ほどのニューヨーク、マンハッタンの住人です。
 今年の初め頃に、突然、『アメリカのニューヨークから電話しています。9月にそちらで断食をしたいのですが、できますか、・・・』と、英語ではなく、よくわかる日本語でお電話をいただきました。
 その時は長話もどうか、と思い、後でメールで連絡します、ということだったのですが、メールアドレスを聞き間違えたようで、繋がらない。先方からもメールも電話も来ないので、確認の仕様もない。それでも、もし日本にまで来られて部屋がないというわけにもいかないので、部屋だけは確保していました。
 予定の9月になっても連絡は来ないし、そうしてる内に予定日も過ぎてしまって、結局、中止になったのかな、と思っていた矢先、また突然に電話が入り、10月に行きます、との連絡。
 いろいろとお話を聞いてみると、いろいろと体調不良の様子で、ご自身でも断食に興味があって、アメリカでもそれに近いところはあって体験しているけれど、本格的な断食がしたいとのお話でした。
 ・・・ニューヨークでも西式健康法を実践する・・・と、できる多くのことをマスターされて帰られました。

 そういえば、今年は、2月にもオーストラリアから母娘お二人が来られていました。こちらも元、日本の方です。よくわかる日本語で話していただけました。断食に関心があって、探して探して見つけました、との最初にいただいたお電話での話でした。
 それでも初めの内は、断食道場ですが、断食だけではない他の療法にかなり戸惑っていました。何日かして、療法の効果を感じられるようになってきて、そうした不安もなくなっていましたが、その頃は・・・もう、帰ろう・・・と、思っていたらしく、後になって、雑談の中に必ずその事が出てきて、ご本人も含め、皆さん、高笑いでした。

 そういえば思い出しましたが、ホームページを開いて、初めて海外から頂いたメールは中近東のドバイからでした。もう10年にはなると思いますが、ドバイで働いておられた石油関連のお仕事の男性だったと記憶しています。何日かの断食をされました。やはり、よくわかる日本語で話していただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食日記

・・・断食日記

 10月に来られていた女性の断食日記です。
長い間、頭痛に悩み、苦しんでいたようでした。薬無しでは、という毎日だったようですが、それもだんだん効果が薄れてきて、飲んでもあまり変わらない、・・・不安な日々だったようです。
 子宮筋腫もこぶし大ほどの大きさで、服の上からも明らかな固さと大きさでした。

・・・長い間、頭痛で苦しんでいました。病院での検査や薬で過ごしていました。こちらでの療法を受けるようになり、少しずつ頭痛も軽くなり、こぶしくらいの子宮筋腫もほっておいたのですが、だんだん小さくなってきました。
 そして、断食1日目、頭痛もなくなっているのに気がつき、スッキリした気分でした。断食中は立ちくらみだけは注意して、2日目、3日目と、いっぱい歩いて過ごしました。
 回復食を食べると、力がだんだん戻ってきて、これから元気に帰れるんだと、とても嬉しかったです。体操もたくさんしました。水のお風呂も頑張りました。散歩もたくさんしました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »