« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

断食道場奮闘記・・・道場は、源泉かけ流し?

・・・道場は、源泉かけ流し?

 全国的にでしょうが、別府も今日はかなり寒い1日でした。こういう寒い日は、有名な別府の湯けむりが一段と強く高く立ち昇ります。
 道場も、当然ながら天然温泉です。来られた方に教えていただきましたが、最近、雑誌でよく見かける『源泉かけ流し』ということのようです。要は地下深くの源泉から湧き出ている、汲み上げている温泉を、そのまま使っている、かけ流している、ということのようです。
 道場では、ただ浴室の蛇口をひねれば、そのまま浴槽の真下、地下110メートルの地球の温泉源泉から心地よい温泉をくみ上げてくれます。ちょうど43度ほどです。
 道場では温冷浴という入浴をします。ほとんどの方が初めて体験ですが、するほどにお湯だけの入浴以上の、その心地よさがわかってこられます。それでも最初の頃は、特にお湯の温度が低いとなかなか暖まりにくいものです。今日のような気温の時はまさにそうです。
 ・・・ぬるかったら、お湯をどんどん出して、熱くして入ってください・・・いつも言っているのですが、浴室からお湯の音が聞こえないことが多くあります。普段、沸かし湯を使っている方はどうしても、つい遠慮して…ということをよく聞きます。お湯を出しても、チョロチョロしか出してなかったり、出してもなかなか熱いお湯が出ないので・・・ということもよく聞きます。
 温泉をタンクにためて再加熱しているわけではありませんので、蛇口を開いて、始めに出てくる温泉は地下源泉にたまっている熱い温泉ではなく、温泉をくみ上げるためのパイプの中にたまっている温泉ですから、時間がたてば、温度も下がってきます。それを出してしまった後に源泉の熱い温泉が出てくるのです。だから、出し続ければいいのです。
 ・・・遠慮なく、どんどんお湯を出してください・・・今日は何回、言いましたか。温冷浴は本当に心地よいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

断食道場奮闘記・・・『断食日記』

・・・『断食日記』

 道場に置いています『断食日記』に書かれていました。

・・・アトピー治療のため、今回で3回目です。
1回目はH20年6月、28日間、断食6日。
 来た時は、全身の炎症がひどく、体を動かすのが痛いほどでした。3日目くらいで顔と体のむくみ が取れ、準備食中から顔と体の赤みが少しずつ治まってきました。断食が終わる頃には、赤みはほ ぼ取れました。痒みも日に日に楽になって、夜も眠れるようになりました。

2回目はH20年9月、14日間、断食6日。
 家に帰ってから、食べる量が増えてしまい、顔、胸、腕がまた真っ赤になってし  まいました。ただ 前回よりも肌は少し丈夫になったようでした。回復のスピードも前回より早かったように思いま  す。1回目もそうでしたが、ビックリするぐらい皮がむけていきます。普通の人の肌にはまだまだ 遠いですが、前回と同じ程度に、炎症と湿疹はほとんど治りました。

3回目はH21年9月、9日間、断食3日。
 昨年と比べて、かなり肌は丈夫になり、顔、首から肩、胸にかけての炎症、腕の関節と膝の裏に湿 疹が残っていました。断食3日でどこまで回復するかな・・と思っていたのですが、赤みも湿疹も ほぼなくなりました。自分でも驚くスピードです。
  この1年間、正直、何度も脱線して食べ過ぎたり、甘いものを食べてしまったりして、悪化した ことがあったのですが、西式でよくなったのを身をもって体験しているので、続けることができま した。まだ完全に良くなったわけではないので、これからも頑張っていきます。アトピーの方、続 ければ必ず良くなります。脱線しても落ち込まないで、まだ新しくスタート!と思って続けていきましょう。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

断食道場奮闘記・・・わぁ、きれいになったねぇ

・・・わぁ、きれいになったねぇ

 何か今年は特段にアトピーで悩んでいる方が多いということでもないのですが、・・・。

 岡山から来られている女性は、今回で4回目の断食です。最初は3年前、以来いつも今の時期に毎年来られます。
 『・・・おばあちゃん顔のようにしわくちゃになってしまいました・・・』最初に来られた時に、悲しそうに言われた言葉で、今も覚えています。食べると症状が出たり、かゆみが増すために、次第に食べれなくなり、体重も40キロを切っていて、体力的にもかなり落ちていました。
 最初の予定では10日間の断食という説明をしていたのですが、実際にお会いしてみると、とても断食そのものができそうな状況ではなく、準備食も少しメニューを変えて、その間の療法でどこまで改善できるか、少し様子を見ることにしました。
 結局、6日間の断食をやり遂げたのですが、本当によく頑張った6日間でした。皮膚がかさぶたのように剥がれ、蒲団から離れるときは常に粘着ローラーでふき取る、それも一度動かしただけで、ローラーにかさぶたが張り付いて2度目は使えない。そんな日々が続いていました。
 それでも・・・体重は落ちていくのに、体的には楽です・・・体重も断食中は33キロほどまで落ちていましたが思いのほか元気で、断食中も動けなくてということでもなく、療法は普通にこなし、休憩時間はひたすらご自分で一人療法、そして短い時間でもプチ散歩。本当によく頑張りました。

 そうして終えた初めての断食体験でしたが、帰られてからも指導した西式健康法をできる限り実行されたようです。それから1年に1回、来られます。さすがに最初の入寮は、症状を見るに見かねて会社の上司や同僚の方々の思いやりで取れた1ヵ月間だったようですが、2回目からは症状も改善され、日程をやりくりしての10日ほどの入寮です。
 毎回、改善の成果を見せてくれていましたが、特に今回、お会いした時に思わず「わぁ、きれいになったねぇ・・・」、つい正直に言ってしまい、彼女も嬉しそうな笑いで返してくれました。
 このことは何か、そう、デジャヴを見た思いでした。そうです、前述した鹿児島から来られた女性の経過と同じなのです。そしてさらに、皮膚もきれいになり、かゆみもなくなったものだから、ついつい食べ過ぎていました。本当にここまで一緒でなくてもいいのですが、まぁ、これが自然の流れかもしれません。
 ただ、食べ過ぎたといっても、お二人とも以前があまりにスリムでしたので、今ぐらいの体重が女性としても標準なのでしょうが、少しスピードが速すぎたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

断食道場奮闘記・・・希望体重は何キロ?

・・・希望体重は何キロ・?

 今、20歳過ぎの女性がおられます。今回で3回目の入寮です。最初は2年前でした。とにかく体重を落としたいとの強い願いでした。
 お仕事のため、あまり長い日程での断食もできず、3日ほどの断食でした。以来、1年に1回のペースで来られます。
 そして今回。まったく驚いてしまいました。別人のようなスリムな顔で、思わず、
・・・ずいぶんスリムになったね・・・
 すると、彼女からは
・・・そうですか、最近、肥え始めてしまって、また来ました・・・
 今の体重を普通のことのように話されます。かつては過食と嘔吐を繰り返して、とにかく食べることが好きで、食べだすと止まりません、と悩んでいたことを思い出します。
 体重を聞いてみますと、前回帰られた時よりもさらに4キロも落ちていました。帰られてから、少しのアップ、ダウンはあったようですが、ようやく安定してきたようです。そして今の数値は2年前の最初の日からみれば、マイナス16キロです。
 ・・・希望は何キロまでにしたいの・・・と、聞いてみると、
 ・・・身長からみれば、後3キロほどですか。・・・
今回は1日だけの断食ですが、さてどうなりますか。微妙な数値です。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »