« 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食後、家での食事。 »

2010年8月18日 (水)

断食道場奮闘記・・・匂いだけでもかがさせて…

・・・匂いだけでもかがさせて・・・

 今日、食事中に期せずして大拍手が起こりました。今日から味噌おじやの方がおられて、それが運ばれてきたからでした。ご本人はもちろん、他の方も待ちに待っていたわけです。写真を撮り、匂いをかがさせてもらったり、大盛り上がりでした。

 それにしても何故に、たかが味噌おじやくらいで拍手なんて・・・とお思いかもしれませんが、断食を終えられた方々にとっては、されど味噌おじやなのです。

 ただ、いつも味噌おじやが出てくると、拍手・・というわけではありませんし、逆に拍手自体が珍しいことかもしれません。ちょうど今は、同じような年齢で、同じような断食日数の方ばかりですので、そういう雰囲気なのかもしれません。
 それでも拍手まではいかないまでも、断食後の玄米重湯、玄米粥、そして味噌おじやと食事メニューが変わっていくたびに、感嘆の声は上がります。味噌おじやどころか、玄米粥でも、です。
 そして、特に味噌おじやは、断食後の食事メニューの、ある意味、ゴールみたいなものですので、たとえ自分の食事でなくて、他の人のメニューであっても、・・・よく頑張りました、私ももうすぐ食べられます、ご褒美です・・・的な思いなのでしょう。
 『断食日記』に、断食の効果として、体重が落ちたとか、症状が改善したとか、・・・・以上に強い思いで書かれていることは、食事に対する思いというか、その大切さなのです。それなりに辛い断食を乗り越えて、新たに食べ始める食事のありがたさ、大切さ、米粒一粒一粒の力強さに感謝する気持ちが芽生えるのです。だからこそ、帰られてからも食事に注意して、体を労わろうという思いが出てくるのです。

 それでも、たかが味噌おじやくらいで、拍手・・なんてと思われているでしょうが、一度断食をされれば、その思いはきっとわかることだと思います。ひょっとしたら、あなた自身がいの一番に拍手をしているかもしれません、・・・。
 そして、・・・匂いだけでもかがさせて・・・なんて。

|

« 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食後、家での食事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/36217039

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・匂いだけでもかがさせて…:

« 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食後、家での食事。 »