« 断食道場奮闘記・・・匂いだけでもかがさせて… | トップページ | 断食道場奮闘記・・・時間こそ、断食を。 »

2010年8月25日 (水)

断食道場奮闘記・・・断食後、家での食事。

・・・断食後、家での食事。

 先日、4日間の断食をされて帰られた女性から連絡をいただきました。聞いてみますと、「お通じが悪くて、むくみがひどい、足は1.4倍ほどの大きさになりました・・・」と、いうものでした。体重を聞いてみると、2.4キロほど増えたという。明らかに食べ過ぎです。
 ・・・食べ過ぎだから、むくみが軽くなるまで少し小食にするなり、できれば断食をしたらいい・・と指導したのですが、どうもご本人は食事に注意をしていたようで、食べ過ぎの認識がないようでした。
 道場で指導したように、帰られてからも食事の量や質に十分に注意されていたようですが、それでも断食後の体にはまだ特に量が多すぎたのです。1週間余りで2.4キロほどの体重の増加は明らかに早すぎます。

 そして、2日ほど前にメールをいただき、2日ほどのプチ断食をされたようです。その一部を抜粋してみました。 
 ・・・・・
 1日目は、ところてんだけを食べたのですが、1.6キロほどストンと体重が落ちました。
 2日目は、日中寒天を食べ、夜はちょっと回復させようと豆腐を食べ、0.6キロ減。
結局、2日間で2.4キロ落ちて、48キロに戻りました。足が1.4倍くらいにむくんでいたのも、シュッと引き締まり、元に戻りました。
 先生から「完全な食べ過ぎです」と言われても、「食べてないのにな・・」と、腑に落ちない気持ちだったのですが、プチ断食をしてみて自覚しました。ヘルシーなものばかりではあったものの、完全に食べ過ぎていました。食べないと腸が活発で、活発で! また体を痛めつけていたのだな、と反省しています。・・・・・

 断食後の体は非常にデリケートです。特に断食後、帰られてからの食事を、皆さん、気にされますし、事実、量を落とされるのですが、それでも以前の体の感覚で量を減らすために、どうしても食べ過ぎてしまいがちなのです。
 体が改善された、消化吸収力が良くなった…という認識はできても、具体的なが実感がわかりにくいのです。確かに目に見えるものではありませんので、致し方ないのですが、・・・その意味でも、今回の少しのむくみが、目に見える食べ過ぎのバロメーターでもあるのです。
 そして、こうして少しのむくみと反省と改善を繰り返しながら、ようやく食生活の改善、体質改善ができていくわけです。
 ついでながら申しますと、普段からこうしたむくみという思いがわかっていない方が多いのです。道場に来られて、療法を始めて、顔が絞られてきて初めて、『むくみ』ということがわかってくるわけです。
 そしてさらに付け加えますと、断食後の急な体重の増加は、例えるとバブルみたいなものですから、すばやく小食や断食をすれば、あっという間に増加した体重は落ちていきます。
 
 彼女からのメールの最後に、ご褒美が書かれていました。
・・・道場から帰って体脂肪率を計ったのですが、な、なんと! 10%近く落ちていました! 思わず悲鳴をあげてしまいました…(笑)・・・

|

« 断食道場奮闘記・・・匂いだけでもかがさせて… | トップページ | 断食道場奮闘記・・・時間こそ、断食を。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/36343199

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・断食後、家での食事。:

« 断食道場奮闘記・・・匂いだけでもかがさせて… | トップページ | 断食道場奮闘記・・・時間こそ、断食を。 »