« 断食道場奮闘記・・・お馴染みさんの多い時期。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え »

2010年8月 4日 (水)

断食道場奮闘記・・・断食中の心構え

・・・断食中の心構え

 道場で療法を指導していると、様々な反応の違いに驚かされます。何より、体験されているご本人が一番驚かれます。例えばまったく同じ療法スケジュール、準備食3日、断食3日、回復食3日といった日程で、しかも体調面で何ら問題はありません、病院にはほとんど行ったことがありません、と言われている方でも、断食中の反応は違うことが多いのです。
 体力の違い…と思われるかもしれませんが、あながちそうでもないのです。筋肉隆々のスポーツマンと見える方が楽に何ら問題もなく、断食を終えるかと言うと、実はそうでもないのです。
 何ら問題はありません、元気です。・・・と普段思っていても、やはりいろいろと問題はあるのです。さらに聞いてみると・・・問題はありません・・・という言葉の端から、肩こりとか、頭痛とか、便秘とか・・・いろいろ出てきます。
 姿勢、歩き方、座り方、寝方、・・・で、体の歪みはわかります。そしてそれは体に何らかの負担を強いています。
 今、楽なこと、これはこれで大事なことです。しかし今以上の快適さがあるとすれば、その高みに登ってみようとは思いませんか・・・。そのためには少し汗もかかないといけませんし、筋肉痛も出るかもしれません。
 そして今は体調不良、楽ではない・・・のであれば、流す汗の量も人より多いかもしれませんし、筋肉痛も少し辛いかもしれません。それでも持続していけば、高みにはたどり着きます。この汗や筋肉痛の例えが自然治癒力、好転反応と言われているものです。

 同じ日から2日間の断食をされた方がおられました。お一人は高脂血症と検査数値は言われるものの何ら問題なく元気で、もうお一人も少し肥満気味とはいえ、体調面は何ら問題はないそうでした。それが断食に入ると、お一人は何ら問題なく元気でしたが、もうお一人の方はむかつきに苦しんでいました。その理由を説明すると、思い当たることもあったようで納得されていました。
 2日間の断食でしたが、体重はマイナス6.5キロ、何より食事や生活習慣も含め体を大切にしようと思い至ったようでした。
 そして、その様子をご覧になっていた方がやはり2日間の断食に入ったのですが、・・・私もなるかな・・と少し不安げでしたが、3人の中では最も元気でした。
 療法に入って、断食に入って、反応が出たら出たで、本来は喜ぶべきものなのです。それこそが自然治癒力の療法なのです。長く続くものではありません。不思議と日を重ねると楽になっていきます。
 ・・・なるがまま、なすがまま・・・療法中、断食中の心構えです。

|

« 断食道場奮闘記・・・お馴染みさんの多い時期。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/36020019

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・断食中の心構え:

« 断食道場奮闘記・・・お馴染みさんの多い時期。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・再び、断食中の心構え »