« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

断食道場奮闘記・・・お馴染みさんの多い時期。

2010年07月27日
・・・お馴染みさんの多い時期。

 道場もいよいよ夏本番です。いつものことながら今日も朝からアブラゼミとクマゼミの大合唱です。道場の前の秋葉神社の大木、畑の木々、隣の旧家の古木、セミには街の中では数少ない格好の止まり木なのかもしれません。
 それにしても、本当にこの声を聞くだけでも暑さが一段と増すような感じさえしますが、それでもまだそう驚くほどの暑さでもありません。何より扇風機がフル稼働というところまでいっていません。道場の部屋には涼しい路地風が入りますし、何より、療法中、特に断食中は体温が少し下がるのです。今の暑さにも、まだ少し余裕はあるようです。
 ところで、道場の療法に温冷浴という療法があります。今までにも何度となく説明してきた療法ですが、要はお湯と水に交互に入るわけです。しかし、その効能はほとんどの方が体験済みで、悪かった体調がこの温冷浴をすると不思議と元気が出てくる、とは多くの方が話されます。
 それでも寒い時期は最初の内は初めてのこともあり、なかなか苦労するものですが、今の時期は逆に物足りなさを覚える方が多いのです。水の温度が少し高すぎるのです。かつて水の温度が物足らなくて、氷を買ってこられて、それを抱いて入られたという伝説的な話も残っています。
 道場は断食をおこないますが、ただ食べないだけではありません。この温冷浴を含めて西式健康法の療法を合わせて行います。だからこそ、10日も、20日もという長い完全な断食が比較的楽にできるのです。
 この時期はいつにもましてお馴染みさんの多い時です。会えるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

断食道場奮闘記・・・16日間の断食、その頑張りに拍手。

・・・16日間の断食、その頑張りに心よりの拍手。

 今、道場ではお二人の女性が断食中です。断食は3日と6日。お一人の方はすでに何度か道場での断食を体験されています。お仕事柄、食事の管理がままならないようで、少し体重が増えてくると来られます。
 もうお一人は今回が初めての断食です。断食に入られるまでは少し不安もあったようでしたが、断食1日目、2日目を乗り越えられると、すっかり落ち着いてきて、今日も時間を見つけて散歩、散策に出かけられています。

 前述の男性は、本当に順調に回復されています。玄米食に入った頃から、休憩時間になると散歩に出かけられていることもあり、体重はマイナス14.5キログラム。最も落ちた数字から数百グラムの増加で前後しています。
 断食をするきっかけにもなったアレルギー性の症状も、来られた頃はお話をしていてもひっきりなしに出ていましたが、今は何もありません。
 16日間の断食、道場でも多い日数ではありませんし、楽にできる日数でもありません。それでも、日々、淡々と療法をこなしてやり遂げられました。
 ・・・その頑張りに心よりの拍手を送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

断食道場奮闘記・・・道場に漂う、のんびり感?

・・・道場に漂う、のんびり感?

 今日から3日間の断食をされていた女性が回復食に入り、今は断食中の方は誰もおられません。誰かが断食をしていると、何か不思議な緊張感を感じるものですが、そういうわけで道場は、今、のんびり感?が漂っています。
 もっともそののんびり感も今日一日だけで、明日から女性が、初めての5日間の断食に入ります。何せ初めてのことで、少し不安もあるようです。
 来られた時にはほとんどの方が断食を終えられ、回復食に入っていましたので、断食そのものの様子は、今日断食を終えられた女性以外はあまり見ていないわけです。それでも断食に入れば、逆に落ち着くものです。

 断食16日間をやり遂げた男性も、今日で回復食10日目、昨日から味噌おじやを食べています。・・・美味しい・・・そうです。
 数日前から療法が終わると、いの一番に散歩に出かけています。歩くスピードも早くなり、何より歩く力強さが違うそうです。体重も歩いているお陰で、未だ最低をキープして、マイナス14.4キロ。顔が本当に小さくなりました。
 ・・・順調に回復中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食16日。

・・・断食16日。

 16日間の断食を終えました。まだ少しの余裕はあったようで、・・もう少し伸ばそうと思えば伸ばせそう・・との思いでしたが、それでも充分な頑張りでした。
 そして、ある意味、断食中よりも空腹感を覚える断食後の玄米重湯の回復食の期間も、・・変わりません、やはり少しでも物が入って、楽です・・と、少し苦労しそうな期間もあっさりと乗り越えようとしています。明日までがいわゆる母乳食です。

 先週は断食道場にあっても、比較的珍しいことでしたが、2日ほどはほぼ全員が断食中でした。断食を目的に来られるわけですから、当然では・・と思われるかもしれませんが、団体でまとまって断食を指導しているわけではなく、あくまで個人お一人ずつ断食の指導をしていますので、入寮の日程次第でかなりの差が出てきます。
 そのため道場では準備食の方、断食中の方、回復食の方・・・その中でもいろいろな段階が見られます。それが今回は断食の長い方から短い方まで、すっかり、はまってしまいました。
 その後は一人、また一人と断食を終え、今日は全員が回復食です。食事ののんびりしていた時間はあっという間に終わり、今はこのブログでも何度か書きました最も忙しい、気の使う時間です。
 例えば1日のメニューですが、
 1・断食16日で回復食3日目、
 2・断食5日で回復食1日目、
 3・断食8日で回復食4日目、
 4・断食3日で回復食2日目、
 5・断食11日で回復食7日目
 この食事のメニューはすべて違うのです。その中でも1と2は玄米重湯、345は玄米粒にはなりますが、その量、濃度は違うのです。そして昼と夜でまた変わります。
 ・・・明日は何かなぁ・・・と、人のメニューを見ながら思案するのも楽しいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »