« 断食道場奮闘記・・・14日間の断食を終了。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今度は足の爪が切れる。 »

2009年8月18日 (火)

断食道場奮闘記・・・回復食中の体重。

断食道場奮闘記・・・回復食中の体重。

 14日間の断食を終え、今日で回復食12日目。回復食も玄米重湯から玄米お粥、そして味噌おじやと続いています。重湯の間はまだ力が出なかったようで、休憩時間も道場の中で時間を潰していましたが、ようやくお粥の頃から散歩にも出かけ始め、一時わずかに増え始めていた体重も再び減少しています。
 この回復食に入っての体重の増減に関しては、よく皆さんの中でも話題になるようです。回復食といってもほんのわずかな量の重湯とお粥ですから、普段であれば充分にダイエット食ともいえるものなのですが、断食後の回復食の時はそうとも言えないのです。
 ・・・何で、どうして・・・こんなもので、これくらいの量で体重が増える・・・ほとんど多くの断食体験者の方が思われるのです。それほど消化吸収力が格段に良くなっているということでしょうが、一方、わずかな散歩程度の運動でも体重は下がり易いのです。当然ながら、人によって、その変化に違いはあります。つまるところ、代謝が活発になるわけです。
 減量目的の方は、やはりよく歩くことです。道場では断食中でもただじっとしているのではなく、整体調心療法という身体を整える療法をします。これが結構、体を使うのです。そのため入寮初日は、驚くほど爆睡される方が多いのです。そして、その上に歩くわけです。歩くことが減量のすべてとは言いませんが、やはり、平均して体重の落ち方は大きいようです。
 先日帰られた女性は9日間の入寮で約7kgほど体重を落として帰られましたが、そう歩いているようには見えなかったのですが、その数字に望外の笑顔でした。事前に何kg落ちますよ、と教えてあげられれば喜んでいただけるのでしょうが、こればかりは難しいところです。それでも・・・これぐらいの入寮日数で、これだけ落ちれば充分です・・と、嬉しそうに言っていただければ、こちらも嬉しくなります。
 毎日、チェックしてきた右目が見る人差し指は、普通の人差し指の大きさのままに見えるようです。ただ第一関節のあたりだけがまだ少しかすれているとのことです。まだこのあたりの眼底に出血が少し残っているようです。しかし、左目の視力は大幅に向上し、視力チェックをするのが楽しみのようです。
 明日から、普通食。楽しみにされています。
 

|

« 断食道場奮闘記・・・14日間の断食を終了。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今度は足の爪が切れる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/31012680

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・回復食中の体重。:

« 断食道場奮闘記・・・14日間の断食を終了。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今度は足の爪が切れる。 »