« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

断食道場奮闘記・・・マイナス10.4キロ。

断食道場奮闘記・・・マイナス10.4キロ。

 回復食に入ってもせっせと歩き続け、帰られる前日の朝の体重がマイナス9.8キロで・・・明日の朝、どうなりますか、ここまでくれば、できれば10キロの大台で帰られるといいですね、天も時として粋な計らいをしますから、その為にもせいぜい歩いてください・・・なんて話していたのですが、結局、天のご褒美か、10キロをオーバーして10.4キロのマイナスでした。
 道場でも、15日間の入寮で10.4キロ、はるかに平均以上の減量でした。それだけ落とすものがあったのでしょうが、それも熱心に実行された賜物です。しかし大切なことは帰られてからの食、生活の改善です。もうひとふん張りです。
  道場は今、お二人の男性が断食中です。共に初めての断食。思いの他、元気に楽にできるので驚きがあるようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

断食道場奮闘記・・・今日で9.8キロ。

断食道場奮闘記・・・今日で9.8キロ。

 回復食に入ってもせっせと歩き続け、今日の朝の体重がマイナス9.8キロだそうです。明日の朝、とうなっていますか、夕方には東京に帰られます。ここまでくれば、できれば
10キロの大台で帰っていただきたいものです。結局、14日間の入寮で9.8キロのマイナス、後1日、はたしてどうなりますか。
 道場でも、はるかに平均以上の減量でしたが、それも熱心に実行された賜物です。大切なことは帰られてからの食、生活の改善です。もうひとふん張りです。
 道場では、断食組みが次々と断食を終えられ、回復食に入っています。度々この日記でも書きましたが、この時期が私達には大変なのです。せめて断食の日数か同じであればまだいいのですが、ほとんどが断食の日数は違い、その上、回復食に入る日も違うことが多いですから、回復食のメニューは複雑になってきます。
 ちなみに今日の回復食の一例ですが、断食5日で回復食3日目、断食5日で回復食5日目、断食7日で回復食2日目、断食6日で回復食5日目・・・・すべて違うメニューなのです。これが半日単位、1日単位でまた変化していきます。
 食べる方も大変でしょうが、作る方も、配膳する方も大変な時間なのです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

断食道場奮闘記・・・断食5日で8.6キロ

断食道場奮闘記・・・断食5日で8.6キロ。

 東京から来られている男性は、5日間の断食をやり遂げられ、今日から回復食です。最初の頃の断食への不安もすっかり消えて、毎日のように元気に散歩に行っていました。体力的にも何ら問題もなく、断食をやっていることを忘れそうな5日間だったようです。
 そして、タバコもすっかりやめられています。まだ時として吸いたくなる時はあるようですが、そう気になるほどではないようです。
 体重もマイナス8.6キロ、お腹周りも顔もだいぶ引き締まっています。回復食に入っても、もう少し体重は落ちるでしょうから、うまくいけばマイナス10キロの大台に乗るかもしれません。
 それでもまだまだ体重も絞り足りないのですが、・・・これはご本人が゛一番わかっていることでしょうが・・・こうしてやっていけば、今までできなかったことが充分にできることがわかったのですから、後は帰られてからも実行あるのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

断食道場奮闘記・・・タバコをやめる。

断食道場奮闘記・・・タバコをやめる。

 今、東京から来られている男性がおられます。何度か道場に来られている叔母さんからのご紹介です。暴飲暴食が続き、体重も急増し、現実に体調の不調も自覚しつつあり、このままでは・・・と、ご自分でも不安に思っていたところに、叔母さんから道場の話を聞き、今回の入寮となりました。
 詳しい説明も聞かないままに、とりあえず断食道場ということで、減量目的のようでしたので、西式健康法の説明や道場で行う療法に最初は戸惑いもあったようです。それも今や体はすっかり療法に、はまっています。そして今日で断食3日目、最初の不安もどこかに飛んで行ったようで、・・・体調はいいですね、・・・毎日、元気に散歩に行っています。 
 そしてもうひとつ、禁煙があります。ご本人もやめられたら・・と言う想いはあったようです。でも、・・・できるかな・・・と不安もあったようです。
 それでもタバコはすっかり処分して来られましたが、改めて聞いてみると、・・・やめられていますね。何度か苦しい時もありましたが、ここでは何とかなるものです。今、言われるまで忘れていました。・・・と。
 道場では今まですべての方がタバコをやめられています。最初から禁煙目的の方もおられますが、とにかく道場ではタバコは吸えませんので、お持ちであればタバコとライターを預けられます。これはあくまでお預かりして、帰られる時にはお返しするようにしていますが、すべての方が・・・もう必要ありません。処分してください・・・と言われます。そのため数ヶ月でお預かりしたタバコは袋一杯になり、処分しています。
 しかし、今のご時世でしょうか。昨年あたりからそうしたタバコのお預かりが確かに減ってきました。禁煙している方が増えてきたと言うことでしょうが、身体にとってはいいことです。
 叔母さんからは・・・観念して療法に取り組んでいますか・・・ガツンとご指導してください・・・とメールを頂きましたが、すでにご本人は充分に自覚されて、療法を続けられています。 
 今は5人の方が断食中。長い人でも7日間ですが、皆さん、揃って元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

断食道場奮闘記・・・遠慮がちな水泡。

断食道場奮闘記・・・遠慮がちな水泡。

 ・・・不思議ですね、自然とむかつきがなくなって、体も楽です。・・・6日間の断食をやり遂げ、回復食の朝、・・・もう一日、断食を延ばすことは無理ですか・・・と。せっかくむかつきを乗り越えたのに、断食を終えるのはもったいない・との思いでしょうが、なにぶん今回は日程が足りません。回復食も大切な日程なのです。
 早速、散歩にも出かけ、少し歩き過ぎのようでした。むかつきが辛かった時はできなかった追加の療法も、また時間を惜しんで熱心にやられていました。肌もただれやひび割れも修復され、新しい皮膚が順調に育ってきていました。そして滑らかになっていたと言うものの赤かった皮膚も本当に普通の皮膚の色に変わりつつあります。少し出てきた水疱もご本人曰く、・・・遠慮がちに出てきて、良く探さないとわからない、今まででは考えられないこと・・・ご本人も驚きのようでした。
 まだまだ完全でないのは、ご本人が一番わかっているでしょうが、それでも少し光が見えた来たようです。帰ってからの西式の生活法、そして、次はもっと長い断食を・・・。
 辛い時期をよく乗り食えました。その頑張りに拍手です。

 
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »