« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

断食道場奮闘記・・・筋肉隆々・・断食は。

断食道場奮闘記・・・筋肉隆々・・断食は。

 ご夫婦は、今日帰られました。ご主人は4日の断食、奥様は5日の断食でした。特にご主人は事前に想像していた以上にきつい断食だったようです。家では奥様に勧められるがままに、西式を実践してきたようで、そして、他の入寮者の方が準備食の時と変わらず、楽にやられているのをご覧になって、ご自身も、断食はこんな感じかな、・・楽にできるだろう・・・と、想像していたようです。
 それがいざ断食が始まると、初日からかなり動きもきつくなり、辛かったようです。それでも日によって、楽になったり、またきつかったりと変化もあり、何とか4日の断食をやり遂げました。
 そして、食べ始めると初日から、今までの体が別人のように、格段の違いで元気が出てきて、・・・今まできつくて歩けなかったデパートまで歩いてしまいました。少し調子に乗って、疲れました・・・、と、その変化に驚いていました。。
 断食は実際に体験しない限り、いくら本を読んでも、そして体験された方の事細かな日記を読んでも、その本質はなかなか理解できないものです。
 筋肉隆々の真から元気そうに見える方が、楽に断食の日々を過ごせるかというと、あながちそうでもありません。見るからにひ弱そうで、不健康そうな方が辛いかというと、そうでもありません。 本当に真の元気さがわかるものです。
 ・・・もう少しきちんと西式健康法を日常の生活の中に取り入れます・・・と、想いも新たに帰られました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

断食道場奮闘記・・・ご夫婦で断食。

断食道場奮闘記・・・ご夫婦で断食。

  そして、今日で回復食10日目です。4日間の玄米重湯、4日間の重湯の中に玄米の粒が入った、道場では“おまじり”と呼んでいる回復食も終えました。
 そして昨日から、“味噌おじや”です。人間不思議なもので美味しいと感じるものを食べると、何故か余分の力が出るもののようです。一段と力を得て、足取りも力強く、散策に毎日出かけています。
 今、道場で断食をされているのは、明日で7日目の断食を迎える男性、定年を迎え、新たな仕事を始められる前に、身体をリセットしたいとの想いで頑張っておられます。体重もすでに10キロほど落ち、見違えるほど顔も引き締まっています。
 そして、若いご夫婦がおられます。奥様のほうが昨年、アトピーを改善するために8日間の断食を終え、その後結婚され、今回はご夫婦での断食です。アトピーはすっかり改善され、日常にもご夫婦で西式健康法を取り入れてやっておられるようです。
 お二人の健康と元気な子供を授かりたい・・・との想いのようです。
 西式健康法には独自の出産法がありますし、ご本人も希望されているようですが、まずは・・・・お二人の健康がすべての始まりです。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

断食道場奮闘記・・・今年4人目の断食・・・その後。

断食道場奮闘記・・・今年4人目の断食・・その後。

 最初の予定の断食7日目もあっさり更新して、10日間の断食をやり遂げました。しかもご本人からは・・・元気なのでもう一日延ばしたい・・・との申し出がありましたが、日程的なこともあり、・・・今回は回復食、普通食に充分な時間をとりましょう・・・ということで断食は10日間で終了しました。
 そして、今日で回復食3日目です。まだ重湯中心の食事ですし、本当に普段なら極わずかな量で、食べたというより飲んだという感覚なのでしょうが、そして体のどこに入ったのか・・・なんて思うほどでしょうが、やはり断食中と同じように、午前と午後と、そして夕方ときちんと決まって散歩に行っています。それでも歩く一歩一歩、動作の少しずつに少し楽になる感覚はあるようです。・・・あのわずかな量で、驚きです・・・と。
 とにもかくにも明日までは、赤ちゃんで言えば、母乳の時期なのです。そして離乳食、流動食、そして普通の食事と変わっていくわけです。 
 断食中とは違う、また新たな体の変化を実感するはずです。道場での療法は、決して断食だけではありません。準備食は準備食としての、断食は断食としての、そして回復食は回復食としての改善が見られます。断食がその頂点であるのは確かですが、その前後も大切なのです。 
 明日はまた、一人の女性が10日間の断食を終え、新たに初めての男性が断食に入ります。 

| | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

断食道場奮闘記・・・今年4人目の断食。

断食道場奮闘記・・・今年4人目の断食。

 今年4人目の方が断食中です。やはり、生まれて初めての断食体験です。とりあえず目標は断食7日間、今日で6日目です。
 そして、やはり同じように断食に対して不安がっていましたが、最初の壁も軽く乗り越えて、今日まではご本人も驚くほどに元気です。・・・6日間も食べていないのに何とかなるものですね、少し自信が出ました・・・準備食の時と同じように時間を見つけて散歩に行っています。
 道場においてある断食日記は、入寮者のさまざまな思いが素直に綴られていますし、入寮される方は、道場での、そして断食中の様子を知る参考書のような想いで、皆さんご覧になっています。事実、断食日記を読むと、元気にできた人、少しきつかった人、・・・その他、断食の効果、結果も含め、ご自身が体験された、そして経験されたことがさまざま書かれています。
 いつも皆さんに言っているのですが、・・・日記の中には、いろいろな人のさまざまな想いが綴られています。しかし、そのすべてが実はその人だけのことなのです。確かにある程度、共通項的にまとめられるものはありますが、それでもあくまでその人だけの断食中の様子なのです。
 準備食をきちんとすれば、後は身体任せ、あるがまま・・・なるがまま・・・です。・・・高度な練習をすればするほど、新しい筋肉痛は自然に出るものです。それも上達するにつれて、いつの間にか消えていきます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »