« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

断食道場奮闘記・・・11日の断食。

断食道場奮闘記・・・11日間の断食。

 先日、11日間の断食をやり遂げられた女性が帰られました。東京から来られ、今回で3回目の入寮です。最初は昨年の秋の頃でした。過去2回は数日の断食でしたが、初めての入寮で西式健康法や西式の断食の不思議さに興味を持たれ、その時からすでに10日の断食をやりたいとの思いでした。帰られてからも、できる限りの西式健康法を実践され、体調はすこぶる良好との事・・・。
 ようやく日程の調整がつき、思いがかなっての断食でしたが、さすがに以前の断食とは少し様子が違ったようでした。過去2回の断食は大きな反応に苦しむこともなく、ご自身のペースで淡々と過ごされていましたが、今回もその淡々とした様子は変わらなかったものの、時として、身体から発する反応に驚き、戸惑い、感嘆し・・・そうしたいろいろな思いを教えていただきました。
 12日目を迎えても、身体からの数値、反応はまだ充分に断食を続けられるものでしたが、日程の都合もあり、11日間の断食を満願の中で終えました。
 それでも、元気そうに見えても、11日間、何も食べていないのです。散歩はできても、以前のように歩けるはずはありません。辛くないわけはありません。・・・よく頑張りました。
 ・・・心よりの拍手を送ります・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

断食道場奮闘記・・・心よりの拍手を送ります。

断食道場奮闘記・・・心よりの拍手を送ります。

  アトピーで来られていた彼女も断食6日、回復食、普通食と順調に回復して先日、元気に帰られました。体力の面から普段よりも普通食の期間を長く取りましたが、思いの他、順調な回復でした。
  元々スリムな身体の上に、半年ほど食事療法を自宅で続けたようで、その為、見た目以上に身体はできていました。それでも今回は、よく頑張った断食6日間でした。
 入寮中、毎日やっていた9回ほどの裸療法もさすがに断食の終盤は5回ほどに落ちたようですが、回復食に入ると、早速9回に戻していました。・・・わずかな量でも断食後はこんなに違うものなんですね・・・散歩もまたできるようになり、驚いていました。
 回復食に入って毎日代わる食事のメニューをカメラに収めていましたが、普通食は特に撮影のしがいがあったようです。回復食に入っても落ちていた体重も味噌おじやの頃から底を打ち、少しずつ増えてきて、細くなった脚もきれいな細胞で少し大きくなったようです。
 回復食初日の重湯から玄米が少し入りだした頃、そして味噌おじや、さらに普通食、・・・大きな階段を上がるたびに、目に見えて、あきらかに体力がついていったようです。それでも普段の量に比べると、わずかな量なのですが、断食後は身体の吸収力が格段に違うのです。後はゆっくり、ゆっくり体力をそして予備力をつけていけばいいだけです。
 肌は本当にきれいになりました。他の入寮者の皆さんも・・・きれいになりましたね・・・よかったですね・・・同じように喜んでくれています。それでもまだかゆみも少しあるようで、どうしても寝ているときに掻いてしまう、でも以前も今以上に掻いていたでしょうが、その時の引っ掻いた肌とは明らかな違いです。
 ご本人も・・・来た時と比べたら、・・・ 一番ご本人がわかっていることかもしれません。
 ・・・元々少ない体重の中での断食、本当によく頑張りました。毎朝、・・・今日はできるかな・・できますか、・・が会話でした。身体からのいろいろな反応は充分にできるものでしたが、こういう時はご本人の想いが何にも勝るのです。
 その頑張りに心よりの拍手を送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

断食道場奮闘記・・・断食が終了。

断食道場奮闘記・・・断食の終了。

 アトピーの彼女は6日間の断食を終えました。元々スリムな体格でしたので、断食を1日でも長くできるように準備食の終盤に少し玄米食を与えて、体力の強化、維持をはかってみました。
 それでも毎朝に体調やご本人の思いを細かくチェックした上での1日単位での断食でした。さすがに終盤は裸療法の回数も少し落ちてきたようでしたが、本当によく頑張った断食6日間でした。
 ・・・体重は落ちていくのに、不思議と体調は以前よりもいい、・・・ついつい体調の良さに散歩を長くしすぎて、しばらく疲れが残って、・・・頑張りすぎちゃいました・・・などそれなりにいろいろと体験、経験もされたようでした。
 皮膚のかさぶたの剥がれも少しずつ治まり、皮膚は本当に見違えるようにきれいになりました。かゆみはまだ少しあるようで、ついつい眠っているときに掻いているようで、それでも・・・アトピーの皮膚というよりもかきむしった皮膚ですね・・と、しばし笑いでした。
 もう少し、経過をお伝えします・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

断食道場奮闘記・・・新たな断食。

断食道場奮闘記・・・新たな断食。

 今、新たに一人の女性が断食をされています。20年ほど前に、急に湿疹が出始め、突然、アトピー性皮膚炎を宣告されました。以来、ひどくなるとステロイドという日々だったようです。そして数年前、ステロイドの悪評を聞いて、ステロイドを抜く決心をしました。抜くこと自体はうまくいき、大きな副作用も出ずに、今に至っているようですが、アトピーそのものは悪化の一途をたどっているようでした。
 今現在は、保湿剤を塗るだけだそうですが、皮膚はこわばり、言うなれば、夏に肌を焼き過ぎて、身体を動かすだけでも皮膚がこわばって、痛くてたまらない思いをしたことがあるでしょうが、まさにそんな状態です。そしてそこにかゆみが伴うわけです。
 ・・・保湿剤を塗らないと、かさぶたの剥がれもひどいし、痛くて動けない。仕事にも差し障りが出るようになってきて、このままではと不安に思っていたところに、縁があって・・・
 来られた日から、何とか我慢できるようなら、保湿剤も止めていきましょう、その代わりに裸療法を時間の許す限りやってください、それが保湿剤の代わりになりますから・・・と。

 毎日、9回ほどの裸療法を一人黙々と続けています。最初の日は保湿剤を止めために猛烈な勢いでかさぶたが剥がれ落ち、こわばりからくる痛みもひどくて、2日ほどは少し保湿剤を塗ったようでした。
 それでも何とか3日目くらいからは塗らなくても我慢できるほどにはなったようです。初めは布団の上にかさぶたが剥がれ落ち、それこそ箒でとらなければならないほどの量だったものが、今は粘着テープで充分なほどに減ってきています。
 今日で断食5日目、 一人続ける頑張りを応援していきたいと思います・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »