« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月24日 (土)

断食道場奮闘記・・・授かりました。

断食道場奮闘記・・・授かりました。

  今年も後1ヶ月あまり、本当に月日の経つのは早いものです。今年もあっという間の1年になろうとしています。そして、いつものようにさまざまな老若男女の皆さんがさまざまな病や症状に悩んで道場に来られました。今年も多くの新しい縁の輪が広がりました。私たちにとっても、感動的な場面や想いを新たにいただいた1年でした・・・。 
 今年は中でも、自律神経のバランスを悪くされた方が多かったようです。高血圧、アトピー、鼻炎、生理痛、過食、肥満・・・は、相変わらず例年のごとくです。
 そして先日、嬉しいメールをいただきました。子供がほしくて、ご主人共々断食を行い、帰ってからも西式健康法を熱心に実行されていました。そして先日、・・・授かりました・・・とのメールでした。しかも西式の出産法で取り上げるとか・・・。両親共々断食後のお子さんです。間違いなく元気に生まれ、育ちます。私たちにとっても、本当に来年は楽しみです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

断食道場奮闘記・・・地下110メートルからの温泉です。

断食道場奮闘記・・・地下110メートルからの温泉です。

 先週以来、それでも寒くて・・・というほどではありませんが、間違いなく冬は近づいてきています。そこで今日は、道場にも関係が深い温泉についての・・つぶやき・・です。
 別府というと、やはり温泉です。何でも地球上には11種類の温泉の種類があり、そのうちの10種類が別府にはあるそうです。もちろん世界NO1です。そして、1日の温泉の湧出量、源泉・・・要は温泉を地下から汲み上げている所の事ですが・・・共に日本NO1です。まさに手前味噌ながら、別府は日本NO1の温泉地なのです。
 道場もその両方の数字にわずかながら貢献しています。よく入寮の皆さんに説明します、・・・お湯の浴槽の真下、地下110メートルから、温泉が蛇口を開くたびに汲み上がっています。本当に地下水そのままです。ただそれが水ではなくて、温泉だということです。遠慮なく、たっぷりと、熱くして使ってください・・・と。それでもほとんどの方が温泉を使うことに慣れていないのか、かけ流しということに遠慮があるようです。・・・ついつい、もったいなくて、という想いのようです。
 ご承知のように、道場では温冷浴をします。水とお湯に交互に入ることによって、血行が良くなり、自律神経の働きやバランスも改善されていきますので、今の水の冷たい時期は、その効果の面からもお勧めなのです。特に道場に多く来られる冷え性の方の改善には卓功があります。
 それでも初めのうちは、入浴中は寒さを感じます。身体が温まりにくいのです。温冷浴が終わって、衣服を着ると明らかに以前と違う暖かさを感じますが、入浴中はなかなかそうは簡単にいきません。そしてそういう方ほど、お湯の温度が低いのです。ついつい遠慮してか、お湯の出し方が足らないのです。入るたびに何度も・・・お湯を出して、暖かくして入ってください・・・と言うのですが・・・。
 しかし、何度か道場に来られている方は、当然のように、あきらかにたっぷりと蛇口を開きます。そういう意味では、何事も体験なのです。そして、なかなか温まらなかった身体も日々、時間と共に暖かさを実感するようになります。
 今日からでも実行してみてください。温冷浴というわけにはいかないでしょうから、寝る前に浴槽に足首が浸かる程度に熱いお湯を入れて、一方、両足首が浸かる大きさのバケツなりを準備して水を入れ、お湯と水とに1分単位で交互に浸けるわけです。4回ほどして、水で終える。後は水滴をふき取って、布団の中へ。
 ・・・きっと暖かくて、ぐっすり眠れると思います・・・おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

断食道場奮闘記・・・冬の道場の秘密兵器。

断食道場奮闘記・・・冬の道場の秘密兵器。

 ここ1週間で、すっかり寒くなってきました。本当に今年はだんだんと暖かくなるとか、だんだんと寒くなるとか、そういう微妙な変化を忘れたようです。急に寒くなりました。
 それでも皆さん、元気に温冷浴に、裸療法に頑張っています。今、道場におられる方は、遠い方でも島根県の松江の方くらいですので、別府とそう大きな気温の差はないのかなと思っています。
 以前、1月に秋田県から来られていた方がおられて、・・・別府の冬も秋田に比べれば暖かいものでしょう・・と聞いてみると、意外なことに・・こちらのほうが寒いとの事。どうして・・・と不思議に思っていると、・・・秋田では気温そのものははるかに低いけれど、家では汗が出るくらい暖房を入れるし、外に出る時は重装備の服装をする、・・・こういう中途半端な寒さが一番難しい・・・との事。なるほど・・・納得したのを覚えています。
 そういうわけで、道場も少し個人的に暖かくしてさしあげました。先日、断食を二人の方が終えました。前にも書きましたように、断食中は体温が少し下がります。その為にこの時期は人より寒さを少し感じます。そして、これも前に書きましたが、断食中は暖かいよりも少し肌寒いくらいのほうが身体はしゃきっとするのです。それは温冷浴をすると、実感します。水風呂に入ると、何故か元気が出てくるのです・・・それでも元気さとは別のところに寒さはありますので、お二人には今年初めての『湯たんぽ』を出しました。
 ・・・暖かいですね・・・初めて湯たんぽを使いましたが、気持ちがいいものですね・・・
実は、湯たんぽは冬の道場の秘密兵器なのです。布団に入る時は暖かくて、時間がたつにつれて身体も温まってきますし、それにつれて反比例的に湯たんぽの温度が下がっていきますので、身体を温めすぎて寝汗をかくとか、不快感が残るということが少ないのです。
 道場で初めて湯たんぽを使って、すっかりファンになって、家でも使うといわれる方は多くおられます。それはそれでいいのですが、しかし、困ったことにこの湯たんぽの準備は私の役目なのです。これが結構重労働なのです。人数が多い時なぞは、湯たんぽを入れ終えるのに1時間ほどかかります。その為少しでも暖かい日なぞは、それとはなしに・・・今日は暖かいし、湯たんぽはいいですか・・・と控えめに尋ねるのですが、いつも答えは、・・・でも湯たんぽは必要です。・・・
 ・・・私の重労働が増えるつらい時期がやってきました。それもいつもよりかなり早い始まりです。その分、来年はいつもより早い春が来ることを祈っています。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

断食道場奮闘記・・・再びのつぶやき、体質改善。

断食道場奮闘記・・・再びのつぶやき、体質改善。

 先日、小さな地震がありました。2から3程度のものでしたが、ちょうど朝の裸療法の時間中でした。療法が終わってから様子を聞いてみると、皆さん、きちんと裸療法は続けたとの事、・・・しかし、裸の時に地震があると本当にあわてます・・・苦笑いでした。
 もう11月ですが、、相変わらず寒かったり、暖かったりと気温が安定しません。それでも間違いなく温冷浴の水は、日々冷たくなってきています。皆さんが話していたのですが、・・・水は以前よりも冷たくなっていますが、温冷浴そのものは前よりもきちんとできている。今は全身、水に浸かれるし、水からも入れるようになっている。そしてなにより温冷浴をすると後が暖かいし、心地よい・・・本当に不思議なことです・・・と。
 そして、新たに裸療法が話題になりました。・・・他の療法に比べて目立たないというか地味な感覚もあって、本当に効果があるのかな、なんて思っていましたが、今は結構気に入ってきています。これもただ服を着たり、脱いだりするだけなのに、裸になる時に猛烈な臭いを感じるようになって、体の中の毒素が抜けていっているのかな、なんて思うし、裸療法が終わっても、そのまま眠っているときもあるし、療法が終わると何かすっきりする。先日帰られたアトピーの人が自分だけで何回もやっていましたが、わかるような気がします。とにかく今、気に入っています・・・・
 皆さん、熱心に療法をしている証です。以前は感じなかったものが、今は感じるようになる。以前はできにくかったものが、今はできるようになる。そして身体として心地よい。体質改善とはこういうものです。・・・まだ始まったばかりです。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »