« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

断食道場奮闘記・・・12日間の断食、続き。

断食道場奮闘記・・・12日間の断食、続き。

 ・・・家に入った瞬間は自分の家でないような、なんか変な感じで落ち着かず、いっ時部屋をうろうろしていました。
 翌日はマンションの両隣の方などに椎茸のりを持って挨拶に行きました。
皆さん、私を2年前から見かけなくなった事に、やはり噂をしていたようでした。離婚して家を出られたのだろうと......。まったく笑い話です。ふと気がつくとケラケラ笑っている3年半前までの私がそこにいました。
 そんなこんなで、心配していたご近所デビューも無事済み、今日は商店街へ野菜を買いに出ました。明日は天神に行き、娘の勤務先の側で一緒にランチです。
 家族も実家の両親も、痩せて元気になった私を見てびっくりしていました。父は西式に興味を持ったようで、あれこれ説明するのに苦労します。なんか行きたそうでしたよ。両親共に78歳です・・・

 帰られてからの近況をメールでいただきました。すべて順調のようで、一安心です。西式の生活を熱心に続けられているようで、夕食のメニューを携帯で見せていただきました。量、質とも満点でした。それでも体重は、帰られてから400グラムほど落ちたとか、・・・おそらく日々の生活での運動量が増えているからだと思います。
 御身体、くれぐれもご自愛してください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

断食道場奮闘記・・・決して忘れられない一人

断食道場奮闘記・・・決して忘れられない一人。

 断食12日間を元気に終えた女性が、先日退寮されました。思えば心に残る、決して忘れられない入寮者の一人となりました。道場で皆さんと話したり、立ち振る舞いを見ている限りでは、どこが悪くて・・・なんて多くの方々が思っていたでしょうが、その心の中の思いは大変だったと思っています。
 少し自律神経のバランスを崩されて、ご自宅でも辛い日々だったようです。それでも、このままではだめだ、と大きな意を決しての入寮でした。そして、断食日記に書かれていた熱い想いは、心を打つものでした。・・・あの辛さに比べれば、断食の辛さなんて・・・何もできなかった娘さんへの想い・・・道場の仲間たちへの感謝の想い・・・。
 帰られる時に、持って来られていた少し残った薬を、・・もう飲まないから・・という込められていた決意と一緒にいただきました。帰られれば、まだ不安なこともあるでしょうが、何といっても12日間の断食を乗り越えたのです。そして、ご指導した西式健康法がその不安も解消してくれるはずです。
 ・・・改めて別府の地から、道場での頑張りに拍手を送り、新しい今日からの生活にエールを送ります。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月13日 (土)

断食道場奮闘記・・・もうすぐ米寿88歳。

断食道場奮闘記・・・もうすぐ米寿88歳。

 当年87歳、もうすぐ米寿88歳。もう古いお付き合いで、少し体調が悪くなると、ひょっこり来られます。今年の春先から、・・・行きますから・・・というご連絡は受けていたのですが、ようやく来られました。今でも得意の浪花節で慰問公演を続け、地域の世話人と、・・・毎日忙しい日々のようです。
 入寮後も若い人達とまったく同じ療法のスケジュールをこなし、2日間の断食を元気に終えました。今回の目的でもあった腰の痛みも解消し、ご本人曰く、・・・治った・・・とか。
 それでも今回は改めて忘れていた西式健康法を再確認して、・・・家でも続ける・・・と。

・・・・・・お体、くれぐれもご自愛してください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

断食道場奮闘記・・・今が断食のベストシーズン。

断食道場奮闘記・・・今が断食のベストシーズンです。

 10月に入り、急に朝晩が肌寒くなってきました。それでも今が断食には最も心地よい季節なのです。今までそう冷たくなかった温冷浴の水も、少しその冷たさを感じるようになりました。裸療法もそうです。
 道場でよく説明しますが、夏は水の温度が高くて、はっきりとお湯と水の違いを感じにくいところがあります。例えば公園のシーソーもそうですが、左右がそれなりの高さで交互に上下するからシーソーも楽しいわけで、それがほとんど変わらぬ高さで少し上下しても、何か気が抜けた気がするものです。
 道場のお湯は地下110メートルから吹き上がっている天然の温泉をそのまま使っていますので、夏でも冬でもその温度は変わりませんが、残念ながら水風呂の方は水道水ですので、夏はどうしても温度が上がってしまいます。その点では、夏の時期しか体験されていない方は、その違いというか、温冷浴の本当の心地よさがまだ実感できていないのかもしれません。・・・夏でも初めての温冷浴だけれど、驚くほど心地よいという言葉はよく聞くのです、・・が、まだ上があるのです・・・
 断食中は温まりすぎている身体よりも、少し寒さを感じている身体のほうが楽なのです。このことは断食中の体の脱力感も、何故か温冷浴をすると、中でも水風呂に入ると治まり、元気が出てくることは、多くの断食体験者が実感していることです。
 秋の夜長、もう皆さん、眠りについています。少し誰かのいびきが聞こえますが、これも日を追って小さくなっています。初めはいびきを気にしていた人も、気にならないのか、眠りに入っています。・・・おやすみなさい・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »