« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

断食道場奮闘記・・・73歳、1日1食です。

  思いつくままに・・・73歳、男性、1日1食です。 

 当年73歳、岩手県からJRを乗り継いで、ディパックひとつ背負って来られました。最初、電話でのお問い合わせで、・・・今年73歳ですが、入寮できますか。この年になるとなかなか受け入れてくれるところがなくて、とにかく断食がしたいのですが、できますか・・・
 お会いして話を聞いてみると、毎日1日1食、病気もしたこともありません。ただここ1年ほど前からアルコールが増えて、その自覚はあったのですが、ある朝、目を覚ますと下半身、特に足が丸太のようにむくんでいて、立ち上がれず、即入院する羽目に。栄養失調と急性アルコール性肝炎との診断。アルコールは身に覚えもあるし、納得しましたが、栄養失調は不本意でした。
 約1ヶ月の入院でしたが、むくみも治まってきた後半は薬も内緒でこそっと捨てて飲まず、病院食、3食は多すぎて、ようやく逃げ出すようにしての退院でした。今は体重41キロ、それでも入院中は36キロまで落ちて、退院後に1日1食に戻したら、ようやく41キロまで戻った・・・・・・。
 元気なおじいちゃんの印象でした。・・・食事も美味しいし、療法も楽しい、・・・自由時間はひたすら歩いていました。1週間ほどの準備食を終え、断食に入りましたが、断食中も元気そのもの。ところが断食3日目の朝に、突然、右手足に反応が出てきて、急遽応急処置をして30分ほどでその症状も治まりましたが、しばらくは食事療法に戻し、再度挑戦ということにして、断食はとりあえず中断することにしました。
 そして、その不思議な反応、回復の30分を実際に体験されたご本人、さらに同室の方の説明を、皆さん、驚きの中で聞き入っていました。
 結局、日程の関係で今回は食事療法のみで退寮され、・・・のんびりと船で沖縄まで行ってきます・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

断食道場奮闘記・・・7日間で7キロは、周りに気を使います。

 思いつくままに・・・7日間で7キロは、周りに気を使います。

準備食2日、断食2日、回復食3日の日程で、一応、減量、腰痛、肩こり、疲労感・・・こんなことだったと記憶しています。
 初日は当然ながら、いろいろと不安もあったようでしたが、1日に1キロ前後のペースで体重が落ちていき、それがご褒美のようにご本人の頑張りにも拍車がかかったようでした。部屋でも熱心に療法を続けていました。結局、入寮7日間で約7キロの減量。
 ・・・本当に申し訳ないくらい普通に過ごせてしまって、しかも体調もどんどん良くなるし、私には快適でした。病み付きになりそうです・・・と。
 体調はいいし、体重は落ちるし、毎日のように散歩に行って、本当に元気に楽しそうに過ごしていました。それでも同室の子が結構苦しんでいましたので、・・・余計に何か悪いような気がして・・・と周りを変に気遣っていました。
 7日間では3~4キロ前後が普通でしょうが、7キロは私たちが見ても、よく落ちました。
・・・それだけ余分な不必要なものを蓄えていたわけ・・・・笑っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

断食道場奮闘記・・・スギ花粉の中で育って、今、花粉症。

思いつくままに・・・スギ花粉の中で育って、今、花粉症。

 60歳男性です。退職前の休暇を活用しての入寮でした。退職後は好きなことをして、元気に暮らしたい、その前に少しでも体の掃除をしたい・・・との事でした。
 この思いは、この年代の方は皆さん強いようです。当然といえば当然ですが、今まで精一杯アクセルも踏みっぱなしで走ってきて、ようやく休憩のための出口が見えてきたので、この機会に身体をリフレッシュして、残りの人生を元気に・・・という言うのが共通の思いのようです。しかし皮肉なもので、この頃になると、・・・体の調子が悪くなったとか・・・具体的に深刻な症状が出てきたとか・・・悩みの深い年齢の頃でもあるようです。
 いろいろと話を聞いてみると、病や薬に頼る治療法に関して納得できない部分があるらしく、・・・もともと杉林の中の村に住んでいて、おそらくスギ花粉をふんだんに浴びて育っていただろうに、その頃はまったく花粉症はもとより鼻炎なんか気にしたこともなかった。それが町に出て来て、スギ花粉から離れた生活するようになって、今は何故か花粉症に悩んでいる。病院に行っても、体質でしょうとか、ストレスとか、遺伝でしょうとか・・・わけがわからない。両親始め、私もまったく何の問題もなかった。やはり今の生活環境がすべてかも知れないけれど、そして現代医学が解決してくれるわけでもない。一時押さえ的に使う薬が、自然治癒力を衰えさせてかえって悪いような気がする・・・・・。
 17日間の西式健康法の生活でしたが、・・・私の体は生まれ変わったようです・・・帰ってからもできる限り西式健康法を続けていくとの強い決意が、日記に書かれていました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

断食道場奮闘記・・・やはり心優しき彼女です。

 思いつくままに・・・やはり心優しき彼女です。

 彼女もひたすらダイエット願いでした。まだ19歳でしたが、落ち着いて、そして飄々として、やはり心優しき女性でした。歌手の・・・・さんに似ているって言われないですか、・・・化粧をしている時はよく言われるけれど、化粧をしないすっぴんの時に言われたのは初めて・・・少し嬉しそうでした。
 断食は3日間でしたが、4.5キロほど落ちて、ちょうどきりのいい*0.0キロでした。後100グラムでも落ちれば、大台を切ったのに、残念そうでしたが、これも神様がもう少し続けて頑張る目標をくれたと思って、帰ってからもできる限り続けますと言って帰られました。
 その年にもう一度、来られたのですが、体重も少し増えたぐらいで、充分に頑張りを見せていました。2度目は簡単に大台を切って元気に帰られました。
 あれからもう1年近くになります。相変わらず飄々として元気に過ごされていることと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »