« 断食道場奮闘記・・・油断しました。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・アトピーで皮膚科ジプシー »

2007年3月31日 (土)

断食道場奮闘記・・・リューマチで手が上がらず。

   思いつくままに・・・長崎から来られていた女性、68歳です。

 13年来、リューマチの薬を飲み続けているとの事でした。実際にお会いしてみると、手足、特に腕が硬直してほとんど動かない様子でした。腕が動かないために、身体を動かすのにも身体全体のバランスがとれず、手を付いて座る、手を付いて寝るということができず、ドスーンと座る、ドスーンと寝るといった状態でした。さらに寝た姿勢から起き上がるのがまた大変で、横になって、痛い腕と相談しながら、何とか手を付いて起き上がったり、足をあげて反動をつけて、起き上がったり・・・と苦労されていました。
 服を着るのも大変で、腕を自由に動かせないために、背中をかく時に使う『孫の手』をうまい具合に使って、何とか服に腕を通して着る、そんな様子でした。苦肉の策なのでしょうが、・・・うまいことできるものですね・・・ご本人も笑っていましたが、・・・これがないと一人では服も着れない・・・そんな生活の毎日のようでした。
 薬も飲み続け、時としてやめようとしたこともあったようでしたが、痛みも出てきて、まったく動けなくなり、再び飲み始める。それでも最近は、飲んでもあまり効き目も効かなくなり、不安に思っていたようでした。
 そんなときに縁があり、勧められての入寮でした。よくなろう、頑張ろう・・・という熱意は充分に伝わってきて、不自由ながらも精一杯療法を続けていました。その熱い思いが7日間で薬をやめる事にもつながり、今回は期間も短いので断食までは無理かなと思っていましたが、3日間ながらも断食に入ることもできました。
 断食そのものは楽にできたようで、なにより断食に入った頃から、『孫の手』を使わずに、服が着れるようになっていました。ご本人が一番嬉しかったでしょうが、周りの仲間たちも驚くやら、喜ぶやらで、・・・心温まる日々でした。
 先日もご連絡があり、今も薬を飲まず、退寮時のいい状態は維持しています・・・生水は必ず飲んでいます、・・・元気に西式健康法を実践しているようです。

|

« 断食道場奮闘記・・・油断しました。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・アトピーで皮膚科ジプシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/5920469

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・リューマチで手が上がらず。:

« 断食道場奮闘記・・・油断しました。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・アトピーで皮膚科ジプシー »