« 断食道場奮闘記・・・今も忘れられない人達。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・心地よい疲労感。 »

2007年1月27日 (土)

断食道場奮闘記・・・いよいよ療法の始まりです。

 時期は3月の終わりから4月いっぱいの予定でした。断食道場と言うから、ただ食べないだけかと思っていたら、いろいろと療法と言われるものがあって、結構忙しい。身体の不調は、食べ物だけではなく、身体の歪み等による機能不全が大きな要因との事で、これらを併せて改善していくことが、体質改善のスピードを速めることになるし、その究極が断食との事でした。
 療法の始まりは、裸療法。裸と聞くと何を・・・と思っちゃうのですが、要は裸(下着姿)になったり、服を着たりを指導される時間ごとに繰り返す。ただこれだけです。簡単に言えば皮膚を鍛えるということなのですが、・・・始めのうちはこんなことでと思っていたのですが、やっていくとこれが結構気持ちが良い。終わりの頃は気持ちよくなってそのままうとうととしてしまったり、これは他の仲間に聞いても、やはり同じような感じでした。身体の中の毒素が抜けて、新鮮な空気を吸収している・・・実感できる時間でした。
 普通の療法スケジュールでは、朝、昼、晩と1日3回の療法でしたが、それ以外に個人的に計10回を目標に裸療法をするように指導され、ひたすらやっていました。最初の頃はなかなか10回と言うわけにはいかず、せいぜい7回ほどでしたが、断食に入った頃には10回はできていました。他の仲間にも同じように指導されている人も何人かいて、やはり個別にやっていました。
 ただ服を着たり、脱いだりしているだけなのに、結構くたびれる。しかしそれが本当に心地よい疲労感でした。
 先生に聞いてみると、皮膚の働きがよくなって、身体の中の古いもの、汚れたものを捨てて、新鮮な空気を吸収して、新陳代謝が活発になる、さらに自律神経が整ってくるから、気持ちも穏やかに落ち着いてくる。普段でも何となくいらいらしたり、頭痛がしたりする時は、やってみるといい、おそらく楽になってくる・・・・皮膚にかゆみや異常を感じた時も同様・・・・との事でした。事実、自律神経に不調がある人やアトピーなどの皮膚に悩みがある人に、個別に指導されていました。
 次回へ続く。

|

« 断食道場奮闘記・・・今も忘れられない人達。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・心地よい疲労感。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/5100975

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・いよいよ療法の始まりです。:

« 断食道場奮闘記・・・今も忘れられない人達。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・心地よい疲労感。 »