« 断食道場奮闘記・・・彼女の日記です。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食を選ぶ。 »

2006年12月20日 (水)

断食道場奮闘記・・・30歳、男性です。

   思いつくままに・・・30歳、胆石の男性でした。
 ご本人曰く、・・・いたって健康です。病院にもほとんど行った事がないし、いつも外で遊んでいるような健康優良児タイプでした。でもどういうわけか、月に1日だけお腹が痛む、それも2~3時間程度。12~13歳くらいから始まり、以来ずっと続いています。病院での検査は受けましたし、その都度、いろいろな病名をもらいました。胃炎、腸炎、慢性胃腸カタル、・・・そして、15歳の時には、盲腸炎があるのかもしれないということで、盲腸の手術までしましたが、まったく異常はなく、ただお腹に手術の後だけが残る結果となりました。その当時はそれで症状がなくなるならと深く考えず、言われるままの手術でした。
 それからも定期的に痛みは続きましたが、長く続くわけでもないし、痛みも我慢できないほどでもない、半ばあきらめ気味でした。
 そして25歳を過ぎた頃から、だんだんと痛む程度が20日に1回、2週間に1回とだんだん短くなってきて、少し不安に思っていました。しかもその頃は、痛みというよりは、何ともいえぬ不快感が強かった。
 そして30歳、食事の量が増えると、その夜は明け方近くまでお腹周りの不快感でうなっていました。普通の量を食べても、数日に1回の割りで同じような不快な夜でした。これはさすがに様子がおかしいと思い、病院で症状を説明するとその場でエコー検査とレントゲン検査。2センチほどの胆石があり、先生曰く、小さい頃からのお腹の痛みもおそらくこの石が関係していたのでしょう・・・17~18年かけて2センチの大きさにしたわけで、もったいないかもしれませんが、胆嚢の出口のところにあり、胆汁の流れを阻害しますから切って取りましょう・・と言われ、その場で手術の手配を始めようとされました。
 ・・・次回へ続く・・・
 

|

« 断食道場奮闘記・・・彼女の日記です。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食を選ぶ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/4617733

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・30歳、男性です。:

« 断食道場奮闘記・・・彼女の日記です。 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・断食を選ぶ。 »