« 断食道場奮闘記・・・回復食の大切さ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今日は少しお休みです。 »

2006年8月12日 (土)

断食道場奮闘記・・・10日間の断食を終えて

 今日は7月に10日間の断食を体験された女性のお話です。千葉県から来られました。最初は初めての本格的な断食ということもあり、7日間の予定だったのですが、元気に日を重ねていき、ご本人もこれならできそうということで、結果として10日間の断食を終えました。私たちが見ていても、非常に元気な断食の様子でした。朝もいの一番に療法室に降りてきて、十分に余裕を持っての断食でしたし、何よりご本人が一番驚いているようでした。
 回復食に入っても、順調に推移していきましたが、それでも退寮される予定の数日前になっても血圧が上が75に下が58、翌日はは93に66。以前の日記で説明しました血圧の低さの中での体調の元気さ、不思議さは事前に十分に説明していたのですが、実際にご自身がその現実に立ち会うと西式健康法、そして断食の不思議さを改めて実感したようです。入寮された時は上が115ほどありましたから、20以上も低いわけです。しかし体調は以前よりも爽快・・・・・・本当に考えられないことです。
 こうしたことは、現時点でご自身が持っている力・・・をすべて使い切っているわけです。まだ決して無理ができる状態ではありませんが、これから回復食、普通食の日々を重ねていき、、いざという時のための予備力を蓄えていくわけです。 
 帰ってからの食べすぎが心配とかで、通常の10日間の回復食に1週間ほどの普通食を食べて帰られました。吸収力は格段に良くなっているわけですから、体調、体力とそして体重の増加具合と相談しながら食べることです。これぐらいは食べないと・・・これぐらい前より減らせば・・・大体が断食後の体にとっては多すぎることが多いのです。
 帰られてからもせめて半月はご指導申し上げる食事で精進してください。・・・邪魔をするものは今までの習慣です、と。

  お体、くれぐれもご自愛してください。

|

« 断食道場奮闘記・・・回復食の大切さ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今日は少しお休みです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/3035069

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・10日間の断食を終えて:

« 断食道場奮闘記・・・回復食の大切さ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・今日は少しお休みです。 »