« 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・回復食の不思議 »

2006年7月 1日 (土)

断食道場奮闘記・・・回復食です。

 こうして予定の断食を終了すると、回復食が始まります。回復食は、人の出産、そして成長みたいなものです。人は生まれてしばらくは母乳で栄養を補給します。そして内臓器官等の成長に併せて、離乳食、流動食、普通の食事と変わっていきます。断食後の回復食もまさにこれと同じ歩みをします。言い換えれば、回復食の一食、一日が人間の成長の一ヶ月や数ヶ月にも匹敵するわけです。断食の日数によって、母乳、離乳食、流動食・・の日数は変わってきますが、断食後の回復食はまさにこの母乳から始まります。
 といっても、現実には生の玄米を粉にして、それを数時間かけて炊き込んだ重湯と、十数種類の野菜をすり潰したジュースから始まります。・・・事実、西式健康法では母乳の飲めない赤ちゃんにはこの重湯を飲ませます・・・そして日を追って徐々に濃さも量も多くなり、断食の日数に応じて最大4日間の重湯の時を過ごします。
 断食が終わって、初めて口にする重湯、ジュース、・・・人によっては10日振りの、14日振りの食事・・・どんな味だと思いますか・・・・。
 赤ちゃんにとって、初めて口から取る栄養・・母乳・・私たちにその頃の記憶が残っていれば、何と表現するでしょうか・・辞書から探してもまさに言葉が見つからない、感激、そのものでしょうか。
 そして、・・・続きます。

|

« 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・回復食の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/2460644

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・回復食です。:

« 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 | トップページ | 断食道場奮闘記・・・回復食の不思議 »