« 断食道場奮闘記・・・周りを見れば皆断食、その後・・・ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 »

2006年6月17日 (土)

断食道場奮闘記・・・いびきがひどくて

 道場にはさまざまな症状や悩みを解消すべく入寮されます。そして本来はそうした悩みの中に入るのですが、どういうわけか、そうした悩みの中に入れてもらえないかわいそうなものがあります。
 ・・・入寮したいのですが、いびきがひどいのでとか、歯軋りがあってとか、・・・他の人に迷惑を掛けてしまいそうで・・・と、ご相談を受けることが多くあります。しかし、それこそが改善すべき症状ではありませんか。いびきも歯軋りも改善しないと思ってのことでしょうが、案外そうでもないのです。やはり、他の症状と同じように、体の歪みや過食がもたらしたひとつの結果に過ぎないのです。
 さすがに始めのうちは同室の方には申し訳ないのですが、それでも何日かすると・・気にならなくなりました・・と言って頂く様になります。
 いびきがひどい人は肥えた方に多く、そのほとんどは気道に肉がついて空気の通り道が狭くなっているわけです。体重が落ちていくにつれて、そして療法をするにつれて小さくなっていきます。歯軋りも同様で、頚椎の歪みから噛みあわせとか、歯の上下がずれていることが多く、療法をして頚椎の歪みをとっていきますので、自然と気にならなくなります。
 5月に入寮されたお二人の方がひどいいびきをお持ちでした。さて・・・

|

« 断食道場奮闘記・・・周りを見れば皆断食、その後・・・ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6341/2264354

この記事へのトラックバック一覧です: 断食道場奮闘記・・・いびきがひどくて:

« 断食道場奮闘記・・・周りを見れば皆断食、その後・・・ | トップページ | 断食道場奮闘記・・・いびき・・その後 »